«
»

欧州が日本のクラスター対策をしていれば感染者は半減していた

欧州が日本のクラスター対策をしていれば感染者は半減していた

 欧州で新型コロナ感染が激増したのは初期段階の対処に失敗したからである。新型コロナ感染拡大を防止する適切な方法は感染者が少ない時に濃厚接触者をPCR検査することである。日本のようにクラスター対策班を設立してクラスター潰しを徹底していればコロナ感染者が激増することはなかった。

コロナ感染はゼロの状態の時に中国から侵入することによって拡大した。拡大する前に感染者との濃厚接触者を見つけ軽症、無症状者を含め全員をPCR検査をやっていけばコロナ感染が激増することはない。

欧州はクラスター潰しをやれば日本のように感染者を少なくすることはできなくても確実に半減させることはできただろう。
クラスター潰しの有効性を認識できずに世界に発信しなかった日本の感染専門家、マスメディアの責任は重い。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。