«
»

影のパンデミック、コロナで子供結婚が増加する

yamada

 「新型コロナのパンデミック(世界的流行)は、世界の教育体制に史上最悪の破壊をもたらした」(グテレス国連事務総長)。学校閉鎖の影響を受けた学生生徒は190カ国で約16億人。教育と経済の破壊で、特に厳しい状況に陥っているのが途上国の少女だ。端的な例が、子供結婚(17歳以下の結婚)の増加である。

 国連児童基金(UNICEF)の報告(2018年)では、年間1200万人の少女が子供結婚をしている。世界の少女の21%、最貧国では40%(14歳以下は12%)。世界1位のアフリカのニジェールは76%(同28%)だ。

 でも以前より減っていた。国連機関や1300以上の民間団体が子供結婚防止キャンペーンを続け、大半の国が禁止法を作った。同報告は、過去10年間に2500万件の子供結婚が防止され、年間の結婚少女人数も300万人減り、南アジアでは49%から30%に下がった、などの成果を記していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。