«
»

レジ袋有料化は、環境問題解決のきっかけづくり

 国内ではかなり以前から「レジ袋を辞退する運動」や「レジ袋の有料化」の取り組みが進められていましたが、7月1日からようやくコンビニやスーパーなどの店舗のレジ袋が有料化されました。

 海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの解決に向けた第一歩として、マイバッグ持参など、消費者のライフスタイル変革を促すことが目的とされています。

レジ袋有料化は、環境問題の解決に直結しない

 有料化となるレジ袋の基準として、「消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる持ち手のついたプラスチック製買い物袋」とされています。判断基準となるのは、プラスチック製の素材であること、持ち手があること、商品を入れる用途であること、消費者が辞退できるものであること(袋が商品の一部、免許の袋など別の法令で決められたものは対象外)の4点。

 一方、環境性能が認められる法令外のプラスチック製買い物袋もあります。プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上の厚手の袋であれば、くり返し使えるとして対象外とされています。また、海洋環境下で分解する性能を持つプラスチックを100%使用したものと、バイオマス素材の配合率が25%以上使用している袋も有料化の対象外です。政府は、レジ袋の有料化と共に、対象外の袋への転換の協力をお願いしています。

 レジ袋の有料化が決定した際、レジ袋の使用頻度が減るため、プラスチックゴミが減ると政府が捉えているのかと思っていたのですが、上述したようにレジ袋有料化の目的は、消費者のライフスタイルの変革です。つまり、普段何気なくもらっているレジ袋が有料化されることで消費者が本当にレジ袋が必要かどうか考え、ライフスタイルを変えるきっかけをつくり、「環境問題の解決に向けてひとりひとりができることを考えよう」ということです。

 海外では随分以前からレジ袋が有料化されている国があり、私が住んでいた韓国も当時から市場や小さな売店では無料でもらえることもありましたが、大きなスーパーなどでは有料でした。

 日本に戻ってきてから無料でもらえることに慣れてしまっていたので、エコバッグを持ち歩くこともなく、買い物をするたびにもらっていました。スーパーでは多めにもらえることもあり、自宅でゴミ袋代わりに使っていたので、便利に利用できていたのですが、有料化されることでエコバッグやマイバスケットを使うようになり、ゴミ袋を別途購入するようになりました。

 店舗でも「レジ袋代わりにどうぞ」というポップがあり、レジ袋の大きさに近いプラスチック製の袋が販売されていました。それを購入したのですが、レジ袋は減ってもゴミ袋は増えるので有料化したところで環境問題の解決には繋がらないのではと疑問に思っていました。

 レジ袋有料化に反対というわけではありませんが、レジ袋有料化の目的が国民に正しく伝わっておらず、環境問題解決に直結するので有料化になったと誤解している人も少なくありません。

コロナ渦の中でやるべきことか? レジ袋有料化への批判多数

 SNS上では、レジ袋有料化に賛成する人も多いですが、レジ袋有料化の目的や時期について批判の声も上がっています。

 「コンビニで3円払ってレジ袋をもらった。3円払うのは納得している。対価だから。しかし有料化の理由とされている海洋プラゴミとかの根拠が希薄もしくは捏造じゃないかと思われるところが多くて納得できない」

 「なぜ、まずレジ袋なのか根拠を示してほしい。日本の廃プラの排出量は年900万トン。うち400万トンが容器の包装で、レジ袋はその中の20万トンにすぎない。政府は環境対策の大目玉としてレジ袋の有料化に踏み切ったが、残りの380万トンはどうするのか」

 「おねこさまたちのトイレ掃除でも活用してるし、そもそも買い物行くときに財布さえ持って行きたくない(持っていけない、覚えてない)のに派なので、まじでエコバッグ無理。そしてそれが何にも貢献しないなら尚更」

 「レジ袋どうこうの前にポイ捨てする人を減らさないと意味なしです。 いくら環境に優しい素材で作ろうが、どんなに自然環境の中で分解できるものであろうが、捨てられた瞬間に分解できるものは存在しません。 海洋汚染問題を必ず引き起こします! これを解決するには教育と取締りが不可欠です!」

 レジ袋有料化を進めた小泉進次郎環境相は6月30日の記者会見で、国民からの理解を広げ、新しい生活を根付かせるためには賛否両論あるとした上で、「間違いないのは、世界の流れは持続可能な方向、環境負荷の少ない社会にどう移行させていくかだ。その観点からいえば、レジ袋の問題では日本は後発組で、すでに60カ国が取り組んでいる。1つ1つ丁寧に説明した上で、新しい社会に向けて理解者を増やしていくことが大事だなと思う」と述べていました。

 ただ、批判にもあるように、家にあるエコバッグをお店に持ち込むことで、コロナウイルスの感染が危惧されるため、海外では現状レジ袋を推奨する所も少なくありません。そんな中、日本は逆行するようにレジ袋をこの時期に有料化したことで、批判の声が高まっています。また、レジ袋削減が環境問題の解決につながることを環境省が強調しているように捉えられており、レジ袋による環境負担が高くないことをポリ袋メーカーが主張したことで、レジ袋有料は環境問題に繋がらない、無意味だと批判する声があります。

 レジ袋有料化については様々な意見がありますが、環境問題について考えるきっかけとして捉え、今後ゴミ袋も環境を汚染しないものを選んで買ったり、ゴミの分別を更に意識したり、電気や水など資源の無駄遣いを減らすなど、環境問題の解決のためにひとりひとりができることを取り組んでいかなければいけない時代だと思わされます。

 環境汚染問題もそうですが、地震や河川氾濫などの自然災害が絶えない近年、自然と共に生きていくことについて考えさせられます。地球は人間のために創られた環境ではありますが、人間が欲望のままに自己中心的に使っていいものではありません。誰もが分かっているはずですが、人間と比べると地球はあまりにも広大で、日常生活に埋もれていると自分の周辺しか見えず、環境汚染と言われてもピンとこないこともあります。レジ袋有料化を通して、日常に近い所から環境問題解決の一歩を踏み出すことが促されているので、これを機に意識を広げて、日々の生活の中でできることをしていけたらと思います。

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。