«
»

あるレジ打ちの女性

202004221003071f2
画像出所=https://job-gear.net/happyterada2/A90122765350/MDkyujin_d.htm

*画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)

《はじめに》
コロナの影響で慣れない在宅勤務になったとしても、その場でできる誠実を果たしていく。
自分の人生は、自分だけの人生です。
その人生に無駄な時間をつくるのか。
それとも、いまこの瞬間を精一杯頑張って生きるのか。
それは、年齢や世代や職種、業種に関わりなく、それぞれの方の選択だと思います。

ひとつのお話をご紹介します。
とても感動します。

***********
【あるレジ打ちの女性】

その女性は何をしても続かない人でした。
田舎から東京の大学に来て、部活やサークルに入るのは良いのですが、すぐイヤになって、次々と所属を変えていくような人だったのです。

そんな彼女にも、やがて就職の時期がきました。
最初、彼女はメーカー系の企業に就職します。

ところが仕事が続きません。
勤め始めて3ヶ月もしないうちに上司と衝突し、あっという間にやめてしまいました。
次に選んだ就職先は物流の会社です
しかし入ってみて、自分が予想していた仕事とは違うという理由で、やはり半年ほどでやめてしまいました。
次に入った会社は医療事務の仕事でした。
しかしそれも、「やはりこの仕事じゃない」と言ってやめてしまいました。

そうしたことを繰り返しているうち、いつしか彼女の履歴書には、入社と退社の経歴がズラッと並ぶようになっていました。
すると、そういう内容の履歴書では、正社員に雇ってくれる会社がなくなってきます。
ついに彼女はどこへ行っても正社員として採用してもらえなくなりました。
だからといって生活のためには働かないわけにはいきません。

田舎の両親は早く帰って来いと言ってくれます。
しかし負け犬のようで帰りたくはありません。
結局、彼女は派遣会社に登録しました。
ところが派遣も勤まりません。
すぐに派遣先の社員とトラブルを起こし、イヤなことがあればその仕事をやめてしまうのです。

彼女の履歴書には、やめた派遣先のリストが長々と追加されていきました。

ある日のことです。
例によって「自分には合わない」などと言って派遣先をやめてしまった彼女に、新しい仕事先の紹介が届きました。
スーパーでレジを打つ仕事でした。

当時のレジスターは今のように読み取りセンサーに商品をかざせば値段が入力できるレジスターではありません。
値段をいちいちキーボードに打ち込まなくてはならず、多少はタイピングの訓練を必要とする仕事でした。
ところが勤めて1週間もするうち、彼女はレジ打ちにあきてきました。
ある程度仕事に慣れてきて
「私はこんな単純作業のためにいるのではない」と考え始めたのです。

とはいえ、今までさんざん転職を繰り返し、我慢の続かない自分が彼女自身も嫌いになっていました。
もっとがんばらなければ、もっと耐えなければダメということは本人にもわかっていたのです。
しかしどうがんばってもなぜか続かないのです。

この時、彼女はとりあえず辞表だけ作ってみたものの、決心をつけかねていました。
するとそこへお母さんから電話がかかってきました。
「帰っておいでよ」
受話器の向こうからお母さんのやさしい声が聞こえてきました

これで迷いが吹っ切れました。
彼女はアパートを引き払ったらその足で辞表を出し、田舎に戻るつもりで部屋を片付け始めたのです。
長い東京生活で、荷物の量はかなりのものです。
あれこれ段ボールに詰めていると、机の引き出しの奥から1冊のノートが出てきました。

小さい頃に書きつづった大切な日記でした。
なくなって探していたものでした。
パラパラとめくっているうち、彼女は
「私はピアニストになりたい」と書かれているページを発見したのです。
そう、彼女の高校時代の夢です

「そうだ。あの頃、私はピアニストになりたくて練習をがんばっていたんだ。。。」
彼女は思い出しました。
なぜかピアノの稽古だけは長く続いていたのです。
しかし、いつの間にかピアニストになる夢はあきらめていました。

彼女は心から夢を追いかけていた自分を思い出し、日記を見つめたまま、本当に情けなくなりました。
「あんなに希望に燃えていた自分が
 今はどうだろうか。
 履歴書にはやめてきた会社がいくつも並ぶだけ。
 自分が悪いのはわかっているけど、
 なんて情けないんだろう。
 そして私は、また今の仕事から
 逃げようとしている。。。」

そして彼女は日記を閉じ、泣きながらお母さんにこう電話したのです
「お母さん。
 私 もう少しここでがんばる」

彼女は用意していた辞表を破り、翌日もあの単調なレジ打ちの仕事をするために、スーパーへ出勤していきました。
ところが、「2,3日でいいから」とがんばっていた彼女に、ふとある考えが浮かびます。
「私は昔、ピアノの練習中に
 何度も何度も弾き間違えたけど、
 繰り返し弾いているうちに、
 どのキーがどこにあるかを
 指が覚えていた。
 そうなったら鍵盤を見ずに
 楽譜を見るだけで弾けるようになった」

彼女は昔を思い出し、心に決めたのです。
「そうだ。
 私は私流にレジ打ちを極めてみよう」と。

レジは商品毎に打つボタンがたくさんあります。
彼女はまずそれらの配置をすべて頭に叩込むことにしました。
覚え込んだらあとは打つ練習です。
彼女はピアノを弾くような気持ちでレジを打ち始めました。

そして数日のうちに、ものすごいスピードでレジが打てるようになったのです。
すると不思議なことに、これまでレジのボタンだけ見ていた彼女が、今まで見もしなかったところへ目がいくようになったのです。

最初に目に映ったのはお客さんの様子でした
「ああ、あのお客さん、昨日も来ていたな」
「ちょうどこの時間になったら
 子ども連れで来るんだ」
とか、いろいろなことが見えるようになったのです
それは彼女のひそかな楽しみにもなりました。

相変わらず指はピアニストのように、ボタンの上を飛び交います。
そうしていろいろなお客さんを見ているうちに、今度はお客さんの行動パターンやクセに気づいていくのです。

「この人は安売りのものを中心に買う」とか
「この人はいつも店が閉まる間際に来る」とか
「この人は高いものしか買わない」とかがわかるのです。

そんなある日、いつも期限切れ間近の安い物ばかり買うおばあちゃんが、5000円もするお頭付きの立派なタイをカゴに入れてレジへ持ってきたのです。
彼女はビックリして、思わずおばあちゃんに話しかけました。

「今日は何かいいことがあったんですか?」
おばあちゃんは彼女ににっこりと顔を向けて言いました。
「孫がね、水泳の賞を取ったんだよ。
 今日はそのお祝いなんだよ。
 いいだろう、このタイ」
と話すのです。

「いいですね。おめでとうございます」
嬉しくなった彼女の口から、自然に祝福の言葉が飛び出しました。

お客さんとコミュニケーションをとることが楽しくなったのは、これがきっかけでした。
いつしか彼女はレジに来るお客さんの顔をすっかり覚えてしまい、名前まで一致するようになりました。

「○○さん、今日はこのチョコレートですか。
 でも今日はあちらに
 もっと安いチョコレートが出てますよ」
「今日はマグロよりカツオのほうがいいわよ」
などと言ってあげるようになったのです。

レジに並んでいたお客さんも応えます。
「いいこと言ってくれたわ。
 今から換えてくるわ」
そう言ってコミュニケーションをとり始めたのです。

彼女は、だんだんこの仕事が楽しくなってきました。
そんなある日のことでした。
「今日はすごく忙しい」と思いながら、彼女はいつものようにお客さんとの会話を楽しみつつレジを打っていました。

すると、店内放送が響きました。
「本日は大変混み合いまして
 大変申し訳ございません。
 どうぞ空いているレジにお回りください」

ところが、わずかな間をおいて、また放送が入ります。
「本日は混み合いまして
 大変申し訳ありません。
 重ねて申し上げますが、
 どうぞ空いているレジのほうへお回りください」

そして3回目。
同じ放送が聞こえてきた時に、初めて彼女はおかしいと気づき。周りを見渡して驚きました。
どうしたことか5つのレジが全部空いているのに、お客さんは自分のレジにしか並んでいなかったのです。

店長があわてて駆け寄ってきます。
そしてお客さんに
「どうぞ空いているあちらのレジへ
 お回りください」と言った、その時です。

お客さんは店長に言いました。
「放っておいてちょうだい。
 私はここへ買い物に来てるんじゃない。
 あの人としゃべりに来てるんだ。
 だからこのレジじゃないとイヤなんだ」

その瞬間、レジ打ちの女性はワッと泣き崩れました
お客さんが店長に言いました。
「そうそう。
 私たちはこの人と話をするのが
 楽しみで来てるんだ。
 今日の特売はほかのスーパーでもやってるよ。
 だけど私は、
 このおねえさんと話をするために
 ここへ来ているんだ。
 だからこのレジに並ばせておくれよ」

彼女はポロポロと泣き崩れたまま、レジを打つことができませんでした
仕事というのはこれほど素晴らしいものなのだと初めて気づきました。
すでに彼女は昔の自分ではなくなっていたのです。

それから、彼女はレジの主任になって、新人教育に携わりました。
彼女から教えられたスタッフは、仕事の素晴らしさを感じながら、お客さんと楽しく会話していることでしょう。

《出典》木下晴弘著 涙の数だけ大きくなれる! フォレスト出版
*******

「自分に合った良い仕事を」とは、近年よく聴く言葉です。
けれど、そのような仕事に巡り合うことができるかどうかなんて、実のところわからないし、そもそもそういう仕事があるかどうかさえ、わかりません。
もちろん、向き不向きはあると思います。
けれど、たとえば業種にしても、ひとくちに建設業といっても、その中には経営の仕事もあるし、中間管理の仕事もあるし、経理の仕事もあるし、当然のことながら現場仕事もあります。
現場仕事では、現場監督の仕事もあれば、倉庫管理の仕事もある。
一様には言えないのです。

自分がどんな仕事に向いているのか。
そこにはその人それぞれの適性もあることでしょう。
けれど、それ以上に大切なことは、その仕事が向いているとか向いていないという以上に、

「いまいるその場で勝利すること」

なのではないでしょうか。

上の文の女性にしても、はじめから自分がレジ打ちになりたくてなったわけではないようです。
けれど、もう逃げ道がないと悟ったときに、いまいるその場で自分なりに頑張ろうとした。
結果としてそのことが、お客様にも、またお店(会社)にも受け入れられ、彼女は自分の居場所をそこに見つけることができました。
というよりも、むしろこの女性のひたむきな態度が、結果として、お店も会社も、そしてお客様さえも動かしたといえるのではないでしょうか。

いま新型コロナウイルスで、自宅待機や在宅勤務になり、不安を感じておいでの方も多いかと思います。
けれど、そんな中にあるからこそ、いまいるその場で、いまあるこの状況の中で勝利していく。
自分なりの最大限の誠実をつらぬいていく
ことなのではないかと思います。

落ち込むこともあるでしょう。
腹の立つことだっていっぱいあります。
けれど、関心があっても自分が影響できないことに精力をつかっても、実は何の進歩もない。
自分が影響できること。
自分が成長できること。
いまいる、この場所で、いま自分にできることを見つけ出し、探し出す努力を重ねていくこと。

こんなときだからこそ、そういう取り組みが大事なのだと思います。

おそらくこれから、時代は新しい時代に移り変わります。
リアルで人との接触を減らしながらも営業できる、そういう新しいスタイルのビジネスが流行るとも言われています。
スポーツジムは、今回のウイルス問題で、いの一番に営業自粛が求められた業種で、多くのジムが休業を余儀なくされる中、ジムの空間の貸し切り型の予約制ジムは、猛烈に繁盛しているのだそうです。

飲食店でも、いちげんさん相手で、狭い店舗内にお客様を詰め込むスタイルの店舗が休業する中、看板は準備中のまま、お得意様だけを対象に、ゆったりとした空間を楽しむスタイルの店舗は、やはり予約がぎっしりの状態だとか。

もちろん、この状況がいつまで続くかはわかりません。
けれど、いま、在宅になったからといって、それだけで何もしないで無為に時間を過ごすのではなく、こういうときだからこそできることに、自分の時間と誠実をついやしていく。
そういう姿勢が大事なのだろうと思います。

繰り返します。

「いまいるその場で勝利する」

自分の人生は、自分だけの人生です。
その人生に無駄な時間をつくるのか。
それとも、いまこの瞬間を精一杯頑張って生きるのか。
それは、年齢や世代や職種、業種に関わりなく、それぞれの方の選択だと思います。

ちなみに「コロナ」というのは、もともとは「太陽の光彩」のことを言います。
ウイルスの電子顕微鏡写真が、まるで皆既日食で太陽のまわりにできる環状の光の形のように見えることから、コロナウイルスの名前が付いたのだそうです。

太陽のコロナ(光彩)は、普段は見えませんが、必ずそこにいつでも存在し、太陽そのものが日食で隠れたときにだけ、人々の前に姿を表します。
つまりそれは、太陽そのものではなく、太陽のあたたかさ、そのものの姿です。
そうであれば、コロナコロナと、いたずら怖がる必要など何もありません。
むしろ、こういうときだからこそ、本物の輝きを目指す。
それが、日本書紀に書かれた清陽(すみあきらかなること)なのだろうと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。


「ねずさんのひとりごと」より転載
https://nezu3344.com/blog-entry-4482.html

13

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。