«
»

コロナ対策で日本が米国伊国より遅れていると思わせたい朝日

 朝日新聞は「外出自粛、遅れ目立つ日本 グーグル位置情報使って比較」で「小売店・娯楽(飲食店などを含む)」「職場」「食料品店・薬局」「駅など」「公園」「住宅」の6種類の場所で、48時間~72時間以内に人々が出入りした動きを通常時と比較したグーグルの増減の割合を131の国・地域について公表したのを参考に朝日新聞はイタリア、米国、日本を比較している。

イタリア
「小売店・娯楽」への出入り94%減、「職場」63%減、「住宅」24%増
人々は不要不急の外出を抑え、自宅にとどまっていることがうかがえる。
米国
「小売店・娯楽」は47%減で「職場」38%減。
日本
「小売店・娯楽」が26%減、「職場」9%減

三国を比較すると外出を控えたり、自宅で勤務したりする取り組みが、主要国中で最も日本が遅れている様子が浮き彫りになっていると日本を批判する朝日である。
朝日はイタリアの感染死者が1万4681人、米国のが7000人であるのに対して日本の死者はわずか78人しかいないことを無視する。死者数に大差差があるから外出や自宅勤務に差があるのは当然である。
むしろ、コロナウイルス感染の初期はイタリア、米国はコロナ感染対策をしなかった。だから死者が急激に増えたのである。対策が遅れて感染者、死者が急激に増えたので政府も国民も慌てて外出を控え、自宅勤務を増やしたのである。イタリアや米国に比べて日本のコロナウイルス対策は早かった。だから、死者が圧倒的に少ないのだ。
朝日は日本政府のコロナ対策が遅れている・劣っているとイメージさせるのに固執している。こんな愚かなことをしているのが日本マスメディアのトップである。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

7

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。