■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    ビル・ゲイツが認めた日本人

    ビル・ゲイツ氏

    ビル・ゲイツ氏

    ある女性のお話をしてみようと思います。

    その女性は、昭和14(1939)年のお生まれで、今年72歳になります。

    彼女は、中卒で掃除のおばちゃんをしています。
    けれど彼女は、あのビル・ゲイツ(Microsoft社社長)と対等に話せ、招待される友人でもあります。

    彼女は、幼いころご両親を亡くされました。
    中学を卒業した彼女は、だからすぐに働きにでなければならなかった。

    関西で育った彼女は、地元の大手百貨店に就職のための面接を受けに行きます。
    けれど面接官の人は、彼女が孤児であることから、最初から冷たい。

    自分を受け入れてもらえることはない、と確信した彼女は、
    「私のような者に働き口を提供するのも、あなたがたの仕事なのではありませんか?
    これで失礼します」と、席を立った。

    自分ではどうすることもできないことで、自分が評価され、見下される。
    14歳の彼女は、辛くて、悲しくて、涙が止まらなかった。

    いまから60年も昔の出来事です。

    彼女は、結婚し、一児をもうけ、家計のためにと働きに出ます。
    仕事は、掃除のおばちゃんでした。

    出勤は早朝、時間は不定期で、土日も出社。帰宅が極端に遅くなる日もある。
    けれど彼女は一生懸命仕事をして、いつしかマイクロソフト日本支社のビルの清掃責任者となりました。
    30名余の部下を使い、みずからも清掃を行う。

    ある日のことです。
    男子トイレの掃除を終え、清掃道具を持ってそこから出ようとしたとき、背の高い外人と入り口でぶつかりそうになりました。

    その外人さんは、「 I’m sorry」と言った。
    おばちゃんは、おもわず「ヒゲ、ソーリー」と答えた。

    日本語のわかるその外人さんは、笑いながら、自分のあごの周りを撫でるふりをしながら「ひげ剃り?」と笑った。
    おばちゃんも笑った。

    その外人さんが、ビル・ゲイツでした。

    大の日本好きであるビル・ゲイツは、マイクロソフト社の中で、いつも日本の作務衣を着ているそうです。
    他の社員さんたちは、重役も平社員も、みんな背広にネクタイです。
    ビルの中で、ビル・ゲイツひとりが作務衣を着ている。

    そしてどこに行くにも、常にビル・ゲイツには、二名のボディガードがついています。
    トイレに行くときは、ボディガードは、トイレの入り口前に立つ。

    だからそのとき、ビル・ゲイツは、ひとりでトイレのドアを開けて入って来たのです。

    ほんの、ひとこと二言の会話でした。
    トイレで鉢合わせし、ヒゲソーリーと冗談を言ったなどというのは、誰でもすぐに忘れてしまうような、ほんの些細なできごとです。

    ところが、それから間もなくしてあったクリスマスイブの社内パーティで、おばちゃんは突然、パーティーに参加するようにと内線電話で呼ばれます。

    仕事中だし、他の掃除のおばちゃんたちもいるしと断ると、しばらくしてまた内線がかかってきました。
    「おばちゃんたち全員、参加してください、ビル・ゲイツ社長からの直々の依頼です」というのです。

    やむなくおばちゃんは、当日出社していたおばちゃんたち全員を呼び、みんなでパーティ会場に行きました。
    おしゃれなんてしていません。
    普段の作業衣のままです。

    こわごわと会場に入って行くと、そこにはたくさんの社員さんがいる。
    ビル・ゲイツもいる。
    普通の社員さんだって、ゲイツと直接会話なんて、なかなかできません。

    そのビル・ゲイツが、おばちゃんを見つけると、とっても嬉しそうな顔をして、よく来てくださいました、とおばちゃんを抱きかかえんばかりに歓迎した。
    そしてみんなにも、このおばちゃんは、すごい日本人で、自分が大好きな人ですと紹介してくれた。

    一緒にいた他の掃除のおばちゃんたちにも、ビル・ゲイツが単なるおべんちゃらではなく、本気でこのおばちゃんを尊敬し、親しみを込めていることがわかったそうです。
    それほどまでにビル・ゲイツはおばちゃんを歓迎した。

    この話を聞いて、ボクは大変に感動しました。

    掃除のおばちゃんたちというのは、会社の中ではいわば日陰の人です。
    トイレで出会っても、廊下ですれ違っても、その存在自体が意識すらされない。

    けれど日本びいきのビル・ゲイツは、どんなに汚い仕事でも、どんなに辛くても、何十年でもそれを誠実に行い、しかも「ヒゲソーリー」というくらい、ユーモアとウイットを忘れず、堂々と自らの仕事に精を出す。

    そんな本来の日本人の典型を、彼女の中に見いだしたのであろうと思うのです。

    作務衣を着て、日本が大好きなビル・ゲイツには、彼女が誠実に毎日の清掃をしていること、自分の仕事に誇りを持って生きていること、そして彼女が胸を張って堂々と生きていることを、瞬間に見抜いた。

    だからこそ彼の心の中に、彼女への尊敬の念がわき起こり、トイレであった小さなその事件を忘れず、パーティに全員を招待した。
    そういうことであろうと思うのです。

    世界を知る大人物のビル・ゲイツが、日本でただひとりの信頼できる友人とまで称したこのおばちゃんは、今年で72歳になられます。

    同じ歳の旦那さんは、ある会社の経理をしていて、定年後もその手腕を買われて会社に残り、たいへんな高給をとっておいでの方です。
    つまり、彼女は、別に働かなくたって、十分飯を食って生けれるだけの収入がある。

    けれど彼女は言います。
    「働かないと体がなまるし、働くことで毎日人様のお役に立てれることがとっても嬉しいのです」

    明治のはじめ、日本にやって来た外国人たちは、日本人がとってもきれい好きで、庶民たちもとってもよく笑い、とっても明るく、自分の仕事に誇りを持って日々を送っている姿に、たいへんな感動をしています。

    以下に櫻井よし子さんが自由社の「新しい歴史教科書」に寄稿した文章の一部を転載します。

    ~~~~~~~~~~~~
    「江戸参府紀行」を著したジーボルトは、日本では身分の違いは、欧州よりもなお厳しい格式で隔てられてはいるが、人々は同胞として相互の尊敬と好意によって堅く結ばれていると書いた。

    「武士の娘」を著した杉本鉞子(えつこ)は、「召使いは地位は低くても、家族として扱われ、主人とともに喜び、共に悲しみ、また主人も召使いを親身になって世話したものでありました」とし、しかし互いに親しみ、思いやりあう主人と召使いであっても、「主従の間がみだりになれなれしすぎるということはありませんでした」とも書いた。

    人の上に立つ者ほど己を厳しく律することが自明の理とされた日本で、身分の下の人々もまた、満ち足りた幸福そうな笑顔を浮かべて暮らしていたことに、諸外国の人々は驚いた。

    その日本を指して、在日フランス大使となったポール・クローデルは、「彼らは貧しい。しかし、高貴である」と語った。
    ~~~~~~~~~~~~

    もうひとつ。日心会のMLから。

    ~~~~~~~~~~~~
    2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結しました。

    翌日の5日に英国の豪華客船「クイーンエリザベス2号」が入港してきたのですが、折悪しくも2ノット半の急流となっていたハドソン川の流れに押された巨大な客船が、4隻のタグボートの懸命な操船も虚しく、係留中の海上自衛隊練習艦「かしま」の 船首部分に接触する事故 を起こしてしまいました。

    着岸したクイーンエリザベス2号からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきました。

    相手の詫び言に対応した「かしま」艦長・上田勝恵一等海佐はこの時、こう答えたそうです。

    「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。
    それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております!」

    これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、ニューヨークだけでなく、ロンドンにも伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、日本のネイバル・オフィサー(naval officer:海軍士官)のユーモアのセンスを評価する声が高かったそうです。

    この事故、場所が英国と日本の治外法権の場所(米国)ということで、下手に揉めれば論争に発展する可能性がありました。

    また、もしそうなった場合、英国の威信を少なからず傷つけることにもなりかねません。

    このような状況をサラリとユーモア一言で片付けた上田勝恵一等海佐の対応能力は相当優れていたと言えるでしょう。
    ~~~~~~~~~~~

    個人主義が蔓延し、自分さえ良ければと、人の足を引っ張ったり、文句を言ったり、揚げ足を取ったりという風潮が蔓延するいまの日本の中で、いまだ日本人の日本的心をしっかりと持った人達がいる。

    そういう人を一瞬で見抜いたビル・ゲイツは、大の日本びいきの人でもある世界最高峰のビックマンであった。

    そしてビル・ゲイツが尊敬する日本人というものが、毎日を誠実に生き、ユーモアとウイットを失わず、日本人としての心を持って生きている普通のおばちゃんであった。

    そのことに、ボクはなにかとても感動し、考えさせられるエピソードだと思い、ご紹介させていただきました。


    「ねずさんのひとりごと」より引用
    https://nezu3344.com/blog-entry-1336.html

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。