■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    「粉砕デモ」「誰でもサンタさん」クリスマスそれぞれの捉え方

     街中ではクリスマスツリーが色々なところで飾られ、クリスマスソングが流れる中、イルミネーションを眺める人々など、クリスマス独特のムードが溢れています。我が家でもクリスマスツリーを出してガーランドやスノードームなどを飾ったりして、クリスマスを迎える準備を整えています。

     2歳の娘はサンタさんからプレゼントをもらうことを、随分前から楽しみにしている様子です。子どもにとっては夢を与えてくれるサンタクロース。そして、プレゼントをもらえて、ご馳走が食べられるクリスマスは1年に1度の特別な日。子どもだけでなく、大人にとってもクリスマスは特別な日という印象があります。しかし、キリスト教文化のない日本では、12月25日は平日。特別な日と捉えている人もごく一部で、商業目的のイベントごととして否定的に捉えている人も少なくありません。世の中には様々なクリスマスの過ごし方がありますが、一部紹介します。

    「クリスマス粉砕デモ」、今年も渋谷の街を闊歩

     21日、打倒「恋愛資本主義」を掲げる「革命的非モテ同盟」が、毎年恒例になった「クリスマス粉砕デモ」を実施。渋谷の街を20名の参加者たちが、警察の先導車に引かれて行進しました。デモの目的は、日本の商業主義的クリスマスを粉砕すること。拡声器を手に、「クリスマス粉砕!」、「非モテの人権を踏みにじるな!」、「リア充は爆発しろ!」、「カップルは自己批判せよ!」、「恋愛資本主義粉砕!」と声を上げて主張。そして、スクランブル交差点に差し掛かった際、「恋愛は義務なのか。クリスマスは恋人と過ごさないといけないのは義務なのか」、「恋人と過ごせない人を蔑んで何が楽しいんだ。非モテにも人権がある」など、一番の主張を行い、大勢の注目を浴びていました。

     周囲の目は冷ややかだったり、困惑したり、興味を持ってスマホを向けたりと、好意的な印象を受けていない人が多いようですが、主催者は、「非常に充実したデモで、今年も我々の勝利だ」として、満足気な様子でした。デモを続けるのは、デモ自体が楽しいということも理由のひとつで、非モテが卑屈な態度を取ってしまうと行動に説得力がなくなってしまうということから、来年以降もデモを続けていくそうです。

     ネット上で“リア充”の悪口を言うだけでは意味がない、非モテの主張を発信しなければという思いもあるのでしょう。デモを行うこと自体は問題ないですが、デモを行うことで非モテを蔑む人が減るのか、日本の商業主義的クリスマスがなくなるかは疑問です。デモを行うことで参加者の日頃の鬱憤を晴らすことも目的のひとつだと思うので、参加者たちにとっては毎年恒例のクリスマの過ごし方なのでしょう。このデモに心のよりどころを感じている人がいる限り、デモは続いていくのかもしれません。

    誰でもサンタさんになれる、千葉市の「サンタクロース大作戦」

     クリスマスといえば恋人や友人と過ごす以外にも、家族との団らんとしてご馳走を並べてケーキを食べるという過ごし方もあります。しかし、親の育児放棄などが理由で親と一緒に住むことができず、児童養護施設で生活する子ども達は、満足なクリスマスプレゼントをもらうことも、サンタクロースを信じることもできないようです。施設では子ども1人に当てる予算が決まっているため、好きなプレゼントをあげることができないといいます。毎年のプレゼント代はその年の寄付金によって変わるので、施設によっては職員が毎年の予算を子どもたちに伝え、プレゼントの希望を聞くそうです。そのため、サンタクロースを信じている子どもは少ないようです。

     施設の子どもたちに楽しいクリスマスを過ごしてもらいたいと、千葉市は市内にある5つの施設、200人の子どもたちのために、「サンタクロース大作戦」を企画しました。千葉市では生活用品の寄付を行ってきていましたが、予算の関係上、子どもたちのおもちゃまでは手が回っていませんでした。今回の企画を通して子どもたちが日々の生活の中で遊んだり使ったりするものをクリスマスプレゼントして、寄付を募ることにしました。

     そこで活用したのがインターネット通販サイトamazonの「ほしい物リスト」。ユーザーが購入を検討している商品をリストとして保存することのできる機能です。誰でも見られる設定にすることで、第三者がリストにある商品を購入し、プレゼントすることができます。この機能を使うことで、子どもたちが本当に欲しい物を伝え、贈ることができるので、子どもたちの期待にそえることができ、サンタさんからのプレゼントとして受け取ることができるのです。

     千葉市は各施設にほしい物を決めてもらい、リストを作成し、5つの施設で約110の商品をホームページに掲載しました。その結果、なんと掲載後わずか2日で全ての商品が購入され、各施設に届けられることになりました。千葉市のホームページ上では「希望の品すべてをプレゼントしていただきましたので『サンタクロース大作戦』は終了します」として、お礼の言葉と共に、「プレゼントとともに皆様の温かいお気持ちが子どもたちに届き、社会には自分たちを応援してくれる人たちがたくさんいるということをきっと感じてくれるものと思います」と掲載しています。

     また、各施設にプレゼントが届いた後、子どもたちが喜ぶ様子をホームページで報告するということで、サンタクロースになった大人たちも子どもたちの喜ぶ顔や感想を見ることができます。現在既に掲載されており、おもちゃで遊ぶ子どもたちの様子に、サンタさんたちは心を和ませていることでしょう。

    普段とは違うコミュニケーションの機会を与えてくれるクリスマス

     日本では確かに商業的な意味合いが強く、クリスマスパーティーをしてプレゼントを渡したり、もらったり、クリスマスケーキを食べたり、誰かと過ごすことに意味があるという風潮があります。今年から23日が平日になり、24、25日も平日ということもあり、ひとり用のクリスマスケーキが例年より多く販売されたり、当日はひとりで過ごしたり、子どもがいる家庭でも普段と変わらず過ごすという人も少なくないようです。

     私は週末に友人たちと子どもを連れてクリスマスパーティーという名の息抜きをしてきたばかりで、当日はいつもと違う夕飯で少し豪華にしてみる予定です。子どもが生まれる前は、同居している義父母家族と過ごすよりも、夫婦で過ごしたいと強く思っていましたが、子どもが生まれてからは子どもが楽しめるような日にしたいと思うようになりました。幼い頃のクリスマスの思い出を楽しいものにしてもらいたいと思い、親としては今からプレゼントを渡すことを楽しみにしています。

     クリスマスという特別な日というイメージの強い日が、普段とは違う家族や友人、恋人とのコミュニケーションの場になっているのでしょう。人肌恋しくなるこの季節、クリスマスから年末年始にかけて普段とは違うコミュニケーション、触れ合いの機会と捉えて、非日常的な楽しさを味わうのもいいのではないでしょうか。

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。