■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    麻薬所持容疑で逮捕された「エリカ様」10年以上前から使用認める

     またもや芸能人が、麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたというニュースが報道されました。渦中の人はエリカ様こと、沢尻エリカ容疑者。美貌と演技力で多くのファンを虜にしていました。

    沢尻エリカ容疑者、合成麻薬所持疑いで逮捕

    合成麻薬MDMA所持、沢尻エリカ容疑者逮捕(時事)

     2007年には舞台挨拶で不愛想な顔でマスコミからの質問に「べつに」と答えるなど、気の強さが仇となることもあり、拒否反応を示す国民も少なくありませんでした。

     それでも近年ではテレビ出演も増え、好感度も上がっていたように思います。その証拠に、来年スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、斉藤道三の娘で後に織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)という重要な役を演じる予定でした。逮捕を受け、代役起用をすることになりましたが、放送日は1月5日で、既に10数話の撮影を終えており、撮り直しには時間を要することから、放送開始が遅れる可能性があるようです。有名女優なだけに相当な騒動となっている沢尻容疑者の逮捕。SNS上でも様々な声が上がっています。

    「エリカ様」逮捕に、驚きの声は少ない傾向

     沢尻エリカ容疑者が逮捕されたのは16日。警視庁によると、自宅で捜査員による検査が行われ、アクセサリーボックスの中から粉末状のMDMAという麻薬が入ったカプセルが発見されました。警察の調べに対して自分の物で間違いないと認めたことで、警視庁組織犯罪対策部第5課によって逮捕されました。

     一部報道では、警視庁は約1カ月前から内偵を始めており、逮捕前日の15日夜に渋谷区のクラブのイベントに参加する情報を入手し、16日の朝に家宅捜査に踏み切ったということです。TBSは独自スクープとして、15日夜に自宅を出る沢尻エリカ容疑者の様子を捉えた映像を報道していました。記者達が取り囲む様子はなく、ただカメラが沢尻エリカ容疑者の後を追っているという映像で、カメラに気付いたのか怪訝な顔で振り返るものの、そのまま歩き去って行きました。TBSはおそらく事前に、警察やどこからか情報を得ており、容疑者を追っている警察の邪魔をしない範囲での撮影ならということで撮影したものではないかという見方がされています。

     警視庁の調べに対して沢尻エリカ容疑者は、MDMAは数週間前にイベントでもらったと供述しており、さらに、10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインを使用していたとも話しているという報道がありました。過去に複数のメディアで違法薬物関連の疑惑が取り沙汰されていたこともあり、今回の逮捕を受けて疑惑の裏付けがされました。

     沢尻エリカ容疑者逮捕を受け、芸能界の様々な人からSNSや番組出演を通してコメントが上がっています。沢尻エリカ容疑者と共演をした俳優の佐藤二郎さんはツイッター上で「事実なら。事実でないと祈るが、事実なら。君と呑むといつも芝居の話になった。『メンタルは芝居が好きなオッサン』と君に言った。だから君と呑むのが愉しかった。事実なら、君の行為は、君も、君の才に惚れた人たちも、君の大好きな芝居も、全て汚す。事実なら、大馬鹿野郎という言葉しか出てこない」と、沢尻エリカ容疑者との思い出と共に、同じ役者として悔しさと残念さを織り交ぜた嘆きの言葉をツイートしていました。

     また、沢尻エリカ容疑者と親友というほど親交の深い片瀬那奈さんは、自身がMCを務める「シューイチ」(日本テレビ)で、時折涙で言葉に詰まりながら、ショックで驚きを隠せない様子で、「これだけ近くにいて何も知らなかったのは本当に悲しい。裏切られた気持ち。近かったこそ言えなかったのか、近かったこそ、言ってほしかったし、私は怒りたかった」と、コメントをしていました。

    自分の快楽を優先させた罪

     SNS上でも、沢尻エリカ容疑者の逮捕に驚きを隠せない声や、反対に麻薬所持の疑いが以前からあったことで全然驚かない、やってると思ってたという声もあります。今年の3月には大河ドラマ「いだてん」にも出演していた俳優のピエール瀧、5月には元KAT-TUNの田口淳之介、元女優の小嶺麗奈が逮捕され、有罪判決。11月には元タレントの田代まさし容疑者、プロスノーボーダーの国母和宏容疑者が逮捕。今年に入ってから芸能人の麻薬所持容疑の逮捕者が続出しているため、SNS上でもまた薬物で逮捕かと芸能界で暗躍する麻薬にうんざりしている様子も見受けられます。

     沢尻エリカ容疑者に対して、ファンからは「残念だ」、「ショック」という声も上がっています。一方で、「やりそう」、「意外ではない」など、過去の疑惑報道もあってか、驚いている人は少ないように感じました。

     沢尻エリカ容疑者が所持していたMDMAは、科学薬品から合成された錠剤型の麻薬で、「エクスタシー」、「バツ(×、罰)」、「タマ」などの俗称を持っています。色がついたり、イラストの描かれた錠剤で、一見サプリメントのような安心感とかわいさがあるようです。高揚感や恍惚感を得る作用があるとされており、皮膚感覚が強まるため、性行為の際に使われることも多いとされています。厚労省の麻薬防止啓発を促すサイトによると、MDMAを服用すると幻覚や幻聴、精神錯乱、脳や神経の破壊、心臓や肝臓の機能不全、睡眠障害などになるということです。1錠あたりの末端価格は3000~4000円と、未成年でも手を出せる価格故か、未成年や若者の間で乱用されているようです。見た目も麻薬のように見えないようカラフルにしたり、イラストが描かれていたりと、抵抗が少なくなるような巧妙な手口を使っています。

     実際に使用した10代の体験談を挙げているのですが、「小さい人間がいっぱいやってきて、剣で自分を刺し殺そうとする」、「病院に入院中、興奮状態が1カ月続き、医者に殴りかかり、自分は鬼になっているという妄想に取りつかれた」、「眠れなくなってしまい、頭が回転せず、気分が落ち込んでしまった。6カ月経っても一向に元に戻らない。辛くて死んだ方がましだ」などの体験談からMDMAの恐ろしさを表現してました。

     MDMA以外の薬物も10年以上前から服用していた供述していた沢尻エリカ容疑者ですが、副作用に悩まされることもあったのかもしれません。上手く隠し通していたのか、それとも、副作用のような症状に周囲が気づいていながら隠し通してきたのか分かりませんが、芸能界の荒波を乗り越えて、好感度も上がってきている中、大河ドラマの大抜擢を自ら蹴る形になってしまったのは残念でなりません。プレッシャーから逃れるためか、快楽に溺れるためか、周囲への多大なる迷惑よりも、自分の欲望を優先した行為は許せるものではありません。芸能界復帰は見込めないでしょう。

     これまでは麻薬所持で逮捕されても芸能界に復帰した人はいますが、これからの時代はそのような芸能人を国民が支持しないと思われます。起用するスポンサーも所属を許可する事務所もマイナスにしかならない人材を迎えるとは考えにくいです。きちんと罪を償って、2度と麻薬に手を出さなくても良い状態になるまでには相当時間を要するでしょう。沢尻エリカ容疑者にはじっくりと自分の犯した過ちに向かい合ってもらいたいものです。

    5

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。