«
»

即位礼正殿の儀はなぜ10月22日なのか

10月22日に「即位礼正殿の儀」が執り行われます。
これは天皇が自らの即位を国の内外に宣明する儀式です。
そしてこの日は、今年限定の祝日となります。

あるお世話になっている方から、
「即位礼正殿の儀がなぜ10月22日なのか」
というご質問をいただきました。

宮内庁のHPを見ても、理由についての発表はありませんし、政府広報にも理由は書かれていません。
大方の推測も11月には大嘗祭があるので、どうしてもその前に、というくらいです。
しかし、その説明も日にちを特定するものではありません。
あるいは警備の都合上という話もありますが、これもまた22日という日を特定するものではありません。

ひとついえることは、10月22日は平安京遷都の日であるということです。
旧暦の延暦13年10月22日に平安京への遷都が行われました。
そしてこの日は、京都で時代祭が行われる日です。

つまり10月22日は、千年の古都が開かれた日であり、日本の形を確固たるものにしたのが京の都であり、その京の都に遷都が行われた日というのであれば、たいへんに意義のある日ということができます。
また平安京遷都は延暦13年ですが、延暦年間は25年続き、明治以前の元号としては最も長く続いた元号です。そのあたりにも、令和が末永く続くようにという願いが込められているのかもしれません。

ちなみに東京は奠都(てんと)ですので、いまもわが国の都は、京と東京の二箇所のままです。
現在東京の皇居の周囲は、政府および東京都の無策から、皇居を囲んで高層ビルが立ち並んでいます。
一度丸の内の某高層ホテルの一室にお邪魔させていただいたことがありますが、そこからは皇居内をすべて見下ろすことができました。
あまりにも危険なことに、逆におそろしさを感じたものです。

幸いなことに、京都御所は、周囲に高層ビルはなく、天皇の安全は保たれます。
もしかするとですが、そのあたりに何か深いお考えがあってのことかも知れません。

お読みいただき、ありがとうございました。


「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
http://nezu621.blog7.fc2.com/

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。