■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    ホワイト国の解除を閣議決定!あれまた朝日は誤報か?

     予定通り安倍政権はフッ化水素等の輸出優遇国いわゆるホワイト国から韓国を除外することを決定しました。

     ポンペイオ国務長官が仲介に入るとか、朝日新聞などが報道していましたが、この件はアメリカと共同歩調を取ってやっていることなので、そんなことはありません。また朝日新聞が誤報、捏造記事を書いたとしか思えません。

     朝日新聞は、自らをどんどん破滅の道をまっしぐらに進んでいるように思えます。まるで韓国と同じですね。

     サムスン電子が本社を国外に移転することの検討に入ったという情報が出ています。先日書いた財閥系の企業が本社を海外にというのはこのことです。今日はネットニュースで流れていたそうなので、社名を書きました。

     文政権が財閥いじめをし過ぎているので、韓国経済も低迷し、国外の売り上げの方が大きいサムスン電子にとって、もはや韓国内に本社を置いておく必要性はどんどん薄らいでいるのです。

     文政権の最賃引き上げ政策や大企業をいじめる政策がどんどん功を奏し、優良企業の国外流出を促進するでしょう。簡単な経済学の基本です。それを左巻きは大企業からお金を取ればいいと簡単に言いますが、こういう結果になれば誰が一番割を食うのでしょう?

     雇用がさらに減り、景気が悪化するのに見舞われる韓国民です。これと同じことをしようとしているのが山本太郎の政策です。

     山本太郎と文在寅がどうしてもかぶって見えてしまうのは私だけでしょうか。

     韓国からの観光客がパタッと途絶えています。柳川市の川下りも韓国からの観光客がいなくなったそうです。

     友人が観光関係の社長さんと話したところ、韓国人の観光客は減りましたが、国家として正しいことをした結果なので、全く異論はありません。政府を支持しますと言われたそうです。天晴です。

     ぜひ、柳川にうなぎのせいろ蒸しや川下りの観光に行きましょう。

     柳川に限らず、ここ数週間、福岡からも韓国の観光客が激減しています。福岡の飲食店の経営者に聞くと、韓国人の観光客が来なくても何ら問題ないと言われていました。逆に大勢来ていたために、日本人のお客様が減って心配していたということです。

     そういえば二週間くらい前にうなぎで日本一おいしいと思う「吉塚うなぎ本店」にちょっと時間をずらしたのですが、すぐには入れておいしいうな重を食べることができました。これまでは行こうとしても韓国からの観光客がわんさかいて入る気持ちも失せていたので、よかったです。

     福岡県の飲食店やホテルの日本人経営者は韓国人の観光客の減少はあまり問題ではないと私が聞き取り調査した十数人は言われていました。逆に良かったという人も何人もいました。

     この際、ビザ免もやめてほしいと思っています。数は少ないですが、日本で犯罪を犯して韓国やCHINAに逃げ帰り、ほとぼりが冷めてまた入国して悪さをするという犯罪者もいました。

     外国人の訪日客の増加は誰もが歓迎していないのです。それよりも適正な価格で落ち着いて日本人が日本の観光地を回れるようにした方がいいと思っています。そしてその情緒がわかる外国人観光客が来てくれた方が嬉しいと思いませんか?

     雨のそぼ降る古い街並みをお縁に腰かけて眺めてまったり過ごす時を一緒に楽しめる外国人なら大歓迎と思いませんか?

     暑い夏に古びたお店の店先で昔ながらのイチゴのかき氷を食べて、そのあまりの冷たさに頭がズキンとしたときに、ふと目と目があい、ニコッと微笑むことのできる外国人なら大歓迎ではないですか?

     外国人が嫌いではありません。反日だから嫌いなのです。だから親日の韓国人やCHINA人ならいつでも大歓迎です。

     韓国は前にも書いた通り、漢字教育を廃止しています。だからハングル文字で読むのですが、ひらがなばかりの新聞を読んでいるのと同じなので、漢字とひらがな(ハングル文字)交じりの文章を読むときよりも時間がかかり、意味もなかなか理解できないそうです。

     だから、みんな「見出し」だけを読んで、カッカ来るのです。その後の説明など耳に入りません。

     日本人はホワイト国解除がどのような意味なのか、ちゃんと新聞を読んで理解するので、なぜあんなに怒っているのかよくわかりません。でも、そのヒステリックな言動に嫌気がさし、とうとう国民の95%が政府の決定を支持しています。

     のこりの5%がそう共産党や左巻きの人たちがちゃんと記事の内容を読まないのか、韓国人に同調しているのか、またはそうしないと仲間外れにされるからなのか文句を言っています。滑稽を通り越して、哀れに思えてきます。

     WTOで話そうとしてもどこの国も相手にしてもらえませんが、どこかの新聞は韓国の言いなりのことを書いていました。もちろん朝日新聞ですが…。

     賢い親韓派の人たちはだんまりを決め込んでいます。今それを言ったら自分の名声に傷がつき、テレビに出してもらえないとわかるからです。たまにお決まりの反日番組では韓国擁護を主張する人もいますが、他の出演者には無視されています。

     これが世論の力です。韓国はどんどん墓穴をより深く掘っています。

     なぜあんなに上から目線なのかと思われる方が多いでしょうが、韓国人は日本人が思っているよりもずっと多くの人たちが自分たちが日本人よりも上だと思い込んでいるのです。

     何を根拠に?と思うのですが、それはそうです。

     竹島を軍事占領しても日本は何もしません。

     教科書問題で文句をつけると、「近隣諸国条項」ができ、自国の歴史の教科書に他国の思惑が多分に入っているのです。

     戦時売春婦や応募工のデマでも、すぐに日本のマスコミが応援してくれてお金をくれたのです。

     今までがおかしかったのです。それを安倍政権は戦後の悪弊をズバッと切ったのです。

     では、日韓が戦争になるか?

     なるわけないでしょう。日韓の軍事の実力の差は歴然です。韓国空軍の戦闘機の稼働率は5割を切っていると言われています。潜水艦は潜航すると二度と浮上できないと言われています。またもし韓国軍が日本海を渡ったら、ラッキーとばかりに北朝鮮軍が南進するでしょう。

     すぐにソウルを制圧して世界の最貧国の一つの北朝鮮から統治されることになるのです。その時に米軍はさっさと日本に避難して来るでしょう。もう朝鮮人の戦いにアメリカ人の血を流すものかと思っているのです。

     それが国際的約束を破り続けてきた韓国の末路です。

     やっと朝鮮半島の呪縛から解き放たれようとしてほっとしています。

     このように日本がちょっとだけでも本気を出せばみんなビビるのです。

     憲法を改正し、拉致被害者奪還のために日本軍が出動できるようになったら、北朝鮮はすぐさま拉致被害者を日本側が把握している数だけ返還してくるでしょう。

     それほど日本は怖い存在なのです。だから何とか憲法改正を阻止しようとしているのです。

     日本が正式な軍隊を持ったら戦争になる?

     警察を持っているから犯罪が起きるのでしょうか。

     消防車を持っているから火事が起きるのでしょうか。

     軍隊は国民を守る最後の砦です。

     戦後の自虐史観の呪縛から解き放たれなければなりません。

     この日本の安全保障上、日本の国際信用を守るための韓国のホワイト国からの除外措置は全く正当で、妥当な決断だと高く評価します。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。