■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    夏の怪談

    五百年ほど前のことです。
    九州の熊本の菊池家の侍臣に、磯貝平太左衞門武連(たけつら)と云う人がいました。
    代々武勇にすぐれた家柄で、生れながらに弓馬の道に精通した猛者で、その力量は非凡、子供の頃にすでに剣道、弓術、槍術の腕前で師匠を超え、長じては永享年間(1429〜1441)の乱で武功をあらわして、たびたび誉(ほまれ)に授(さず)かっています。

    ところが主家の菊池家が滅亡してしまいます。
    磯貝平太左衞門はほかの大名に仕官(しかん)する道もあったのですが、前の主人に心が残っていたこともあるし、どうしても自分のために立身を求めようという気になれません。
    結局彼は浮世(うきよ)を捨てて剃髪して僧になりました。
    そして名を囘龍(かいりゅう)とあらためて、諸国行脚に出かけたのです。

    もっとも僧衣の下には、いつでも武士の魂が生きています。
    昔、危険をものともしなかったと同じように、いままた難苦(かんく)をものともしません。
    天気や季節にも頓着(とんちゃく)なかったし、ほかの僧侶達があえて行こうとしないところにさえ、仏の道を説くためにとよろこんで出かけていきました。

    この時代は暴戻乱雑(ぼうれいらんざつ)の時代です。
    たとえ僧侶の身でも、一人旅は安全とはいえません。
    そんななかではじめての長い旅となったある日、囘龍(かいりゅう)は甲斐の国の山間部に居ました。
    そこは村から数里離れた、はなはだ淋しいところです。
    夕方にになり、星の下で夜を明かす覚悟をして、路傍に適当な草地を見つけて、そこに臥(ふ)して眠りにつこうとしました。

    彼はいつも喜んで不自由を忍べる人で、布団がないときは、裸の岩が彼にとってのよい寝床になり、松の根がこの上もない枕になりました。
    彼の肉体は、まるで鉄(はがね)のようでしたから、露や雨や霜や雪になやむことさえなかったのです。

    こうして横になっていると、斧(おの)と大きな薪(まき)の束(たば)を背負って道をやって来る人がありました。
    その木こりは横になっている囘龍(かいりゅう)を見て立ち止まると、しばらく彼を眺めて、驚きの調子で言いました。

    「こんなところで独りで寝ておられるとは
     いったいどんな方でしょうか。
     このあたりにはモノノケがたくさん出ます。
     あなたは魔物を恐れないのですか」

    囘龍は快活に答えました。
    「わが友よ。
     わしはただの雲水(うんすい)じゃ。
     それゆえ少しも魔物を恐れない。
     たとえ化(ば)け狐(きつね)であれ
     化け狸(たぬき)であれ、
     そのほか何のバケモノであれ、
     淋(さび)しいところは、
     かえって好むところじゃ。
     そんなところは黙想(もくそう)をするのに
     ちょうどよいからの。
     わしは大空のうちに眠る事に慣れておるし、
     わしの命に心配しないように
     修業を積んで来たのじゃ」

    「さようであったとしても、
     このようなところでお休みになるとは、
     まったく大胆なお坊でございます。
     けれど本当にここは評判のよくないところです。
     『君子危うきに近よらず』と申します。
     こんなところでお休みになるの
     ははなはだ危険です。
     私の家はひどいあばらやですが、
     お願いですから一緒に来て下さい。
     食べるものといっても
     さし上げられるようなものはございませんが、
     とにかく屋根がありますから
     安心して寝られます」
    あまりに木こりが熱心に云うので、囘龍はこの男のが気に入って、申し出を受けることにしました。

    木こりは往来から分れて、山の森の間の狭い道を案内して上って行きました。
    デコボコな危険な道でした。
    ときどき断崖の縁(ふち)を通ったり、
    ときおりは足の踏み場が滑(すべ)りやすい木の根のからんだものだけだったり、
    ときには尖(とが)った大きな岩の上や
    岩の間をうねりくねって行きました。

    ようやく囘龍はある山の頂きの平らな場所へ来ました。
    満月が頭上を照らしていました。
    見ると自分の前に小さな草ふき屋根の小屋があって、中からは陽気な光がもれていました。
    木こりは裏口から案内したのですが、そこには近処の流れから、竹の筧(かけす)で水を取ってありました。
    それから二人は足を洗って小屋にあがりました。

    小屋の向うには野菜畠につづいています。
    その向こうは竹藪(たけやぶ)と杉の森になっています。
    その森の向うには、どこかはるかに高いところから落ちている滝が微(ほの)かに光って、長い白い着物のように、月光のうちに動いているのが見えました。

    囘龍が木こりと小屋に入ったとき、そこには四人の男女が炉(ろ)に燃やした小さな火で手を暖(あたた)めていました。
    四人は僧に向って丁寧にお辞儀をして、ていねいな挨拶を言いました。
    囘龍は、このように淋しいところに住んでいるこんな貧しい人々が、上品な挨拶の言葉を知っている事を不思議に思いました。
    それで「きっとこの人たちは良い人たちで、誰か礼儀作法をよく知っている人から習ったに違いない」と思い、人々が「あるじ」と呼んでいるその小屋の主人に向って言いました。

    「その親切なお言葉や、
     皆さんから受けたはなはだ丁寧なもてなしから、
     私はあなたがたを初めからの木こりだとは思えません。
     以前は身分のある方でしたでしょう」

    木こりは笑いながら答えました。
    「はい、その通りでございます。
     いまは御覧の通りの暮らしをしていますが、
     昔は相当の身分でした。
     私もある大名のもとで重もい役を務めていました。
     しかし酒色に耽(ふけ)って心が狂い
     悪い行をして家を破滅させ、
     たくさんの生命を亡(ほろ)ぼす原因をつくりました。
     その罸があたって、私は長い間この土地に
     亡命者となっていました。
     今では何か私の罪ほろぼしができて、
     家名を再興できるように祈っています。
     しかしそう云う事もできそうにありません。
     ただ真面目に懺悔(ざんげ)をして、
     できるだけ不幸な人々を助けて、
     私の悪業の償いをしたいと思っています」

     囘龍はこのよい決心の告白をきいて喜んで主人に言いました。
    「若い時につまらぬ事をした人が、
     後になって非常に熱心に
     正しい行(おこな)いをするようになることを、
     これまでわしは何度も見てきました。
     強い悪の人が、決心の力で、また善い人になれることは
     御経にも書いてあることです。
     御身が善い心の持ち主であることは疑いますまい。
     どうかよい運を御身の方へ向わせたい。
     今夜は御身のために読経をして、
     これまでの悪業に打ち勝つ力を
     得られるように祈りましょう」

    こう云って囘龍は主人に「お休みなさい」を言いました。
    主人は小さな部屋へ案内してくれました。
    そこには寝床がのべてありました。

    一同が眠りについたあと、囘龍は行燈(あんどん)の灯(あか)りの脇で読経を始めました。
    そのあと、小さな寝室の窓を開け、床につく前に、風景を眺めました。
    そこには美しい夜景がありました。
    空には雲もなく、風もありません。
    強い月光は、樹木のはっきりした黒影を投げて庭の露(つゆ)に輝いていました。
    きりぎりすや鈴虫の鳴き声が騒がしい音楽となっていました。
    遠く聞こえる滝の音も、夜がふけるにしたがって深くなっていくようです。

    囘龍は滝水の音を聴いていると、のどの渇きを覚えました。
    それで家の裏に筧(かけい)があったことを想い出して、眠っている家人の邪魔をしないで、そこへ出て水を飲もうとして襖(ふすま)をそっと開けました。
    そして行燈の灯(あか)りで、五人の横臥した体を見ました。
    けれどその体には、いずれも頭がありませんでした。

    直ちに、彼は何かの犯罪を想像して、びっくりして立ちました。
    しかし、つぎに彼はそこに血が流れていないこと、頭が斬られたように見えないことに気がつきました。
    彼は考えました。
    「これは妖怪に魅(ばか)されたか、
     あるいは自分はろくろ首の家におびきよせられたのだ。
     そういえば『捜神記』に、
     もし首のない胴だけのろくろ首を見つけたときは、
     その胴を別のところに移しておけば、
     首は決して再びもとの胴に帰らない。
     首が帰って来て、胴が移してあると知れば、
     首は毬(まり)のように跳ね返りながら三度地を打ち
     喘(あえ)ぎながらやがて死ぬと書いてあった。
     もしこれがろくろ首なら、
     禍(わざわい)をなすものゆえ、
     書物の教え通りにしておくべきだろう」

    彼は主人の足をつかんで、窓まで引い、体を押し出しました。
    裏口にまわってみると、戸がしまったままでしたので、首は開いていた屋根の煙出しから出て行ったのだろうと察することができました。

    そして静かに戸を開けて庭に出ると、向うの森の方へできるだけ用心して進みました。
    森の中で話し声が聞えたので、よい隠れ場所を見つけるまで影から影へと忍びながら、声の方向へ向かって行きました。
    すると一本の樹の幹のうしろから、五つの首が飛び回りながら談笑しているのが見えました。
    首は地の上や樹の間で見つけた虫類を喰べていました。
    やがて主人の首が喰べる事を止めて言いました。

    「今夜来たあの旅の僧、
     全身よく肥えているじゃないか。
     あれを皆で喰べたらさぞ満腹する事であろう。
     あんな事を云って、つまらない事をした、
     おれたちの魂のために、
     読経をさせることになってしまった。
     経を読んでいるうちは近よれないし、
     手を下すこともできない。
     しかしもうそろそろ朝に近いから、
     たぶん眠ったことだろう。
     誰かうちへ行って、
     あれが何をしているか
     見届けて来てくれないか」

    一つの若い女の首が直ちに立ち上って、蝙蝠(こうもり)のように軽く小屋の方へ飛んで行きました。
    数分の後、帰って来て、大驚愕の調子で、しゃがれ声で叫びました。

    「あの旅僧がいません。
     行ってしまったようです。
     それだけではありません。
     もっとひどい事に、
     主人の体を取って行きました。
     どこへ置いて行ったかわりません」

    この報告を聞いた主人の首が恐ろしい様子になったことは、月の光でもわかるほどでした。
    眼は大きく見開かれ、髪が逆立ち、歯は軋(きし)りました。
    それから一つの叫びが唇から破裂しました。

    「からだを動かされた以上、
     再びもと通りになる事はできない。
     死なねばならない。
     皆あの僧の仕業(しわざ)だ。
     死ぬ前にあの僧に飛びついてやる。
     引き裂いてやる。
     喰いつくしてやる。
     ああ、あそこに居る
     あの樹のうしろ
     あの樹のうしろに隠れている!」

    主人の首は、他の四つの首を随(したが)えて、囘龍(かいりゅう)に飛びかかりました。
    しかし囘龍は、手ごろの若木を引きぬいて武器にすると、それを打ちふって首をなぐりつけ、恐ろしい力でなぎたてて、まったく寄せ付けません。
    四つの首は逃げ去りました。
    しかし主人の首だけは、いかに乱打されても、必死に僧に飛びつき、最後に衣の左の袖(そで)に喰いつきました。
    囘龍は、その首の髷(まげ)をつかむと、首を散々になぐりました。
    首はどうしても袖からは離れなかったけれど、ついに長い呻(うめき)きをあげて、もがくことを止めて死にました。

    しかし死んでも歯は袖に喰いついたままでした。
    囘龍がありたけの力をもってしても、その顎を開かせることはできませんでした。

    彼はその袖に首をつけたまま、小屋に戻りました。
    そこには、傷だらけ、血だらけの頭が胴に帰って、四人のろくろ首が坐っていたのですが、裏の戸口に僧を認めると、「僧が来た!」と叫んで反対の戸口から森の方へ逃げ出しました。

    東の方が白んで来て夜は明けてきました。
    囘龍は化物の力も暗い時だけに限られていることを知っていました。
    そして袖についている顔が血と泡と泥とで汚れた首を見ると、
    「化物の首とは、
     何というみやげだろう」
    と大声で笑いました。
    それからわずかの所持品をまとめて、行脚をつづけるために、徐ろに山を下りました。

    旅を続け、やがて信州諏訪にやって来ました。
    諏訪の大通りを、肘に首をぶら下げたまま、堂々と歩いていました。
    女は気絶し、子供は叫んで逃げ出しました。
    あまりに人だかりがして騒ぎになったので、捕吏(とりて)が来て、僧を捕えて牢へ連れて行きました。
    その首が人の首と考えられたからです。

    囘龍は、問われても微笑ばかりして何にも言いませんでした。
    一夜を牢屋ですごしてから、土地の役人の前に引き出されると、どうして僧侶の身分なのに袖に人の首をつけているのか、なぜ衆人の前で厚かましく自分の罪悪の見せびらかしるのか説明するように命じられました。

    囘龍はこの問に大声で笑うと言いました。
    「皆様、愚僧が袖に首をつけたのではなく、
     首の方から来てそこへついたので
     愚僧迷惑至極に存じております。
     それから愚僧は何の罪をも犯してはおりませぬ。
     これは人間の首でなく、化物の首でございます。
     この化物が死んだのは、
     愚僧が自分の安全を計るために
     必要な用心をしただけのことです。
     血を流して殺したのではございません」

    それから彼は全部の冒険談を物語って、五つの首との会戦の話に及んだとき、また一つ大笑いをしました。
    しかし役人達は笑いませんでした。
    むしろ僧が剛腹頑固な罪人で、この話は人を侮辱したものと考えました。
    それでそれ以上詮索しないで、一同は直ちに死刑すると決めようとしました。

    一人の老人が反対しました。
    この老いた役人は、審問の間には何も云わなかったのですが、同僚の意見を聞いてから、立ち上って云いました。

    「まず首をよく調べましょう、
     もしこの僧の云う事が本当なら、
     首を見れば分る。
     首をここへ持ってまいれ」

    囘龍の背中からぬき取った衣にかみついている首が、役人たちの前に置かれました。
    老人はそれを幾度も注意深く調べました。
    そして頸(くび)の項(うなじ)にいくつかの妙な赤い記号らしいものを発見しました。
    それから頸(くび)に、どこにも武器で斬られたらしい跡がないことを同僚に見せました。
    落葉が軸から自然に離れるように、頸の断面が滑らかだったのです。

    そこで老人は云いました。
    「僧の云った事は本当としか思われない。
     これはろくろ首でござろう。
     『南方異物志』に、
     本当のろくろ首の項うなじの上には、
     いつでも一種の赤い文字が見られると書いてある。
     そこに文字がある。
     その文字あとで書いたのではないとわかる。
     甲斐の山中には昔から、
     このような怪物が住んでいることはよく知られておる。
     しかし・・・」

    老人は囘龍の方へ向いて叫びました。
    「あなたは何と強勇なお坊さんでしょう。
     あなたは坊さんらしからぬ勇気を示しました。
     あなたには武士の風がありますな。
     たぶんあなたの前身は武士でしょう」

    「いかにもお察しの通り」と囘龍は答えました。
    「久しく弓矢取る身分であったが、
     その頃は人間も悪魔も恐れませんでした。
     当時は九州磯貝平太左衞門武連と名乗っていました。
     その名を御記憶の方もあるいはございましょう」

    その名前を名乗られて、感嘆のささやきが、その法廷に満ちました。
    その名を覚えている人が多数居合せたのです。
    それからこれまでの裁判官達は、たちまち友人となって、兄弟のような親切をつくして感嘆を表わそうとしました。
    恭(うやうや)しく国守の屋敷まで護衛し、そこでもまたさまざまな歓待饗応をうけ、褒賞を賜わり、ようやく退出を許されました。
    面目身に余った囘龍が諏訪を出た時は、このはかない娑婆世界でこの僧ほど、幸福な僧はないと思われました。
    首はやはり携えていました。
    みやげにすると戯れながら。

    さて、首はその後どうなったのでしょう。
    諏訪を出て一両日のあと、囘龍(かいりゅう)は淋しいところで一人の盗賊に止められて、衣類を脱げと命じられました。
    囘龍は直(ただ)ちに衣(ころも)を脱いで盗賊に渡しました。
    盗賊はそのとになってはじめて、袖(そで)にかかっているものに気がつきました。
    さすがの追剥(おいは)ぎも驚いて、衣を取り落して飛び退きました。

    「やあ、こりゃとんでもない坊さんだ。
     あんた、俺よりずっと悪党だね。
     俺も人を殺したことはあるが、
     袖に人の首をつけて歩いた事はない。
     よし、坊さん、
     あんた俺の商売仲間だぜ。
     その首はおれの役に立ちそうだ。
     人をおどかすのに使えそうだからね。
     だから売ってくれないか。
     俺の着物とこの衣を取り替えよう。
     首は五両出す」

     囘龍は答えました。
    「お前が是非と云うなら、首も衣も上げよう。
     だがこれは人の首じゃない。化物の首だ。
     これを買って困っても、
     わしのために欺(あざむ)かれたと思ってはいけないよ」

    「面白い坊さんだねえ」追剥ぎが叫びました。
    「人を殺してそれを冗談にしているのだから。
     しかし俺は本気だぜ。
     さあ着物はここ、金はここにある。
     首も下さいな」

    「さあ、受け取るがよい」と囘龍は言いました。
    「わしは少しもふざけていない。
     何かおかしいかといえば、
     お前がお化けの首を大金で買うのが
     馬鹿げていておかしいというだけさ」
    囘龍は大笑をして去りました。

    首を手にした後、盗賊はお化の僧のふりをして追剥ぎをして歩きました。
    しかし諏訪の近郊にきたときに、首の本当の話を聞いて、ろくろ首の祟(たた)りが恐ろしくなりました。
    そこでもとの場所に首をかえして、体と一緒に葬ろうと決心しました。
    彼は甲斐の山中の淋しい小屋へ行く道を見つけました。
    しかし小屋には誰もいませんでした。
    体も見つかりませんでした。
    そこで首だけを小屋のうしろの森に埋めました。
    それからこのろくろ首の亡霊のために飲食物を供えて経を読みました。

    このろくろ首の塚は、今ものこっていると、日本の作者は話しています。

     ****

    いかがでしたか?
    途中までお読みになってお気づきに成られた方もおいでと思います。
    これは小泉八雲の『ろくろ首』です。

    夏なので、今年も怪談をひとつと思って書き出したのですが、あまり怖くなかったですね。
    文章は、ねず式で少し原文を手直ししています。

    ちなみに「ろくろ首」には、二つの種類があって、首がどこまでも長く伸びる「ろくろ首」と、首がすっぽりと抜け出るのが「抜け首」があります。
    昔はこの2つは区別して呼ばれていたようですが、ごっちゃになったのは小泉八雲から?かもしれません。

    物語に出てくること囘龍(かいりゅう)磯貝平太左衞門の名は、赤穂浪士の一員である礒貝十郎左衛門から取ったともいわれています。
    赤穂浪士の磯貝平太左衞門なら、槍の遣い手。
    『忠臣蔵』ではたいへんな美男として描かれる人です。

    囘龍(かいりゅう)という僧名の「囘(かい)」という字は、「回」の旧字で、ものがぐるぐると回転する様子の象形文字ですから、囘龍は、龍がぐるぐる回っている姿を意味する法名なのですが、小泉八雲はそこに「因果はめぐる」という意味を重ねたのかもしれません。

    この因果観というのは、輪廻観が根底にあって、「すべては前世の原因に根ざして現在の結果が起きている」というものです。
    インド発のこの思想は実におもしろくて、時間軸も神々とともに一体であり、したがって肉体に宿った魂が、次に生まれてくるのは、もしかすると過去の時代かもしれない、と考えます。
    要するに「一方通行に進む時間軸」という概念がないのです。
    ですから現世においても、未来の原因が、いまの結果をもたらしている、という考え方も成り立ちます。

    魂は時間軸を超越するので、現代を生きた人が、おなくなりになったあと、昔の戦国時代に生まれることもあれば、豊かな縄文時代に生まれることもあるわけです。
    それぞれの時代において、もっとも自分を成長させることができる時代を選んで生まれてくると考えられたのです。

    また生きている間の時間軸も、たとえば浦島太郎が竜宮城で三年過ごして帰国したら何百年も経っていたというように、場所によって時間の進み具合が違うとされてきたわけです。
    さらに神々になると、何千年も前の神様が、いまも神社におわしたりする。

    つまり進む速度も方向も異なる時間軸が、幾重にも重なり、それがひとつに結ばれて現在を形成していると考えられていたわけで、このことは、つい何十年か前までは荒唐無稽なことと一笑されてきたことでしたが、昨今の理論物理学の世界では、まさにそれこそが量子の世界の特徴であると考えられるようになったし、江戸時代には、ごく一般的な常識に近いことがらとされていることでした。

    古いものを、上から目線で馬鹿にして、泣いて喚いて論点をずらして、いつの間にか被害者のポジションをゲットするというのは、まるでどこかの国のようですが、小泉八雲のように、謙虚に日本の古典を見直すとき、そこにはこれまで知り得ることのできなかった、論理的な世界が広がっているといえるのかもしれませんね。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。