«
»

正気を取り戻す

世の中に正しいことを打ち立てよう、正しいことをしようと思うなら、自ら正しくなければならない。
これは、ひとむかし前までの日本人なら、誰もが持っていたあたりまえの心得であり常識です。
仮に何かの大事業をなした人であっても、
「あの人は今の地位を築くために、それまでさんざん悪事を重ねてきたのだ」
と後世の人に言われてしまっては、恥の上塗りです。

勝てば官軍という言葉も明治にはいってからの造語です。
こと道徳面においては、明治新政府は徳川幕府の足元にも及ばない。
だからそのように新聞に書き立てられたわけです。
それは恥というものです。

こうした文化は、シラス統治と集団主義によって形成されたものです。
個人主義のもとで形成されることはありません。

シラス統治というのは、天皇という権力者よりも上位にある国家最高権威によって、国民が「おほみたから」とされる統治のことをいいます。
その「おほみたから」を預かる人たちは、常に人々の模範となることが求められます。
つまり集団を保持するためには、集団の長、とりわけ人々の上に立つ人々は、それぞれがまっすぐに正道を歩むものでなければならないとされたのです。

シラス統治がなければ、権力者は社会の頂点ですから、何をやっても許されるという考え方になります。
大統領府がむしろ積極的に裏工作を行うなんていうことさえも、現実化するわけです。
要するに勝てば官軍です。
どんなに悪事を重ねようが、勝てば良いということになる。

要するに、シラス統治という、世界的に見るときわめて特殊な統治が日本にあり、その日本社会が農本主義の集団であったことが、正しく生きる、正しいことをつらぬくという日本的思想を生んだのです。
このことは逆に言うと、シラス統治と集団主義のないところでは、「正しく生きる、正しいことをつらぬく」という思想は育たないということを意味します。

たとえば個人主義のもとでは、どんなに悪事を働こうが、勝てば官軍です。
その瞬間にいい思いをした者が勝ち組であり、上であると考えられます。
日本でも商家ではこの気風が強く、商売をしていれば儲けた者が勝ちです。
損をして店が潰れれば身代を失うのです。
それは仕方がないことといえます。

昔は「箱根の山には魔物が住む」と言われたものです。
これは箱根以西の文化が関東には入れないことを指して言った言葉で、利潤のためには少々のえげつない手口もやむを得ないとする商業文化が、関東ではたとえ商業であっても、正道が重視される。
ですから建前よりも実利を重んじる関西文化は関東では通用しないことを言った言葉です。

もっとも近年では、関東も関西もなくて、要するに儲けた者勝ち、正義よりも実利という考え方が主流になりつつありますし、そうした思想と個人主義は親和性が高いものであることから、個人主義=実利主義といった組み合わせになってきているわけです。

ところがシラス統治下の集団主義のもとでは、どんなに個人に利益があったとしても、どんなに実利があったとしても、どこまでも正道をつらぬくものでなければ、それは悪とされ、悪であれば、世間の信頼を失うとされます。

実は戦後、日本人の持つこの常識が、日本人のような顔をして日本語を話す日本人でない人たちによって悪用され、正しいことをしようとする人が、「じつはあの人は○○で・・・」などという陰口によって破壊されるということが頻繁に起こりました。
結果、日本的文化性をまったく持たず、恥ずかしいほどに個人の実利を追う日本人のような顔をして日本語を話す日本人でない人たちによって、まともな会社が乗っ取られたり、メディアの放送が歪められたりしてきました。

いま、さかんに道徳や修身教育を取り戻すことが言われていますが、道徳にしても修身にしても、もちろんそれらを教育に採り入れることには賛成ですけれど、日本的文化性をまったく持たず、恥ずかしいほどに個人の実利を追う日本人のような顔をして日本語を話す日本人でない人たちにとっては、そうした道徳性や責任性こそが、彼らの利益のために利用されるものとなってしまうということもまた事実であるように思います。

要するに、日本人が日本的文化を取り戻すためには、日本人があらためて「天皇の知らす国」であることを自覚し、個人の自由気ままよりも、集団性を重んじる社会体制を築いていかなければならないのではないかと思うのです。
これこそが「日本に正気を取り戻す」ということなのではないかと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。


「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
http://nezu621.blog7.fc2.com/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。