■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    乾 一宇
    乾 一宇
    元防衛研究所研究室長
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    茅原 郁生
    茅原 郁生
    中国安全保障
    濱口 和久
    濱口 和久
    防衛レーダー
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    岡田 真理
    岡田 真理
    フリーライター
    杉山 蕃
    杉山 蕃
    元統幕議長
    竹田 五郎
    竹田 五郎
    元統幕議長
    田村 重信
    田村 重信
    元自民党政務調査会審議役
    上岡 龍次
    上岡 龍次
    戦争学研究家
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    予測は外れたか?―G20におけるトランプ=習近平会談を、どう見るか?

     私は「予測的中!―米国の対中関税強化政策の影に何があるか?」という記事の中で、トランプ大統領は習近平との会談で、アメリカ国内の景気を守り来年の大統領選挙を勝ち抜くために、中国製品の多くに課した25%の関税を下げる代わりに、ハイテク技術面における国家安全保障のため、ファーウエイ社問題を含む技術摩擦に関しては、これからヒト、モノ、カネの交流を、より制限して行くだろうと述べた。

     しかし6月29日に大阪で行われたトランプ=習近平会談では、アメリカは今までの制裁品に掛けた25%の関税を下げないが、中国は大幅な米国製農産物の輸入を行う。その代わりに米国は、ファーウエイ社に対する米国企業の部品等の販売を認め、また中国人ハイテク専門家が米国内で働いたり研究したりすることが容易になるようにする配慮にも言及したという。さて私の予測は外れたのか?検証して見たい。

     ブルームバーグが6月29日に配信した“Huawei Lifeline Shows Trump Prefers Business Deals Over Cold War”によれば、トランプ大統領は米国企業のファーウエイ社への輸出に関し“国家安全保障に関し大きな問題がない装置”を検討すると述べている。また“これは契約の成立を意味しない”とも述べている。

     だが同記事によれば、アメリカの民主、共和両党の有力議員が、この交渉に強く反発し、大統領拒否権が使えない3分の2の多数を以って、ファーウエイ社への制裁法案を通そうとしているという。その理由は、私が「予測的中!―米国の対中関税強化政策の影に何があるか?」の中でも述べたように、中国による技術窃盗や特にハイテク関係企業への産業補助金の制度を止めさせる重要な交渉材料にファーウエイ社の問題がなっているからだという。

     しかし同記事によれば、アメリカ政府は中国製ハイテク機器の米国内での購入禁止命令を取り消した訳ではなく、またアメリカの技術への中国のアクセス制限の動きもある。そして約3000億ドル分の中国製品に掛けられた高関税も、そのままなのである。

     この特に最後の問題に関してトランプ政権内の対中タカ派は、トランプ大統領は米中間の技術や製品に関するサプライチェーンの切断に乗り出していると評価しているという。

    600

    (引用元:https://www.nytimes.com/2019/06/29/business/us-china-trump-trade-truce.html

      NYTが6月29日に配信した“A China-U.S. Trade Truce Could Enshrine a Global Economic Shift”によれば、この高関税率が数年続けば、グローバル企業は確実に中国から生産拠点等を撤退させるだろうという専門家の意見を紹介。そのためか同記事では、この度の首脳会談を中国にとっての“短期的成功”であると述べている。つまり更なる高関税を掛けられることなく、ファーウエイが必要とする米国製部品を買えるようになり、しかも知的財産権保護や産業補助金に対する国内政策の変更という中国が最も避けたい問題を先送りに出来た。

     しかし約3000億ドル分の中国製品に掛けられた高関税も、そのままなため既に一部の企業が生産拠点を中国の外に移転し始めているという。だが中国は膨大なサプライチェーンと熟練した労働力を備えており、そこで例えばアップル社は今からパソコンの生産拠点を中国に移す計画がある。やはり、この変化には数年は掛かるという別の専門家の意見も紹介されている。

    だが中国側には報復措置は出来ない。アメリカ製品に高関税を掛けたりすれば、それらの企業の製品を作っている自国の労働者を困らせることになる可能性が高いからである。

     つまりトランプ大統領としては、2020年の再選に向けて必要な、地方の農民票を固めるために、中国に莫大な米国製農産物を買わせることに成功し、かつハイテク問題に関しては、大きく譲歩したとは言えないのである。そしてNews Maxが6月29日に配信した“ China Trade Talks ‘Back on Track,’ New Tariffs on Hold”によれば、アメリカ半導体協会も今回の会談を歓迎する声明を出している。

     つまり今回のトランプ=習近平会談でトランプ氏は、地方の農民票とシリコン・バレーの双方を味方に付け、2020年の再選への重大な布石が打てたのである。

    しかしNews Maxの記事の中でも、この交渉は“停戦”であり、知的財産権保護や産業補助金の問題で中国が譲歩するまで、関税戦争等は続くだろうと予測。そして知的財産権の問題があるため、トランプ大統領の中国人ハイテク関係者へのビザ緩和に関しても、一部の国会議員から、新しい規制を求める声が上がっていることを紹介している。

     しかしトランプ=習近平会談の直前にNPRが配信した“FBI Urges Universities To Monitor Some Chinese Students And Scholars In The U.S.”によれば、昨年来FBI職員が、アメリカ大学協会に所属する大学を次々と訪問し、彼らがマークしている中国の企業や団体と接触のある特に理系の学生のキャンパス内の行動を監視するように促したという。そして今年の3月には、アメリカ教育評議会関係者70人に対し、ファーウエイ社を含む中国企業からの研究補助金を避けるべきだと、やはりFBI等の関係者が述べたという。

     これには法的拘束力はないものの、スタンフォードやMITといった著名な理系大学が既にファーウエイ社との共同研究を中止している。また中国人留学生のキャンパス内での監視は入学時から手作業による書類審査が必要になるためか、昨年7月以降アメリカの各大学で中国人留学生へのビザ発給が大幅に遅れているという。これと同様のFBI等との話し合いが、ハイテク企業等との間でも持たれているという。

     そして同記事によれば、2019年5月に中国人研究者へのビザ発給を拒否する法案が、米国議会に提出されているという。

    どうやら「予測的中!―米国の対中関税強化政策の影に何があるか?」の中で私が予測したことは、大きく間違っていたわけではないようだ。アクセントの違いというか…。

     トランプ大統領は関税を下げなくとも米国の農民やハイテク企業を味方に付け米国の景気を維持することに成功した。それでいて自国のハイテク技術が中国に奪われない色々の配慮が実はあった。ファーウエイが米国製部品を買うにも商務省の審査が必要だし、ハイテク技術者へのビザ発給も、FBI等を使って滞らせることも出来る。更には議会が立法で反対すれば、習近平との約束が守れなくともトランプ氏の責任にはならない。

     もちろんアメリカ政府は中国製ハイテク機器の米国内での購入禁止命令を取り消した訳ではなく、またアメリカの技術への中国のアクセス制限の動きもある。つまり5G通信技術で米国が中国を凌駕できる余地も広がっているのである。そして約3000億ドル分の中国製品に掛けられた高関税も、そのままなのである。その結果として米中間のサプライチェーンは、徐々に切断されつつある。

     どうやら私が『救世主トランプー“世界の終末”は起こるか?』(近代消防社)という書籍の中で予測した米中戦争が起きるのは、このサプライチェーン切断が完成し、5G通信技術で米国が中国より優位に立てる今から数年後―つまりトランプ政権2期目に起こるのかも知れない。


    「GII REPORT」より転載
    https://ameblo.jp/gii-report

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。