«
»

憲法9条はホルムズ海峡と国民を護らない現実を見よ

■重要性を理解しない政治家

 ホルムズ海峡でタンカー2隻が攻撃された。攻撃した犯人は現段階では不明。攻撃を受けたならば日本の政治家として対応に動かなければならない。何故ならホルムズ海峡は日本の生命線であり、日本のエネルギー資源の約90%を依存している。

 だが日本の政治家の多くが危機感を持っていない。それどころか、「海上自衛隊をホルムズ海峡に派遣する必要性がない」と言い出す政治家もいる。これでは日本国民の生命など考えていない証。

■無価値な憲法9条

 日本は憲法9条信者が多いが、この現実を見るべきだ。日本が憲法9条を口にしても外国は無視して動く。日本が憲法9条を記述していても、外国は無関係に攻撃する。憲法9条が素晴らしいならば、世界は既に受け入れている。現実はパワーバランスなのだ。

 タンカー2隻を攻撃した犯人が船を日本関係だと判って攻撃した場合は、日本の憲法9条は無価値だと証明する。犯人が憲法9条を知っているならば、日本関係のタンカーを攻撃しないはずだ。憲法9条は日本国民を護らない。これが現実だ。

■14世紀から変化した安全保障

 ヨーロッパの国家間の戦争は、14世紀までは地域限定だった。国家間が戦争しても隣国が影響を受ける程度。だが14世紀から帆船技術が向上し、帆船を用いた貿易圏が拡大する。

 15世紀になると帆船を用いた貿易は、ヨーロッパからアフリカまで拡大。同時に遠方の戦争が自国の国益に影響を受けるようになった。仮に遠方の戦争でも、帆船を用いた貿易により、間接的に利益を妨害されるようになった。だから遠方の戦争でも他人事ではなく、遠方の戦争に巻き込まれることが当たり前になる。

 遠方の戦争でも経済は無国籍。国境を超えて利益を左右するから、帆船貿易で自国の安全保障にも影響する。だからヨーロッパでは、遠方の戦争でも干渉と関与の戦略で対応するようになった。

 これは遠方の戦争国に政治で介入する干渉と、軍隊を投入して関与する戦略。この対応は現代でも使われている。だからヨーロッパ各国は、中東の問題でも干渉で対応する。だが日本の政治家は、タンカー2隻が攻撃されても干渉どころか距離を置いている。

 つまり日本の政治家の多くは、安全保障レベルは14世紀レベルか、もしくは14世紀でも対応できないレベルなのだ。これでは日本国民の生活など救えない。

■ホルムズ海峡が封鎖されたら

 ホルムズ海峡が封鎖されたら、日本の生命線を遮断されたことになる。日本のエネルギー資源の大半をホルムズ海峡に依存しているから、ホルムズ海峡は日本の生命線。だが日本の政治家の多くが安全保障など考えていない。

 ホルムズ海峡が封鎖されたら、日本に備蓄された石油資源だけで対応しなければならない。直ちに日本国民の命を脅かすことではないが、ゆっくりと日本国民の命を奪う。これが現実だ。

 電気エネルギーは原子力発電に依存するとしても、物流を担当するトラックは石油資源で動く。このため日本国内の物流が停滞する。これにより国内で生産される食料輸送が停滞する。つまり食料はあるが都市部に運べないことになる。

 実際に第2次世界大戦時の日本で発生した。アメリカ軍は機雷と潜水艦を用いて日本の海上交通路を遮断。これで日本は外部から石油輸入が減少。そうなると国内輸送すら困難になり、地方には食料はあるが都市部にはない現象が発生する。これで都市部の人間は飢えに苦しんだ。

 ホルムズ海峡が封鎖されたら現代でも同じことが発生する。基本的な軍事作戦では、制海権の獲得に半年から1年間必要とする。これが軍事作戦の現実。だからホルムズ海峡が封鎖されたから海上自衛隊を派遣しても遅い。今から海上自衛隊をホルムズ海峡に派遣する対応が必要なのだ。

■主導権を考えろ

 誰がタンカーを攻撃したかは謎。考えても価値はない。価値があるのは、「日本として何をすべきか?」なのだ。何故ならホルムズ海峡は日本の生命線。状況に合わせるのではなく、日本から生命線を守る行動を考えるべきだ。

国家の安全保障
1:国家の尊厳と独立が外交によって解決できない時は、軍事力を用いて国家の尊厳と独立を維持する。
2:国際社会に参加して国家の信頼を得ることで安全保障の環境を整備する。
3:軍事力を背景とした外交を目的として実行する。

 必要なのは日本の生命線である海上交通路を守ること。日本の安全保障としてホルムズ海峡に海上自衛隊を派遣し、付近の輸送船を各国と協力して護衛すべきだ。

■犯人探しは後で良い

 今必要なのは日本の生命線を守る海上自衛隊の派遣。海上自衛隊を派遣して輸送船を護衛する。これで日本国民の生活を守る事ができる。海上自衛隊の派遣は日本国民の生命を守るため。世界と協力すれば、日本は世界平和を維持する任務を行う。

 100通りの可能性を考えるよりも、日本は「状況に合わせるのではなく、日本の作戦方針を考えろ」。これならニュースに惑わされない。サッカーならばボールを操作して突き進め。これで敵味方はプレイヤーに合わせて動く。

■軍人の使命と任務

 各国の軍人は使命と任務で動いている。軍隊の使命(Mission)は国家・国民の防衛。しかし、特定の任務(Task)を与えられた時には任務の達成を優先する。

軍人の使命と任務
使命:国家・国民の防衛
任務:敵軍の撃破

 平時は各国の軍隊は協力して平和を維持する。これは国家の防衛であり国民の防衛。平時の軍人は集団的自衛権を用い、各国の国民の防衛を行う。これはテロ・ゲリラから集団的自衛権を発動して国民を護る。この時は国籍に関係なく全ての国民の防衛になる。これが軍人の使命。

 海上自衛隊をホルムズ海峡に派遣することは、日本国民の防衛だけではない。世界の経済圏で生活する民間人の防衛を意味する。海上自衛隊がホルムズ海峡で活動することは、国籍に関係なく民間人を護る活動になる。

 さらに海上自衛隊が外国の軍隊とホルムズ海峡を防衛することは、日本が世界に参加して世界に貢献することを意味する。日本の政治家は、このことを理解していない。

■ホルムズ海峡に海上自衛隊を派遣すべきだ

 タンカー2隻を攻撃した犯人探しは後で良い。真実は後に知ることができる。今は日本の安全保障と世界に貢献することを議論すべきだ。それは海上自衛隊をホルムズ海峡に派遣することだ。

 ホルムズ海峡が封鎖されてからでは遅い。今から海上自衛隊をホルムズ海峡に派遣して封鎖に備えるべきだ。備えあれば憂いなし。日本国民を護るのは憲法9条ではない。日本国民を護るのは自衛隊だ。

23

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。