«
»

気の毒な中国の若者たち

天安門事件の記憶が消え去ったわけではないのに、中国は天安門事件の再来を目指しているのか、と呆れてしまう。

一国二制度、などという難しい仕組みを取ってきた中国政府がいよいよ香港の直接統治に乗り出そうとしているのだろうか。
香港の若者が気の毒である。
多分、香港の行政長官も気の毒な一人。

香港の若者たちが声を上げるのは当然である。

まあ、日本政府としては迂闊に内政干渉的なことはしない方がいいが、人権侵害事案の発生については深く憂慮している、くらいのメッセージを出した方がいいだろう。

こういう時に、国連が正しく機能してくれればいいのだが・・。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

5

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。