■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    優勝カップに足をのせた韓国のサッカー選手を国際試合の出場停止に!

     6月1日に行われたパンダ杯の優勝チームである韓国がこともあろうに優勝トロフィーに足をのせて写真を撮った事件で謝罪をしたが、優勝をはく奪されたと韓国メディアが騒いでいるらしい。

     U-18のチームといえばこれから韓国サッカー界をけん引する若手の集まりのはず。

     彼らはサッカー以外のことは何も教えてもらえなかったのでしょうか。

     優勝トロフィーとは激戦を勝ち抜いた勝者だけに与えられる名誉ある賞品です。それに足を乗せるなど日本人の子供たちなら100%しないと思うし、もし不届き者がしようとしても周りが止めるのが普通です。

     今回はCHINAの国内で韓国の選手に非難轟々ということでCHINAの民度は多少上がってきたのかと思いきや、そうではなく韓国がどんどん落ちていっていることのようです。

     日本語では勝と負けは表裏一体のものであり、複数のチームが戦った場合、片方が勝者、もう一方が敗者にどうしてもなります。それを勝敗は時の運、勝っても驕らず敗者を思いやる気持ちを持ち、負けても卑屈にならずに勝者に素直に祝意を述べるのが美しいとされています。「惻隠の情」という美しい言葉もあります。

     これはCHINAでも、そして韓国でも当たり前とされてきました。

     ところが現代韓国では教育制度や社会が崩壊し始めているようです。社会秩序がどんどん崩れているように見えるのは私だけでしょうか。

     韓国には日本のような年金制度が充足されていません。いままでの儒教社会の老いた親を子供が見るのは当たり前という慣習が色濃く残り、親の面倒を子供が見るのは当たり前の世界だったからです。

     ところが、ここ数代の大統領の経済的失政により若者の失業率が10%を超えていて、学校を出てもまともな仕事がないどころかバイト先さえない状態です。文政権は最低賃金法を制定し、国民の生活を安定させようとしましたが、どの企業もそれに従うことはありません。

     そんなに最低賃金が高く設定されているのなら、雇わないのです。職がないから労働者は自分を安売りします。法で定められている最低賃金を下回っても働く人が続出し、すでにこの法律は有名無実になっています。

     日本でも山本太郎という三流の役者がにわか仕込みの経済理論を街頭で熱意をもって説明しています。ある日、その演説を聞いた私と同年代の立派な大人が「山本太郎に本気を見た」と書き込んでいるではありませんか。びっくりして、動画を何本か見てみました。

     与党の国会議員もこの人の演説力を学ぶべきです。聴衆のヤジや質問をこなしながら、難しい経済理論を易しくわかりやすく話しています。でも、その説自体が間違っているのです。

     景気を刺激して、国民の可処分所得を増やすのは良いのですが、景気が回復しても彼の言う原子力の即時廃止をしたら、日本国内の電力が不足し、それを賄おうとしたら巨額の国費が海外へ流出していくのです。お金が国内で還流するからこそ景気が上向きになりますが、お金がどんどん海外に垂れ流しになるのに、日本の経済が良くなるはずがありません。

     そんな基本的なことも分からずに、一所懸命経済理論を語っていますが、まさに画餅です。

     そして公務員を三倍にするとか、最低賃金を全国一律1500円などとばかなことを言っています。

     これが資本主義経済の需要と供給を無視すれば、意味がないことを文政権は実証してくれています。

     話を元に戻します。

     韓国経済はボロボロです。親の面倒も今の若い人は見れません。だから高齢者の自殺が急増しています。家でも社会にも高齢者の居場所がないのです。

     先人たちを尊敬できなくなった韓国の若者は、権威に対しての謙虚さが亡くなり、自分が強ければその強さだけを誇る原始的な野蛮人になっているのです。

     そして自分だけが正しいという学校の教科書で学んだことはしっかりと主張し、でも、大統領や既存の権威に対しては反発をします。

     つまり社会秩序が崩壊しているのです。その表れがサッカーの優勝トロフィーに対する下品な行動です。

     勝者こそすべて。何をしてもいいという思い上がり。

     自分さえよければいいという間違った認識。

     それにより国際社会でも文政権はつまはじきにされています。つい先日北朝鮮の金正恩の側近が処刑されたというニュースが韓国系の新聞から流れました。数日後、それがデマだとわかり、韓国のマスコミも世界からの信用を失っています。

     私は初め文政権だけが従北でおかしいのだと思い込んでいましたが、いまは韓国の社会自体が急速に崩壊しつつあると認識しています。

     トロフィーを足で踏んずけて写真を撮ることを周りの誰も止めようとしていない事実を見て、唖然としませんか?

     日本で努力している韓国の若者のなかには素晴らしい人材もいます。彼らは日本語を話すことで自分たちの社会に矛盾があることに気づいているのです。そういう人たちはきちんと評価すべきだと思っています。

     ただし、大半が特に日本語をしゃべらない若者は日本社会や国際社会を理解していない恐れがあるので雇用するのは要注意だと思います。

     明日は我が身かもしれません。日本のことを日本の若者にしっかりと教えていきたいと思っております。大人が民度を高く保つだけで若者のそれに従ってくれます。

     そのためにはもっと精進せねばと反省しております。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。