■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    AAA浦田容疑者の不誠実な謝罪会見にファンから怒りの声続出

     芸能人のスキャンダルは絶えないということを改めて感じさせられる4月。麻薬所持の疑いでピエール瀧容疑者が逮捕されたという話題が冷めやらぬ内に、今度はアーティストグループ「AAA」(トリプルエー)のリーダーである浦田直也が逮捕されました。釈放され、謝罪会見を開きましたが、腑に落ちない会見内容に私だけでなくファンからも疑問の声が上がっています。

    金髪白Tシャツから一変、黒髪、黒スーツ、黒縁めがねで謝罪

     浦田容疑者は19日午前5時頃、都内のコンビニエンスストアで、面識のない女性に「飲みに行こう」と誘い、断られたとして平手打ちで頬を叩き、女性が通報。浦田容疑者は18日の午後7時から明け方4時まで、ワインやウイスキーを20杯以上飲み続けており、そうとう酔っていた状態でした。コンビニの防犯カメラにも平手打ちをしていた様子が映っており、さらには拘留先の警視庁月島署によると逃げる女性を執拗に追いかけて蹴っていたということです。

     AAA公式サイトでは浦田容疑者の逮捕当日、「応援して頂いている皆様並びに関係各位の皆様」と題して、「皆様におかれましてはご心配をお掛け致しまして誠に申し訳ございません」と謝罪文を掲載。21日には浦田容疑者本人が謝罪会見を開きました。月島署から送検される際は、金髪に白いTシャツ姿でしたが、会見の場には黒髪に黒のスーツに黒縁めがねをかけて登場。約15秒頭を下げて、謝罪の言葉を口にしました。

     「このたびは私のあってはならない行動により被害者の方に大変なご迷惑をおかけしたことを心よりおわび申し上げます。大変申し訳ございませんでした。自分の立場があるのに泥酔をし、記憶をなくすまで飲み、あってはならない行動をしたことを本当に心から反省し、心からお詫び申し上げます。申し訳ございません」

     と、謝罪の言葉を述べる間に2回深々と頭を下げました。それから報道陣からの質問を受け、事件当日から警察署に向かうまでの経緯を話していましたが、泥酔した後は19日のお昼頃、自宅で目が覚めた以降からしか記憶がなかったといいます。20日の朝に警察が自宅を訪ねてきた時、暴行をしたことを覚えているかと聞かれましたが、「記憶にありません、酔っていたので分かりませんと、正直はっきりお答えしました」と話していました。記者から本当に覚えていないのか聞かれると、「全く、本当になく、何のことを言われているのか、何をやってしまったのか分からなかった。お酒を飲んでいて楽しい時間を過ごしたはずだったのに、どうしてこんな事態になっているのか分からないという状態だった」と淡々と答えていました。

     また、友人といる時から記憶がなく、いつ帰ったのか記憶がなく、どういう状態だったのか記憶がないとし、どこのコンビニエンスストアだったかも分からない、とにかくお店で飲んでいるところから一切記憶がないと、そうとう泥酔していた状態を主張するように話していました。

     浦田容疑者は今後の活動について、「今は活動を自粛して謝罪の気持ちを皆様に伝えていきたい」としており、引退については「この先の状態は今はまだ考えられる状態じゃない」と、引退の意思は示していませんでした。

     記憶がないままどうやって反省するのかについては、「記憶がないと言ってもやってしまったのは自分なので、記憶がないからと言って分からないではなく、責任を取ってしっかり謝罪をして、被害者の方に申し訳ない気持ちをもつことが大事だと思います」と答えていました。

     浦田容疑者の言う謝罪、責任を取るということは活動自粛で、被害者の方やメンバー、ファンに対しても同じく「申し訳ない」という気持ちを持つということですが、記憶がないことを強調するあまり、反省や謝罪の言葉が空虚に感じられます。引退についても今はまだ考えられないと明言を避け、終始堂々とした態度ではきはきと応答し、「ただ申し訳ないという気持ちでいっぱいだ」と繰り返す姿を見て、本当に反省しているのか疑問に思うところもありました。

    不誠実な謝罪会見に、ファンを二度裏切ったと怒りのコメント多数

     浦田容疑者の逮捕、謝罪会見を受け、本人のSNSには、ファンからの怒りのコメントが多数寄せられています。

     「酔ってて覚えてませんなんて通用しない。メンバー3人がツアー中なのにリーダーが逮捕。プロ意識無さすぎです。AAAは好きだけど、それとこれとは別。今までも色々問題起こしてたし、いつか大事になるような事にならなきゃいいと思ってたけど、とうとうやらかしましたね。ガッカリです。でも人間だし間違えは誰にだってあります。間違えましたで済むような話じゃないけど、どうか反省して帰ってきてほしいです。ファンもそうだけど、メンバーが一番辛いと思う。他のみんなが心配です」

     「浦田直也のファンだから、あえてきつく言います。浦田直也逮捕なんだから、信じて待つのは甘い。浦田直也が、したことでAAAの価値は、地に落ちた。アリーナツアーのチケット取れた他のメンバーのファンの気持ちも知って欲しい。逮捕されたら、今まで積み上げた物すべてが、無になるって事を浦田直也が自覚するべきだ」

     「取り返しのつかない事をしたのに、ニヤニヤしながら記憶に無いから分からないの一点張り。自粛とか甘えたこと言ってる時点でもうダメ。そもそも自粛で済む事じゃないのに、自粛しとけばいいんでしょ、くらいにしか考えてないような態度に見えました。あんな酷い謝罪会見初めて見たし、ガッカリしました」

     「あんなニヤニヤくだくだで、覚えてないしか答えられないような会見する必要がなかった。謝りたい気持ちが伝わってこなかったし、幼稚な謝罪内容だったと、本当に心底見損なった。自分の身勝手で起こした罪の謝罪を聞くために、集まった記者の方にも失礼だし、被害者への謝罪に対しても本当に不誠実だった。やっと本人から事件について話してもらえると待っていたファンを二度裏切ったようなものだ」

     浦田容疑者を「反省して、戻ってくるのを待っている」というファンもいる一方、このように厳しいコメントを投稿するファンも多くいました。

     ファンからのコメントを通して、謝罪会見で感じていた違和感が何なのか分かりました。あまりにも堂々とした態度で、反省、申し訳ないという言葉を使いながらも形だけに見えたのは、活動自粛して当分大人しくしていれば時間が解決してくれるだろうという浦田容疑者の不誠実さ故なのでしょう。記憶にないということを強調していた裏には、お酒で酔ったあの時の自分は悪いけど、酔っていない今の自分は悪くない、ファンがいるからいつでもAAAに戻れる、メンバーも理解してくれるだろうという安易な気持ちがあったように見えてしまいます。

     本当に反省しているなら、記憶がないといえども、思い出そうとする姿勢を見せたり、記憶を取り戻したいと願ったりと、後悔の色をもっと濃く見せれば多少は反省が伝わったのではないでしょうか。後悔をしている様子が見られなかった点が、ファンを憤らせた原因だったと思います。今後、浦田容疑者の戻る場所はあるのか、メンバーやファンは許せるのか、活動自粛の間に浦田容疑者には心の底から反省してもらいたいものです。

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。