■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    ラブライブが乗っ取られた!「上野かほ」の目的はいたずらか金銭か?

     見たことも聞いたこともないニュースが目に飛び込んできました。それは「ラブライブが乗っ取られた」というもの。「ラブライブ!」とは、統廃合の危機に瀕している高校を舞台に、9人の女子高生がアイドルになって知名度を上げることで、廃校を阻止しようとするストーリーです。始まりは雑誌でしたが、そこからアニメやゲーム、さらにはキャラクターの声優が実際にアイドルユニットを組んで活動するようになり、二次元から三次元まで幅広く楽しめることで人気を集めています。その、アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが、4月5日に改ざんされ、閲覧できなくなりました。誰が、何の目的で行ったのか、謎だらけです。

    ラブライブは我々が頂いた!

     4月5日のアニメ「ラブライブ!」の公式サイトは真っ白なページの上に、以下のような文言が表示されていました。

    「ラブライブは我々が頂いた!
    我々がラブライブを入手する際、手の込んだプログラミングを行ったり、
    こっそりとデータを傍受したりする必要はなかった
    我々の方法は、移管オファーを行い元所有者が移管オファーを承認しただけだった
    元所有者はこれだけであっさりと、ラブライブを、我々へと移管してしまった」

     プログラミングや移管について詳しく知らないので、何のことやらさっぱり分からなかったのですが、どのようにしてサイトを乗っ取ったのか、調べていく内に意味が分かってきました。

     そもそも、サイトを乗っ取り、改ざんするには、何をする必要があるのか。上述した文言にも書いてあるように、高度なプログラミングや、データを傍受したりする場合もあるようです。しかし、乗っ取りの犯人はそれをせず、文言にもあるように、「移管オファー」を行ったということです。つまり、元々の所有者にサイトの住所である「ドメイン」を、移管要請したということです。

     ドメインとは、アニメ「ラブライブ!」のサイトの場合、「LOVELIVE-ANIME.JP」の情報のこと。元々は「サンライズ(SUNRISE INC.)」が所有していました。ドメインの取得代行や、ドメインを管理する事業者は多く、ドメインの管理を他の事業者に引き継ぐことをドメイン移管といい、一般的に利用されている手法です。乗っ取り犯は、移管オファーを行って、元所有者が承認したことで、犯人側に移管されたと文言に書いていましたが、そうであるなら元所有者のサンライズの責任にもなります。

     ドメインの末尾に「.jp」がつく、全てのドメインの管理会社である「日本レジストリサービス」によると、今回のドメイン移管について手続き上の問題はなかったとしています。サイトが改ざんされた理由や経緯は分からないとしています。

     「日本レジストリサービス」の規定で、移管要請を受けて、要請に気付かないまま10日が過ぎた場合、自動的にドメイン移管を承認したとみなされます。そのため、ネット上では、サンライズが要請を見逃していたか、もしくは、誤って承認してしまったかという可能性が高いとされています。もしそうであるなら、犯人を罪に問うのは難しいでしょう。そもそも誰でも移管要請ができるようにされているのが問題なので、今回の場合は、管理会社や、サンライズに責任があると思われても致し方ないのかもしれません。

     現在、ドメインは元に戻され、公式サイトは復活していますが、サイトにいくとまず、「安全確認中のため、サイトを一時的に非公開とさせていただきます」という文字と共に、「ラブライブ!」シリーズの最新情報を閲覧できるサイトのリンクが貼られています。犯人は何が目的で、どのようにしてドメイン移管を行ったのか、詳細は調査中のためということで、まだ明らかにされていません。

    犯人に怒りの声! 「ラブライブは皆のもの!」

     ネットの情報は凄いもので、犯人の名前は特定されました。とはいえ、本名ではなさそうですが。どのようにして犯人の名前が分かるかというと、ドメインには所有者の情報を調べる「WHO IS 検索」というシステムがあり、そこで所有者の名前や情報を知ることができます。現在のドメインで検索すると、登録者はサンライズとなっていますが、乗っ取りをされていた時のドメインで調べた際には、「上野かほ」という名前や、住所や電話番号などが記載されていました。しかし、このシステムには、自分の住所や電話番号に代わって情報を公開する公開代行サービスがあり、「上野かほ」という人物もそれを利用しているため、実際の情報は不明です。乗っ取った際の文言の中で、「我々」と記載されているので、個人ではないのかもしれません。

     ドメインは、世の中に広く浸透している言葉が含まれていると、検索でヒットしやすくなり、アクセスが伸びることもあるので、所有者が売買されているようです。このことから、「上野かほ」は、金銭目的で乗っ取りを行ったのかもしれないと予想できます。いたずら目的なのか、ラブライブのアンチでファンへの嫌がらせなのか、はたまた好き過ぎて独占したかったのか、真相は分かりませんが、様々な予想が立てられます。ツイッター上では、今回と同じように、自分が所有しているドメインに「上野かほ」から移管申請がきたという投稿もあり、「.jp」を狙って、他のドメイン所有者にも移管要請を出している可能性が高いと見られています。

     ラブライブのサイトが乗っ取られたことを受けてツイッター上では、犯人に対する怒りの声が上がっています。

    「ラブライブの公式サイト見ようとしたら開けないから、ツイッター公式見たら乗っ取られてた… 怒りしか無い…」

    「スクフェス6周年近いのに本当ひどいな。運営頑張れよ」

    「ラブライブの公式HP乗っ取られたってウソやろ。これってセキュリティーの問題なん?」

    「なんでこんなことするんだか……普通に犯罪案件」

    「ライバーからしてみたら非常に迷惑。 こんな事をするならオタクをやめてもらいたい」

    「『我々が頂いた』って、ラブライブはファン皆のものなんですけど!」

    「本当に迷惑だから辞めてほしい。度が過ぎている」

    など、ファンからすれば迷惑この上ない公式サイト乗っ取りに、怒りの声と共に、運営側を励ますツイートが投稿されていました。

     移管申請が簡単にでき、10日で自動的に承認されるとは思わなかったので、やろうと思えば誰でもこのようなことができてしまう落とし穴がネットには潜んでいることに気付かされました。サイトの運営側や、「.jp」の管理会社はその点をきちんと考慮して、対策を立ててもらいたいものです。迷惑行為を阻止することができるのか、専門的な知識がないのではっきりしたことは言えませんが、さらなる被害が出ないことを願うばかりです。

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。