■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    忠犬ハチ公と日本型循環経済モデル

    東京・渋谷駅の待ち合わせ場所としても有名なハチ公前広場。
    そこに置かれているのが、忠犬ハチ公像です。
    秋田犬のハチは、飼い主が死亡した後も、駅前で飼い主の帰りを待ち続けた「忠犬」として知られ、最近ではその物語がハリウッドでリチャード・ギア主演で「HACHI」という映画にまでなりました。
    近年では、その影響からかフィギュア・スケートのアリーナ・ザキトワ選手が愛犬として飼い始めたことでも一躍有名となり、またプーチン大統領の愛犬もまた秋田犬です。

    さて、忠犬ハチ公の物語ですが、これは実際にあった出来事で、渋谷に住んでいた東大農学部教授の上野英三郎(うえのひでさぶろう)博士と、その愛犬ハチの物語です。

    上野博士は、三重県津市のご出身で、生まれが明治28(1895)年。
    東大農学部を卒業後、東大大学院に進学し、そのまま東大教授にまで栄達した逸材です。
    その上野博士が専門としたのが「農業土木」で、各個人がそれぞれ所有する農地を合算して広大な農地とすることで、農業生産を担う集団的経営体の育成を図りながら高生産性農業の展開に必要となる生産基盤を整備し、食料自給率の向上に資するというものでした。

    現代でもそうなのですが、世界の一般的経済モデルは「労働によって得た財を、労働者を所有する者が蓄える」というものです。
    少し考えたらわかることですが、この経済モデルは、一方通行的に富が集められ集積されますから、常に新たな富を生産し続ける必要があります。
    生産だけで間に合わなければ、さらに収奪が必要で、このことがかつては植民地支配につながっていたし、現代においても先進諸国の富のために、多くの資源国は途上国と呼ばれ、貧困が支配しています。

    これに対して日本型経済モデルは「労働によって得られた財を、みんなで合算してみんなのために遣うことで経済を回す」という経済モデルです。
    この場合、収奪の必要がないばかりか、循環によって生産性や人々の生活の安全性が向上し、居住者全員が利益の分配にあずかることができることになります。
    一億総中流などといったものも、こうした循環モデルが基礎になります。

    上野博士は、こうした日本型経済循環モデルを、農業政策に活かそうとしたもので、古い言葉ではこれを「田頼(たより)」と呼んでいたものです。
    そして上野博士の愛犬だったハチは、実はそうした日本型経済モデルの象徴です。

    プーチン氏や、リチャード・ギア、あるいはザキトワが秋田犬を飼うのは、単に秋田犬が可愛いとか利口だということだけではないのです。
    ハチが象徴しているのは、忠犬ということだけではなくて、実はその後ろに日本型経済モデルによる民衆の明るい暮らし(昔はこれを「明るい農村」という言葉で表現しました)という文化性があるからなのです。
    (単に外見がカッコいいとか可愛いというだけなら、他に優れた犬種がたくさんあります。)

    もっというと、「農業土木」というのは、農地の区画整理、用排水施設、農道、客土、暗渠排水路の設営、共同経営隊の組成と運営と非常に広範なものです。
    それらを総合的事業としていくのに際し、単にお金持ちである上の人にこれを要求する、あるいはお金を出してくれる人を自分たちの選挙で選ばなければ、一方通行型経済モデルでは工事のための資金が出ません。
    昨今の日本でも、これらの工事はあくまで、政府や行政が予算を付けてくれなければ、誰も工事を行うことができない。

    ところが日本型経済循環モデルでは、地域住民の人々が、自分たちでこれらの工事を推進することが可能になるわけです。
    そして上野英三郎博士は、この分野における草分けとなった方です。

    この農業土木の分野を創設した上野博士の教え子は3000名を超えます。
    そしてこの思想は、高橋是清の積極財政出動による農業振興政策にも応用されることになりました。

    その上野博士は、大正13(1924)年に購入したのが秋田犬です。
    彼はその犬に「ハチ」と名付けたわけですが、これまた実に不思議な取り合わせです。
    おそらく名付け親となった上野博士自身も意識はしていなかったことと思いますが、一字一音一義の大和言葉で、
    「ハ」は端と端が引き合うこと、
    「チ」は凝縮
    を意味するとされます。
    つまり上下心をひとつにして、力を合わせて末広がりな幸せを築くのが「八(はち)」です。
    ハチ公の名前は、まさに上野博士の学問そのものを凝縮した名前になっているわけです。

    元来犬好きだった上野博士は、ハチをことのほか可愛がったそうです。
    そして可愛がられたハチは、上野博士が出勤する際、いつも博士を渋谷駅まで見送りに行くのが日課となりました。

    ところが飼い始めた翌年の5月21日、いつものように見送った博士が、大学の教授会の会議中に脳溢血で倒れ、そのまま急逝してしまうのです。
    いつまでも帰らない主人を待って、ハチは3日間も何も食べずに、渋谷の駅前に博士を迎えに行きました。
    25日には、上野博士の通夜が松濤の上野宅で行われたのですが、その日もハチは上野博士を迎えに、渋谷駅まで行き、駅から降りて来る人々の中から、博士の姿を探しながら、じっと博士の帰りを待ちました。

    主人を失った上野家は、松濤の家を引き払い、ハチは日本橋にある上野博士の奥さんの親戚の堀越宅にもらわれることになりました。
    ところがハチはなかなかその家になつかない。
    やむなくハチは、浅草の親戚に引き取られることになるのですが、そこからも脱走して、渋谷まで一匹で行ってしまうのです。

    そこで上野宅に出入りしていた植木職人の小林菊三郎さんに、ハチは面倒をみてもらうことになるのですが、ハチは、代々木にある菊三郎さんの家から、毎日、渋谷駅まで上野博士を迎えに行ってしまう。
    そして腹が減ると、菊三郎さんの家に帰り、食事を済ませるとまた渋谷へ、という日々が続きます。

    このときハチは、渋谷駅に向かう途中で、必ず旧上野宅に立寄り、中をのぞいていたそうです。
    こうして渋谷駅前で、ハチの姿が毎日見られるようになりました。

    ところが、人なつっこいハチは、しばしば通行人に棒で叩かれたりしていじめられます。
    あるときは野犬捕獲人に捕まりました。
    あるときは渋谷駅の小荷物室に勝手に入り込んで、駅員に追われました。
    あるときは子供のいたずらなのでしょうか、顔の目のところに丸く墨で書かれたり、八の字髭を書かれたり(これにはみんな笑ったそうですが)などもしたそうです。

    いちばん辛いのが、渋谷駅前の露天の屋台のお客さんや、屋台のオヤジさんから、商売の邪魔だと棒でひっぱたかれたりしたこと。

    そんなハチの姿をみかねて、日本犬保存会初代会長の斎藤弘吉さんが、ハチの悲しい事情を人々に知らせようと当時の朝日新聞に「いとしや老犬物語」という記事を寄稿したのが、上野博士が亡くなって8年が経った昭和7(1932)年のことでした。

    290

    写真にある通り、この記事は大きく取り上げられたのですが、この記事のハチの写真が、耳が垂れていることから、記者が間違って「雑種」と報道してしまいます。
    このため事情を知る人や、秋田犬好きな方々から、新聞社にたくさんの投書が寄せられ、新聞社がその訂正記事を載せたことから、逆にこれが宣伝効果となってハチは人々から可愛がられるようになります。
    「忠犬ハチ公」というあだ名も、このころにつけられました。

    ハチのひたむきに主人を思う姿は、多くの人の心を打ち、翌昭和8(1933)年には、ハチの銅像を造ろうという話が持ち上がりました。
    そして全国の小中学校で寄付が集められました。
    おもしろいのはこの頃ハチの物語がアメリカでも紹介され、アメリカの小中学校からもたくさんの寄付が届けられたことです。

    ハチの銅像は、彫塑家の安藤照さんという方によって造られました。
    安藤さんはアトリエが渋谷区初台にあり、当時のハチの飼い主である小林さんの家と近かったのです。
    銅像を造るため、小林さんは毎日安藤さんの家に通ったそうです。

    この銅像が渋谷駅前に飾られると、駅の近所では、「ハチ公せんべい」「ハチ公チョコレート」などが販売されるようになりました。
    そしてハチは、文部省の尋常小学校修身書の小学2年生の教科書にも掲載される。

    290-2

    尋常小学校二年修身教科書

    さて、昭和10(1935)年3月8日、ハチは渋谷駅の反対側の稲荷橋付近で、ひっそりとその生涯を閉じました。
    享年13歳でした。
    死因はフィラリア病がハチの心臓にまで達したこと。
    ハチの胃の中には、焼き鳥の串が数本、胃につきささっていたそうです。

    ハチが旅立ったあと、渋谷駅には、多くの人が押し寄せて盛大な葬儀が執り行なわれました。
    そしてハチの遺体は、上野博士の眠る青山墓地に埋葬されました。

    ハチの像は、その後、昭和19(1944)年、戦時中の金属回収運動の中で回収され、溶解されてしまいました。
    現在のハチ公像は、昭和23(1948)年に、安藤照さんの息子さんがあらためて作りなおしたものです。

    こうしてハチは、いまも渋谷駅前で、主人の帰りを待っています。

    戦後の日本人が忘れているもの。
    それが「忠」です。
    「忠」は、真ん中の心と書きます。
    自らの心の中心に置くもの。それが「忠」です。
    そしてハチが象徴している「忠」は、上野博士の日本型循環経済モデルを中心に据えるものでもあります。

    いまも渋谷駅前で主人の帰りを待つ忠犬ハチ公の姿は、単に上野教授を待っている姿なのではなくて、上野博士の日本型循環経済モデルの復活を待つ姿なのかもしれません。

    さて、ハチは、亡くなったあと、剥製となって国立上野科学博物館に展示されています。
    ところがこのハチの剥製、なぜか国立上野科学博物館の動物コーナーに展示してあり、ネームプレートに「秋田犬ハチ」と書いてあるだけです。
    以前は、きちんと由来の説明書きが添えてあったのです。
    けれどいまでは、ただ名前が書いてあるだけです。

    なぜ国立上野科学博物館は、ハチの由来を撤去したのでしょうか。
    なぜハチは、忠犬ハチ公ではなくて、「秋田犬ハチ」なのでしょうか。
    こんなところにまで、日本破壊の魔の手が伸びていると思うと、ぞっとします。

    最後にもうひとつ。
    ザキトワさんもプーチンさんも、ともにロシアの人であり親日家として知られる人です。
    彼らが日本を慕ってくれるのは、日本が軍事的に強いからでも経済力があるからでもありません。
    循環経済モデルによって、国民みんなが幸せに生きるための知恵が日本に備わっているからです。
    肝心の日本人が、そのことをすっかり忘れています。
    それはとっても残念なことです。

    お読みいただき、ありがとうございました。
    ※この記事は2012年3月の記事のリニューアルです。


    「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。