«
»

自助の精神が日本を育む

 池田成彬(いけだしげあき、1867年〜1950年)という人がいました。
山形県米沢市の出身の人です。
 池田成彬の父の池田成章(いけだなりあき)は、上杉家の江戸留守居役を勤めた人で、明治維新後には、三井財閥筆頭常務理事、大蔵大臣を歴任しています。

池田 成彬(いけだ しげあき、慶応3年7月16日(1867年8月15日) - 昭和25年(1950年)10月9日)は、戦前の政治家、財界人。第14代日本銀行総裁、大蔵大臣兼商工大臣、内閣参議(第一次近衛内閣・平沼内閣・第2次近衛内閣)、枢密顧問官(東條内閣)、三井合名会社筆頭常務理事(事実上の三井財閥総帥)を歴任。平沼内閣が潰れると、元老・西園寺公望から首相打診があったが陸軍が阿部信行を推したため立ち消えとなり「幻の首相」となった。 『成彬』は故実読みで「せいひん」とも、晩年の質素な生活から「清貧」とも呼ばれた (ウィキペディアより)

池田 成彬(いけだ しげあき、慶応3年7月16日(1867年8月15日) – 昭和25年(1950年)10月9日)は、戦前の政治家、財界人。第14代日本銀行総裁、大蔵大臣兼商工大臣、内閣参議(第一次近衛内閣・平沼内閣・第2次近衛内閣)、枢密顧問官(東條内閣)、三井合名会社筆頭常務理事(事実上の三井財閥総帥)を歴任。平沼内閣が潰れると、元老・西園寺公望から首相打診があったが陸軍が阿部信行を推したため立ち消えとなり「幻の首相」となった。
『成彬』は故実読みで「せいひん」とも、晩年の質素な生活から「清貧」とも呼ばれた
(ウィキペディアより)


 池田成彬(しげあき)は、その長男で、ハーバード大学を優秀な成績で卒業し、帰国後は三井財閥の総帥、日本銀行総裁、枢密院顧問官、そして昭和13(1938)年には、大蔵大臣兼商工大臣を勤めました。
長年にわたり政財界のトップを歩いた人ですが、身辺は実に質素で、「成彬」と書いて「せいひん」とも読めることから、自らのあだ名を「清貧」としていました。

 その池田成彬、三井財閥の常務理事となったとき、
「役員は働いている人を選任すべき」
として、三井直系会社の社長・会長に身を置く三井一族を引退させただけでなく、国家への報恩と大衆との共存共栄のためにと、当時のお金で三千万円(いまの貨幣価値だと数兆円)を拠出して、失業対策や風水害対策、研究施設など多岐にわたって、寄付活動を行っています。
 それでいて三井財閥の業績をさらに伸ばしているのですから、その手腕たるや推して知るべしです。

 その池田成彬の若い頃の逸話があります。
 
 慶應義塾大学の学生だった池田成彬は、ある宣教師から「奨学金をつけてあげるから」と、米国ハーバード大学への留学をすすられました。

 よろこんで渡米してみると、支給する奨学金はないという。
「まず一年間勉強して、良い成績をとってください。奨学金の話はそれからです」というのです。
 それならそれで日本出国前にそのように言ってもらえればなにがしの準備ができたのに、米国本土に降り立ってから、いきなりそのようなことを言われても困ったものです。

 池田は、学生食堂で、友人達が食事をしているのに給仕をしたり、先生のために図書館へ行って本を取って来たり、スクールボーイとしての毎日を送りました。
帰国するお金もありません。
貧乏のどん底生活をしていたら、ある日、見るに見かねて援助をしようというアメリカ人が現れました。

池田成彬はどうしたでしょうか。

はじめに次のように聞いたそうです。
「なぜあなたはお金をくれるというのですか?」
「君があまりに貧乏で見ていられないからだ」
池田は答えました。
「それでは困る。
 頭が良いからだと言ってくれ」
「それはまだ分らない。
 一年たって試験の成績を見なくては言えない」

結局、池田成彬は、
「貧乏が理由で
 他人から金をもらっては
 物乞いになる。
 自分は米沢藩の家老の息子で、
 もとはといえば武士である」
と、奨学金を断りました。

 「天は自ら助くる者を助く」とは、英国のサミュエル・スマイルズの「自助論」の序文にある言葉です。
そうした志と意思は、池田成彬ひとりにとどまらず、近代までの日本人にとって、空気のようにあたりまえのものであったといえるものです。

 大東亜戦争で廃墟と化した日本は、アメリカから「ガリオア・エロア資金」で復興の一歩を踏み出しはじめました。
 この資金は「無償供与」ということでした。
けれど米国は後年、この無償供与だった資金の返還を日本に求めました。
日本は、アメリカの変心に恨み顔のひとつも見せず、多少の減額の交渉はしたものの、結局昭和48年までにすべてのお金を返済し終えています。

 昨今、義務教育だからと言って子供の給食費を払わない親がいるそうです。
年間、30億円近い未納金となっているのだそうです。
給食費未払い、不正生活保護受給などなど、こういう乞食根性の輩が増えて来ると大変なことになってしまいます。
米国がアフガニスタンから撤退する理由は、財政難でもなく、兵隊の士気の低下でもなく、支援の名の下にアフガニスタン人の人々に「もらい癖」が高まったためだそうです。

 日本の周りには、「貰えるものは、歴史や事実を捏造してでももらう」ことを繰り返す国があります。
 「自助の精神」がなければ、いかに経済発展や軍事力の強大さを誇って見せようと、日本の成功と同じ成功は望めるはずもありません。


「ねずさんのひとりごと」より転載
http://nezu621.blog7.fc2.com/

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。