■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    またもフェイク、桜田五輪相の発言を意図的に炎上!

     最初のニュースを聞いた時には、この桜田オリンピック担当大臣の言葉の思いやりのなさに無性に腹が立ちました。

     「がっかりした」などの切り取り発言で私も乗せられてしまいました。それほど池江選手の白血病という病名の重さにびっくりしたのです。日本水泳界のエースともいえる池江選手のこの発表は彼女をはじめとする日本選手団を応援するすべての日本人の心配事になっている最中でした。

     そういう時にこのような切り取り報道です。

     詳細はいろんなところで出ていますので、そちらをお読みください。

     桜田大臣の発言は全部読むと何の違和感もなく、本当に池江選手のことを心配していることが伝わります。

     しかし、記事の切り取り方によって、全国民を敵に回すようなことになるという典型的な例です。

     そこで私は一つの提案をしたいと思います。

     このような飛ばし記事を書いた記者とそのデスクを公の場に晒し、謝罪させるべきだと思います。

     日本中が池江選手のことを心配している中で、大臣の発言を意図的に切り取って、政権批判につなげようとした罪は大きいと思います。これももしネットという代替の情報伝達媒体がなかったら、一大スキャンダルとして桜田大臣はオリンピックを前にして更迭されていたかもしれません。

     私もこの大臣は辞めるべきだとその時は思いました。

     しかし、事の全貌がネットによって明るみになるとこの悪質な切り取り記事が及ぼす影響の大きさが浮き彫りになってきました。さらに桜田大臣も謝罪をしているために、なおさら嘘を信じてしまったのです。

     そろそろこういうフェイクニュースに対してきちんと対処をしなければならないと思います。

     報道の自由があります。私もそれを認めます。ただし公の報道機関の責任はきちんと持つべきです。

     大事故が発生し、情報が錯綜する中で不完全なニュースを流すのと訳が違います。

     この大臣の発言は池江選手の体調を気遣い、一日も早い復帰を祈念している心ある発言にもかかわらず、あたかも池江選手を一つの駒のように思っている冷酷非道な人物に見せるような悪意のある記事です。

     この記事を書いた記者と社は、野党と一緒で、自分の失敗や犯罪は責任を問われずに、うやむやにするのでしょうか。

     公の場で発言するのなら、それなりの責任を伴うのは与党も野党もマスコミも一緒だと思います。そうでなければ、ただの無責任です。

     報道で必要なのは客観的事実をわかりやすく伝えることだと思います。そこにこのような悪意が混在すると視聴者の国民はだんだんマスコミを信用できなくなってきています。

     また同性愛者が自分たちの権利を主張して国に賠償を求める裁判を起こしたようですが、憲法24条に「婚姻は両性の合意にのみ成立する」と書かれており、彼らの主張を認めるにはここを改正しなければなりません。

     彼らが主張をするのは自由です。権利があります。

     でも、私も婚姻は両性の合意にのみ成立するものだという主張をしたいと思います。だから同性の婚姻は認めません。私にもそれを主張する権利があるはずです。

     どうしても法的な保護が欲しいのなら、婚姻ではなく、別の方法で法的な保護が受けられるようにすればいいのです。

     個人の性的な嗜好をどうのこうの言うつもりはありませんし、ホモやレズだからと言って差別する気持ちも毛頭ありません。

     しかし、婚姻は両性の合意にのみ成立するものであり、子孫繁栄のために家庭を築くためと言ってもいいでしょう。

     人間だけではなく、動物すべてが子孫を残すことを生きる目的にしているといっても過言ではないでしょう。

     何のために食べ、なんのために働き、何のために恋をするのかを考えてみてください。

     もし、自分のためだけだったら、生きたくなければ食べるのを止めたらいいし、その糧を得るための仕事もしなければいいのです。もちろん人を恋することも不要になります。

     しかし、誰しもお腹が減れば食べ物を探し、人間の社会ではその食べ物を得るために職に就き、賃金を得るのです。そして人を恋し、少しでも一緒にいたいと思い始め、少しでも近くにいたいと思い、少しでも一つになろうとして、結果的に新しい命が授かるのです。

     その過程において何らかの障害で子供が生まれない家庭もあるでしょう。同性愛の家庭のように初めからそれをあきらめている家庭もあるでしょう。でも、それはあくまでも少数派であり、大多数は愛する人と一緒になり、その人との子供を残していこうとするのが基本です。

     またこれがなければ家庭も国家も繁栄しません。

     政治の課題はいろいろありますが、本当は少子化対策が最重要課題のはずですが、どうも真剣に考えているように思えません。

     イデオロギー抜きの哲学的思考でその本質を考えなければならない時期に来ていると思います。

     ここでも、邪魔をするのがグローバリズムです。

     個人が幸福を追求する権利はもちろん認めます。その幸福感の最大のものはいろんな調査をしても同じ結果が出てきます。

     それは「家族と一緒にいる時」です。

     昨日は孫一号の保育園での縄跳び大会でした。一分間に何回、または連続して何回飛ぶことができるかを競うものです。

     うちの孫は最終組でしたが、4人一緒に飛び始めると一つ下のクラスから期せずして「あおいちゃん、がんばれコール」が起きました。びっくりするとともにとても嬉しく思い、顔をほころばせて見守っているとクラスで二番目の成績でした。

     当然離れているところから見ているのと他の子供もいるので、声はかけられません。しかし、目と目で「ジィジはちゃんとみているよ、がんばれ」「ジィジが約束通りに見に来てくれた。がんばるよ」という心の会話ができるのです。そして満面の笑みを孫も私もしているのです。

     これを幸福感と言わずしてなんというのでしょうか。

     この幸福感は子供を産み、一所懸命に育て、離婚をせずに大切に家庭を守ってきての「ご褒美」だと思っています。

     そんな幸福感はいらないよという人もいるでしょう。でも、孫を持つ友人たちは異口同音に「孫は別格」と言います。

     今ちょうど私の3人の子供たちが子育ての真っ最中です。それぞれ夜泣きをしたり、インフルにかかったりと大変ですが、それをお世話するのが全く苦痛ではありません。

     先週も孫4号が熱が出たということで病院につれて行くとインフルエンザでした。ママが薬を取りに行っている間に私が車で抱っこしているのですが、心から「神様この子をお守りください。この子が楽になるなら私がいつでも代わりになります」と祈っているのです。

     幸いにしてあっという間に元気になり、私も全くインフルエンザにも感染していませんでした。というよりも、いままでインフルエンザに罹ったことがないのです。

     同性婚ではこの幸福感は得られません。でも、個人的にそれでもいいと同性婚を決めている人もいるでしょう。でも、それは少数派であり、大多数は家族が持つ幸福感を感じたいのです。

     法律や社会秩序はその大多数を基準に考えるべきだと思っております。もちろん少数者にも配慮すべきです。

     婚姻は両性の合意のみで成立するというのが日本の大多数の意見です。

     外国がどうのこうのではないと思います。

     グローバリズムの際たるものは、インドネシアに行っても、タイに行っても、フランスに行っても、南アフリカに行ってもマクドナルドで食事をするようなものです。

     楽しいですか?また外国に旅行する意味がありますか?

     各国違っていいのです。その違いを楽しみ行くのが旅行でしょう。

     この違いを楽しむためにも、報道は正確でなければならないのです。正しい情報を伝える使命を忘れたマスコミは滅んでいくと思います。

     まずは、このフェイクニュースを書いた記者とその社は国民に向けて謝罪をするべきだと思います。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。