«
»

左翼政党に票を入れる愚か者はどこまで減るか

 日本の左翼政党に票を入れる人は、その人が豊かであろうが貧しかろうが全員が愚か者です。それは、日本が先進国の中で唯一、全ての共産主義国家が弾圧・虐殺を行ったという事実を前提に、共産主義がファシズム並みの(現実にはファシズムやナチズムよりもはるかに恐ろしい)思想であると理解していないからです。

 このように書くと、日本共産党はともかく、それ以外の左翼政党である立憲民主党や社民党に票を入れるのは愚かではない、という反論が来そうですが、そんな事はありません。立憲民主党と社民党の歴史を少しでもご存知の方は、これらの政党が旧社会党の末裔であることはご存知でしょう。では、旧社会党がどういう政党であったかと言えば、彼らは明確な共産主義政党でした。その証拠に彼らは資本主義における福祉を「資本主義国家の延命策」と主張していたのです。

また、表向きには暴力的な革命を否定していましたが、二段階革命と理屈をつけて早く暴力革命を起こす義務から逃げた日本共産党では中途半端だと感じた、極左勢力が旧社会党に入り込みました。中核派や革マル派が有名ですが、それ以外の派閥もほとんどが旧社会党に入り込んだのです。

 その日本共産党以上に暴力的な連中こそが、今の立憲民主党であり社民党です。彼らは現在では「共産主義」やその前段階の「社会主義」を売り物にしても、それを喜ぶ愚か者は少なくなったと理解しています。そこで、彼らは、アメリカの左派である「リベラル」やヨーロッパの左派である「社会民主主義」を詐称し、その違いが解らない老人を中心とした愚か者から、票を盗もうとしているのです。

 アメリカで「リベラル」という概念が今のようになったのは、第二次世界大戦前のアメリカの経済政策がきっかけでした。その時に民主党政権が行った政策は、第二次世界大戦後の日本の自民党が行ったような、規制強化であり、公共事業などの政府政策に従う者への税金のバラマキです。日本で「リベラル」を名乗れる政党があるとすれば、自民党だけです。

 ヨーロッパの社会民主主義達は、暴力革命を否定しマルキストから「ユートピア社会主義」(日本では悪意から「空想的社会主義」と訳され、今でも引き継がれています)と批判された人たちの末裔です。それゆえ、暴力主義を肯定し、国の中に理想を反映させようとした自分達をバカにしてきた共産主義者を心の底から軽蔑しています。日本共産党や旧社会党を心から軽蔑している人が、立憲民主党や社民党の中にいるでしょうか。日本で「社会民主主義」を名乗れる政党などただの一つもありません。

 立憲民主党、共産党、社民党に票を入れる者は、全員が愚かです。今述べたような簡単な理屈が解らないほど「頭が悪いか」、暴力革命=つまり膨大な殺人を肯定する共産主義を良しとするほど「心が汚いか」、その両方かなのです。

 これらの政党に票を入れる人が如何に愚かか、どうすれば愚かな老人が死ぬ前に改心するかに興味を持たれた方は、3月初旬に発売する拙著『左翼老人』(扶桑社新書)をご笑覧ください。既にアマゾンや楽天で予約できます。

19

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。