■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    「学問のすゝめ」の全文と現代語訳

    福沢諭吉で有名な言葉に、
    「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」があります。
    『学問のすすめ』の冒頭に出て来る言葉です。
    しかし諭吉が言いたいのは、そこではありません。
    もっと深いことを解いています。
    全文を原文と現代語訳の両方で掲示しますので、ぜひ、ご一読いただければと思います。
    なお、現代語訳は、いつものねず式です。

    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。
     されば天より人を生ずるには、
     万人は万人みな同じ位にして、
     生まれながら貴賤(きせん)上下の差別なく、
     万物の霊たる身と心との働きをもって
     天地の間にあるよろずの物を資とり、
     もって衣食住の用を達し、
     自由自在、
     互いに人の妨げをなさずして
     おのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。

     されども今、
     広くこの人間世界を見渡すに、
     かしこき人あり、おろかなる人あり、
     貧しきもあり、富めるもあり、
     貴人もあり、下人もありて、
     その有様(ありさま)、
     雲と泥(どろ)との相違あるに似たるはなんぞや。」

    つまり「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」というけれど、現実には「雲と泥」の差ほどに、人には差があると諭吉は述べています。
    ただ平等という建前や能書きではないのです。
    その違いにはどのような意味があるのでしょうか。

    「その次第はなはだ明らかなり。
     『実語教(じつごきょう)』に、
     「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。
     されば賢人と愚人との別は
     学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。

     また世の中に
     むずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。
     そのむずかしき仕事をする者を
     身分重き人と名づけ、
     やすき仕事をする者を身分軽き人という。

     すべて心を用い、
     心配する仕事はむずかしくして、
     手足を用うる力役(りきえき)はやすし。

     ゆえに医者、学者、政府の役人、
     または大なる商売をする町人、
     あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、
     身分重くして貴き者と言うべし。」

    つまり本来、人は対等な存在ではあるけれど、社会的分業を営むに際して、人には責任の軽重が発生すると諭吉は説いています。
    「責任」の重さなのです。
    そして責任の重さと権限の範囲は等しいものになります。

    「身分重くして貴ければ
     おのずからその家も富んで、
     下々(しもじも)の者より
     見れば及ぶべからざるようなれども、
     その本もとを尋ぬれば
     ただその人に、
     学問の力あるとなきとによりて
     その相違もできたるのみにて、
     天より定めたる約束にあらず。

     諺ことわざにいわく、
     「天は富貴を人に与えずして、
      これをその人の
      働きに与うるものなり」と。

     されば前にも言えるとおり、
     人は生まれながらにして
     貴賤・貧富の別なし。
     ただ学問を勤めて
     物事をよく知る者は貴人となり富人となり、
     無学なる者は貧人となり下人(げにん)となるなり。」

    要するに責任の重さは、学問の力の有無によって生じるものであって、それは天から与えられた約束ではない、人にある差異は、その人の働きに与えられたものなのだ、というわけです。
    では、そもそもその「学問」とはどのようなものをいうのでしょうか。
    学校の成績のことでしょうか。

    「学問とは、
     ただむずかしき字を知り、
     解(げ)し難き古文を読み、
     和歌を楽しみ、詩を作るなど、
     世上に実のなき文学を言うにあらず。

     これらの文学も
     おのずから人の心を悦(よろこば)しめ
     ずいぶん調法なるものなれども、
     古来、世間の儒者・和学者などの申す様(よう)に
     あがめ貴(とうと)むべきものにあらず。

     古来、漢学者に世帯持ちの上手なる者も少なく、
     和歌をよくして商売に巧者なる町人もまれなり。
     これがため心ある町人・百姓は、
     その子の学問に出精するを見て、
     やがて身代を持ち崩すならんとて
     親心に心配する者あり。
     無理ならぬことなり。
     畢竟(ひっきょう)その学問の
     実に遠くして
     日用の間に合わぬ証拠なり。」

    ここでいう和歌や古文というのは、今風にいうなら「学校の成績が良いというだけにあらず」ということを意味します。
    諭吉の生きた幕末から明治にかけては、学問といえば難しい漢学や和歌のことを言いましたから、ここで和歌や古文をあげています。
    私も倭塾等を通じて、和歌や古文を学んでいますが、ただ和歌や古文をよくするだけでは、それは現実の生活に程遠い、単なる「雑学」の域を出ません。
    問題は、それらを通じて何を学び問うかです。

    「されば今、
     かかる実なき学問はまず次にし、
     もっぱら勤むべきは
     人間普通日用に近き実学なり。

     譬(たとえ)ば、
     いろは四十七文字を習い、
     手紙の文言(もんごん)、
     帳合いの仕方、
     算盤(そろばん)の稽古、
     天秤(てんびん)の取扱い等を心得、
     なおまた進んで学ぶべき箇条ははなはだ多し。

     地理学とは日本国中はもちろん
     世界万国の風土(ふうど)道案内なり。
     究理学とは天地万物の性質を見て、
     その働きを知る学問なり。

     歴史とは年代記のくわしきものにて
     万国古今の有様を詮索する書物なり。
     経済学とは一身一家の世帯より
     天下の世帯を説きたるものなり。

     修身学とは身の行ないを修め、
     人に交わり、
     この世を渡るべき
     天然の道理を述べたるものなり。

     これらの学問をするに、
     いずれも西洋の翻訳書を取り調べ、
     たいていのことは日本の仮名にて用を便じ、
     あるいは年少にして文才ある者へは横文字をも読ませ、
     一科一学も実事を押え、
     その事につきその物に従い、
     近く物事の道理を求めて
     今日の用を達すべきなり。

     右は人間普通の実学にて、
     人たる者は貴賤上下の区別なく、
     みなことごとくたしなむべき心得なれば、
     この心得ありて後に、
     士農工商おのおのその分を尽くし、
     銘々の家業を営み、
     身も独立し、家も独立し、
     天下国家も独立すべきなり。」

    要するに、不要不急の和歌や古文よりも先に、まずは実学として生活に必要なことを、共通の文化土壌として、しっかりと誰もが身につける。
    そこが肝心で、これによって人も国家も自立していくことができるのだ、というわけです。
    なぜ自立が必要かといえば、我々自身が自由に生きるためです。
    ただし、その自由には、おのずと制限が生まれます。
    続きを読んでいきます。

    「学問をするには分限を知ること肝要なり。
     人の天然生まれつきは、
     繋(つながれ)ず縛られず、
     一人前いちにんまえの男は男、
     一人前の女は女にて自由自在なる者なれども、
     ただ自由自在とのみ唱えて
     分限(ぶんげん)を知らざれば
     わがまま放蕩に陥ること多し。

     すなわちその分限とは、
     天の道理に基づき
     人の情に従い、
     他人の妨げをなさずして
     わが一身の自由を達することなり。

     自由とわがままとの界(さかい)は、
     他人の妨げをなすとなさざるとの間にあり。
     譬(たとえ)ば自分の金銀を費やしてなすことなれば、
     たとい酒色に耽(ふけ)り
     放蕩を尽くすも自由自在なるべきに似たれども、
     けっして然しからず、
     一人の放蕩は諸人の手本となり、
     ついに世間の風俗を乱りて
     人の教えに妨げをなすがゆえに、
     その費やすところの金銀は
     その人のものたりとも、
     その罪許すべからず。

     また自由独立のことは
     人の一身にあるのみならず、
     一国の上にもあることなり。

     わが日本はアジヤ州の東に離れたる一個の島国にて、
     古来外国と交わりを結ばず、
     ひとり自国の産物のみを衣食して
     不足と思いしこともなかりしが、
     嘉永年中アメリカ人渡来せしより
     外国交易こうえきのこと始まり、
     今日の有様に及びしことにて、
     開港の後もいろいろと議論多く、
     鎖国攘夷(じょうい)などと
     やかましく言いし者もありしかども、
     その見るところはなはだ狭く、
     諺(ことわざ)に言う
     「井の底の蛙かわず」にて、
     その議論とるに足らず。

     日本とても
     西洋諸国とても
     同じ天地の間にありて、
     同じ日輪に照らされ、
     同じ月を眺め、
     海をともにし、
     空気をともにし、
     情合い相同じき人民なれば、
     ここに余るものは彼に渡し、
     彼に余るものは我に取り、
     互いに相教え互いに相学び、
     恥ずることもなく誇ることもなく、
     互いに便利を達し
     互いにその幸いを祈り、
     天理人道に従いて
     互いの交わりを結び、
     理のためにはアフリカの黒奴(こくど)にも恐れ入り、
     道のためにはイギリス・アメリカの軍艦をも恐れず、
     国の恥辱とありては
     日本国中の人民
     一人も残らず
     命を棄(すて)て国の威光を落とさざるこそ、
     一国の自由独立と申すべきなり。

     しかるをChineseなどのごとく、
     わが国よりほかに国なきごとく、
     外国の人を見ればひとくちに
     夷狄(いてき)夷狄と唱え、
     四足にてあるく畜類のように
     これを賤(いやしめ)これを嫌(きら)い、
     自国の力をも計らずして
     みだりに外国人を追い払わんとし、
     かえってその夷狄に窘(くるしめ)らるるなどの始末は、
     実に国の分限を知らず、
     一人の身の上にて言えば
     天然の自由を達せずして
     わがまま放蕩に陥る者と言うべし。」

    最後の段落のことは、Chineseを引き合いにだしていますが、現状を考えればSouth Koreaの方がわかりやすい例となろうかと思います。
    最近では、日本人がKoreaの影響を受けることを、映画のスターウォーズの「ダークサイド(暗黒面)に堕ちる」になぞらえて「韓国面に堕ちる」と言うのだそうです。
    彼らにとっては、まるで日本以外には国がないかのように、日本人をいやしめ、日本人を嫌い、自国の実力も測ろうとしないで、みだりに日本人を追い払おうとしていますが、こういう振る舞いを、「我儘放蕩(わがまま、ほうとう)というと、諭吉は説いています。

    「王制一度ひとたび新たなりしより以来、
     わが日本の政風大いに改まり、
     外は万国の公法をもって外国に交わり、
     内は人民に自由独立の趣旨を示し、
     すでに平民へ苗字(みょうじ)乗馬を許せしがごときは
     開闢(かいびゃく)以来の一美事(びじ)、
     士農工商四民の位を一様にするの基(もとい)
     ここに定まりたりと言うべきなり。

     されば今より後は
     日本国中の人民に、
     生まれながらその身につきたる
     位などと申すはまずなき姿にて、
     ただその人の才徳と
     その居処(きょしょ)とによりて
     位もあるものなり。

     たとえば政府の官吏を
     粗略にせざるは当然のことなれども、
     こはその人の身の貴きにあらず、
     その人の才徳をもって
     その役儀を勤め、
     国民のために
     貴き国法を取り扱うがゆえに
     これを貴ぶのみ。

     人の貴きにあらず、
     国法の貴きなり。

     旧幕府の時代、
     東海道にお茶壺の通行せしは、
     みな人の知るところなり。
     そのほか御用の鷹(たか)は人よりも貴く、
     御用の馬には往来の旅人も路を避くる等、
     すべて御用の二字を付くれば、
     石にても瓦(かわら)にても
     恐ろしく貴きもののように見え、
     世の中の人も数千百年の古(いにしえ)より
     これを嫌いながら
     また自然にその仕来(しきたり)に慣れ、
     上下互いに
     見苦しき風俗を成せしことなれども、
     畢竟(ひっきょう)これらはみな
     法の貴きにもあらず、
     品物の貴きにもあらず、
     ただいたずらに政府の威光を張り
     人を畏(おどし)て
     人の自由を妨げんとする
     卑怯なる仕方にて、
     実なき虚威というものなり。」

    現代日本はダメ、明治大正昭和もダメ、江戸日本こそが理想の国家であるというようなことを言う人がいますが、そうでもない。
    実は江戸時代には「御用」といえば、馬や壺の前に土下座しなければならないような不都合もあったし、人々に不満もあったわけです。
    要するにいつの時代にも、良い面、悪い面があるわけで、それぞれの時代の良いところと、今の良いところを組み合わせて、さらにもっとよい国をつくる、よい時代を担う、未来をひらく。

    「今日に至りては
     もはや全日本国内に
     かかる浅ましき制度、風俗は
     絶えてなきはずなれば、
     人々安心いたし、
     かりそめにも政府に対して
     不平をいだくことあらば、
     これを包みかくして暗に上(かみ)を怨うらむることなく、
     その路を求め、
     その筋により
     静かにこれを訴えて
     遠慮なく議論すべし。

     天理人情にさえ叶うことならば、
     一命をも抛(なげうち)て争うべきなり。
     これすなわち一国人民たる者の分限と申すものなり。

     前条に言えるとおり、
     人の一身も一国も、
     天の道理に基づきて
     不覊(ふき)自由なるものなれば、
     もしこの一国の自由を妨げんとする者あらば
     世界万国を敵とするも恐るるに足らず、
     この一身の自由を妨げんとする者あらば
     政府の官吏も憚(はばかる)に足らず。

     ましてこのごろは
     四民同等の基本も立ちしことなれば、
     いずれも安心いたし、
     ただ天理に従いて
     存分に事をなすべしとは申しながら、
     およそ人たる者はそれぞれの身分あれば、
     またその身分に従い
     相応の才徳なかるべからず。

     身に才徳を備えんとするには
     物事の理を知らざるべからず。
     物事の理を知らんとするには
     字を学ばざるべからず。
     これすなわち学問の急務なるわけなり。」

    ここでひとこと付言しておきたいのですが、諭吉は江戸時代の武士の生まれの人です。
    そして江戸時代の武士にとって、交渉事というのは、命がけのものでもありました。
    武士は腰に大小二本の刀を差しますが、重大な責任を担って交渉に及ぶ時は、万一、相手がそれに従わない時は、その場で相手を斬って捨て、自分もその場で腹を切る。
    それだけの覚悟を前提として、日常の行動や交渉事が行われていました。
    ですから、交渉に行って、ダメでしたと、すごすごと引き上げてくるような者は「腰抜け」とされ、場合によっては「お上の権威を汚す者」として、武士の身分を剥奪されたりもしました。

    明治に入って四民平等となり、諭吉の言うように「静かに訴えて遠慮なく議論」する時代となることで、日本人の交渉事は、必ずしも命がけというものでなくなり、最近ではKoreaの「ケンチャナヨ」同然に、ほぼほぼ適当であることで十分とするような姿勢が常態化していますが、これは見方によっては日本人が「腰抜け」になったということでもあります。
    ではなぜ、「命がけの交渉姿勢」が大事なのかといえば、行動は常に「天の道理に基づく」という強い理念と意思がそこに存在したからです。

    学問は、日常の生活に必要なソロバンや文章の書き方といった基礎的なものから出発し、究極的には「天の道理」を身につけるところに、本来のその意義があるのです。

    ここまで読んで、諭吉が単に「和歌や古文がいけないものだ」と言っているのではない、ということが明らかになります。
    そして、いま私が「和歌や古文」を通じて、皆様にお伝えしようとしていることもまた、「天の道理を得よう」とするものであることをご理解いただけようかと思います。

    「昨今の有様を見るに、
     農工商の三民は
     その身分以前に百倍し、
     やがて士族と肩を並ぶるの勢いに至り、
     今日にても三民のうちに人物あれば
     政府の上に採用せらるべき道
     すでに開けたることなれば、
     よくその身分を顧み、
     わが身分を重きものと思い、
     卑劣の所行あるべからず。」

    「卑劣」というのは、することが正々堂々としておらず、いやしくきたならしいことを言います。
    一言で言えば、嘘つきのことです。
    自分からレーダー照射をしておいて、していなかったと嘘を言う。
    泥棒をして「泥棒!」と言われたら、「お前が泥棒だ」と言い返せと彼の国のことわざがあるそうですが、嘘つきというのは、責任感の欠如を意味します。
    人の上に立つということは、責任を持つということです。
    その「責任」を「身分」だと履き違える。
    そのようなたぐいの人のことを「恥知らず」といいます。

    「およそ世の中に
     無知文盲の民ほど
     憐(あわれ)むべく
     また悪(にくむ)べきものはあらず。

     智恵なきの極(きわ)みは
     恥を知らざるに至り、
     己(おの)が無智をもって
     貧窮に陥り飢寒に迫るときは、
     己が身を罪せずして
     みだりに傍(かたわら)の富める人を怨み、
     はなはだしきは徒党を結び
     強訴(ごうそ)一揆(いっき)などとて
     乱暴に及ぶことあり。

     恥を知らざるとや言わん、
     法を恐れずとや言わん。

     天下の法度(ほうど)を頼みて
     その身の安全を保ち、
     その家の渡世をいたしながら、
     その頼むところのみを頼みて、
     己が私欲のためにはまたこれを破る、
     前後不都合の次第ならずや。

     あるいはたまたま身本(みもと)慥(たしか)にして
     相応の身代ある者も、
     金銭を貯(たくわ)うることを知りて
     子孫を教うることを知らず。

     教えざる子孫なれば
     その愚なるもまた怪しむに足らず。
     ついには遊惰放蕩に流れ、
     先祖の家督をも
     一朝の煙となす者少なからず。

     かかる愚民を支配するには
     とても道理をもって諭(さとす)べき方便なければ、
     ただ威をもって畏(おどす)のみ。

     西洋の諺ことわざに
     「愚民の上に苛(から)き政府あり」
     とはこのことなり。

     こは政府の苛きにあらず、
     愚民のみずから招く災(わざわい)なり。
     愚民の上に苛き政府あれば、
     良民の上には良き政府あるの理なり。

     ゆえに今わが日本国においても
     この人民ありてこの政治あるなり。
     仮りに人民の徳義
     今日よりも衰えて
     なお無学文盲に沈むことあらば、
     政府の法も今一段厳重になるべく、
     もしまた人民みな学問に志して、
     物事の理を知り、
     文明の風に赴(おもむ)くことあらば、
     政府の法も
     なおまた寛仁大度の場合に及ぶべし。

     法の苛(から)きと寛(ゆる)やかなるとは、
     ただ人民の徳不徳によりて
     おのずから加減あるのみ。

     人誰か苛政を好みて
     良政を悪にくむ者あらん、
     誰か本国の富強を祈らざる者あらん、
     誰か外国の侮りを甘んずる者あらん、
     これすなわち人たる者の常の情なり。

     今の世に生まれ
     報国の心あらん者は、
     必ずしも身を苦しめ
     思いを焦がすほどの心配あるにあらず。

     ただその大切なる目当ては、
     この人情に基づきて
     まず一身の行ないを正し、
     厚く学に志し、
     博(ひろ)く事を知り、
     銘々の身分に相応すべきほどの
     智徳を備えて、
     政府はその政(まつりごと)を施すに易(やす)く、
     諸民はその支配を受けて苦しみなきよう、
     互いにその所を得て
     ともに全国の太平を護らんとするの一事のみ。

     今余輩の勧むる学問も
     もっぱらこの一事をもって趣旨とせり。」

    要するに福沢諭吉の勧める学問というものは、「天の道理を知り学ぶ」ということに尽きるというこであろうかと思います。
    「天の道理」を外れる者が「愚民」です。
    民衆が愚民に堕ちるならば、政府は圧政をもって人々を弾圧するしかないし、政府が愚かな政府であれば、その愚かな政府は領民を苦しめます。

    「天の道理」というのは、あらゆる価値判断の基準となるものです。
    その基準となる価値観をしっかりと学ぶ。
    そのためにこそ学問はある、ということです。

    ですから、和歌や古文を学ぶということは、たとえば和歌であれば、その「テニヲハ」のテクニックを学ぶことが和歌を学ぶことでもなければ、和歌をたしなむことでもありませんし、物知り顔に、もっともらしい難解な言葉を羅列したり暗唱したりするこことでもありません。
    私が百人一首の和歌や古事記をご紹介しているのも、そこに取り戻すべき日本の形があり、その形は皇国臣民として不可欠のものであると確信するからです。

    何事も、目的をはじめるのでなければ意味がありません。
    ただ古事記を学びたい、和歌を学びたいのなら、他をあたって下さいと申し上げます。

    その目的とは、まさに「天の道理を身につける」ことです。
    学問が、ただ知識の丸暗記や、むつかしいことをただ「知っている」というだけのものに堕ちるのなら、それは愚民のなせる技でしかないのです。
    大切なことは、それらを通じて「何を学ぶか」です。

    愚民の上の苛(から)き政府は、実は政府が苛いのではない。
    それは愚民がみずから招く災(わざわい)です。
    愚民の上に苛き政府があるならば、
    良民の上には良き政府ができるのです。

    つまり政治を変えるものは、民衆の覚醒が大事だということです。
    そして民衆の覚醒とは、民衆が「天の道理」をわきまえること。
    それこそが「学問」であるのだと思います。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    (当記事のサムネイルはWikipediaから引用いたしました)

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。