■連載一覧
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 2019/1/23
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    暴力=悪という単純な構図で判断していいのか?

     15日に東京都立町田総合高校で起きた先生が生徒に暴力を振るったとされる問題で、動画をじっくり見て、思ったことを書きます。

     教師は50歳代の生徒や父兄からも信頼の厚い先生。

     生徒は耳にピアスをして先生から注意され、普段も素行が悪く周りに迷惑をかけている生徒。

     うだうだ書くのは嫌なので、私が動画やネットに上がったニュースを見て判断した登場人物の寸評です。

     高校一年生の耳にピアスをして先生から注意を受けた生徒が先生に対し、まったく敬語どころか、挑発する発言を繰り返しています。あれをやられると温厚な私でも頭に血が上ります。見ていてとてもむかむかしました。

     ご存知のように私は古いタイプの人間かもしれません。でも、できるだけ善良な日本人でありたいと望んでいます。

     その価値観を持つ人間があの映像を見て、生徒が先生に対して暴言を吐きまくっていることに対して、怒りしか覚えません。皆さんはいかがですか?

     学校というところは、学問をする場所です。また人間を学ぶ場所だと思っています。だから教わる立場の生徒は先生に対して敬語で接し、教わる立場というのを弁えるべきだと思っています。それをしないのは「美しくない」と思うのは私だけでしょうか。

     自分の親と同じくらいの先生に向かって、暴言を吐き続ける生徒に対し、大人の余裕で指導できるのでしょうか。

     「暴力は良くない」というのが当たり前になっていますが、そこには一定の条件があると思っています。

     普通に生活や行動をしている際に、暴力で相手を脅したり、言うことを聞かせることは良くないことだと思います。だから暴力を振るった人間はきちんと罰せられるべきです。これは最近の例では、高速道路の煽り運転やその後の死亡事故につながった事件や、いじめによる母子心中が当てはまります。

     しかし、一方が常軌を逸している行為をしている時、例えば法律や校則やマナーを違反している時に注意をしても聞かない場合、「暴力=悪」は通用するのでしょうか。

     この場合、この生徒は明らかに校則違反をして耳ピアスをしています。そのことや他の注意されたことに対しての文句から始まったようです。そして二人で廊下に出て口論になっているのですが、この生徒の暴言は町のチンピラと同じようなものです。

     その一例が;「ふざけんてんだろ、おら」「うるせえんだよ、どう落とし前をつけんだよ」「てめえの小さい脳でよく考えろ!」と生徒が教師に言っているのです。

     ここまで言われて、先生もとうとう手を出したのですが、生徒による「言葉の暴力」を浴びせられての「正当防衛」だったと私は思うのです。

     こういう成熟した社会の前提条件も守れないような「猿」には、きちんと体でわからせることも必要だと思います。

     こう書くと「井上は暴力肯定論者」だとか、「粗暴な人間だ」と言われそうですが、議論や会話はお互いが節度をもって相手を尊重することによって成り立つものであり、自分の非は棚に上げて、手を挙げた方が悪いと一方的に断罪するのはおかしいと思います。

     殴った方が悪いという風潮をここらで止めませんか?

     交通戦争が真っただ中の時、車対歩行者はどんな状況でも車が悪いとされていた時期がありました。たとえ歩行者が故意に飛び出し、車にはねられると莫大な慰謝料を請求し、被害者ビジネスが横行したのです。

     いくつかの病院もその犯罪に結託して、大した怪我でもないのに、長く入院をさせ、時にはそのけがで入院したいわゆる被害者が病室からいなくなって外へパチンコや飲酒をしている例も散見されました。そしてそれは保険会社の収支に影響していきます。

     一定の事故率があり、その事故率によって保険料を算出するのですが、故意な保険金犯罪がそこに入ると収入保険料よりも支払い保険金の方が増加するのです。自然に発生する事故の確率よりも故意に起こす事故が入ると事故の確率は高くなるのです。

     そこで保険調査員が調べることになり、軽微な事故での長期の入院などを調べていくと、いくつかの特定の病院に集中していることが判明していきます。その病院を私たちはMR(moralrisk)病院と呼んでいました。数日調査をすると、入院患者が外出をしても全く病院側は関知していなかったり、無法性が明るみに出たのです。

     そこでそれらを正常化していき、交通事故や火災事故によるいわゆる「焼け太り」が無くなるように保険会社も努力しました。

     歩行者の過失割合もきちんと導入され、一方的に車が悪いということは無くなっていったのです。

     私も30年ほど前、自転車が飛び出してきてぶつかったことや、歩行者が飛び出してきてはねたこともあります。しかし、両方ともこちらが法定速度を守り、周りの方々が証言していただいたので、何のお咎めもありましせんでした。もちろん、治療費は保険からお支払いしましたが。

     それにより、「あたり屋」や不正な保険金詐欺が激減したのです。社会正義が不逞な輩を締め出したいい例だと思います。

     「暴力=悪」に関して、今見直す時期に来ているのではないでしょうか。

     私の周りにも最近数件の暴力事件が起きています。

     両方の言い分を聞いているのですが、殴られた方は「殴った方が悪い、暴力は許せない」と主張しますが、「なぜ殴られたのか?」と聞いてもまともな答えが返ってきません。

     この「なぜ殴られたのか?」というところを全く見ないで、暴力=悪だけで物事を見ていいのでしょうか。

     ここで誤解をしてほしくないのは、「いじめ」の問題とこれを同列に考えてほしくありません。

     前述のように普通に生活をしている際に一方的ないじめや暴力は許されるものではありません。

     でも、お互いが飲酒中に起きた口論や、殴られた方が指導をされている最中のくちごたえや悪い態度が積み重なると「仏の顔も三度まで」となるでしょう。

     前者は酒を飲みながら口論するなで終わりますし、後者はできの悪い弟子はすぐに首にしろで終わります。

     でも、そうやって簡単に切られることが人間の成長につながることになるでしょうか。

     暴力と愛のムチとの線引きが難しいとは思いますが、「暴力=悪」という単純な基準は見直すべきだと思っています。

     そこに至った状況をきちんと踏まえるべきだと思うのですが、ここで不思議なことに気づきました。

     凶悪犯を弁護する人権派弁護士が、凶悪犯の生い立ちや凶悪な犯罪に至るまでの経緯を作文して、死刑判決を何とか回避させる目いっぱいの努力をするくせに、こういう先生がやむに已まれずに手を出したことは、口を閉ざすか、又は先頭に立って糾弾するのです。

     おかしいと思いませんか?

     私の宝物の孫に接するときに、次の二つ以外はジィジバカを発揮しています。しかし、次の二つを犯すと泣くまで叱ります。

     1.人への迷惑行為 2.自分に危険が及ぶ行為 です。

     電車内やデパート内で大声を出して走り回る行為や、道への飛び出しや刃物を無許可で扱ったりしたときです。時には手を出し、叩くときもあります。暴力です。普段は優しいジィジが真剣に怒るのでそれだけで孫は泣きます。でも、ちゃんと何のために怒っているのかを分かるまで怒ります。その子に交通事故や人に迷惑をかける行為は良くないことだと教え込むためです。

     この生徒はそういうしつけを親からされていなかったのでしょう。自分だけの主張をしているのです。そしてその根拠が「暴力=悪」という単純な判断基準です。だから挑発をして教師が手を出せば自分がどんな悪いことをしていても相手が悪いと思い込んでいるので、反省しないのです。

     こういうのが社会に出てきたら本当に厄介ですし、誰からも相手にされず、惨めな人生を送ることでしょう。

     そうさせないための学校や家庭でのしつけのはずです。それを子供がまた親が理解していないのでこういうことが起きるのだと思います。

     私は「暴力=悪」ではないと思っています。愛のムチと暴力のきちんとした線引きをする委員会が学校内で設置され、このケースなどを検証し、もし教師が減給などの処分を受けるのであれば、次にまた事件を起こすであろうこの生徒は退学処分にすべきだと思います。さもないと、また熱心な指導をする教師が処分を受けますから。

     なぜ殴られたのか?を堂々と説明してください。そしてそれを関係者できちんと前後関係を確認すればわかることでしょう。でも、「暴力=悪」という枠は取り外していかないと、いつまでたっても学校は正常化しないでしょう。

     ちなみにこの町田総合高校の偏差値は「47」だそうです。これを見て、どう判断するかは皆さんに委ねます。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。