«
»

中国のテレビメーカーがスパイアプリを販売、無断課金の詐欺で世界が呆れる!

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。
 あけましておめでとうございます。

 昨年末にファーウェイのCFO(最高財務責任者)孟晩舟氏はカナダで逮捕され、今年1月にはポーランドでファーウェイのポーランド支社の王偉晶氏がポーランド国家安全局にスパイ行為の罪で逮捕されました。日本メディアは王氏のことをほぼ「ファーウェイの一般社員」と報道しましたが、実は王偉晶氏はファーウェイの上層部の職員であり、元駐ポーランド中国大使館館員、そして中国共産党員です。ところがファーウェイは公式発表で、「王偉晶氏はポーランドの法律に違反し、ファーウェイの労働契約にも違反しました。ファーウェイのブランドのイメージを傷つけた行為により即日解雇します」と発表。つまりトカゲのしっぽ切りで処理した手口です。

 中国のIT企業によるスパイ行為は相次いで発生しており、僕は12月3日に中国製のアプリTikTokの危険性を指摘したコラムを掲載しましたが、

女子中高生に大流行のアプリ「TikTok」は隠れ中国製?日本人は共産党政府の監視を覚悟して利用すべし
https://news-vision.jp/article/189681/

TikTokは中華人民共和国の製品、その危険性を周知してください!
https://www.youtube.com/watch?v=F-jwT2Z-9Eo

その2ヶ月後、米ワシントンDCに本部を置く非営利組織・ピーターソン国際経済研究所が同じくTikTokの危険性を指摘しました。
https://www.cyzo.com/2019/01/post_190043_entry.html

 今日はまた中国製の天気予報アプリが大量の個人情報を収集していることが、アメリカのウォールストリートジャーナル(WSJ)に暴露されました。
https://www.rfa.org/cantonese/news/data-01032019083943.html/?encoding=simplified

 WSJの報道によりますと、英ロンドンのサイバーセキュリティ会社 Upstream Systems の調査により、中国製の天気予報アプリが普通のアプリより「度に超えた」レベルのユーザー個人情報を収集しており、それを深センのサーバーに送信していることが分かりました。

 このアプリの名前はWeather Forecast – World Weather Accurate Radar「正確な天気予報レーダー」で、製作会社は中国の有名なテレビメーカーのTCL社です。無料のアプリですが、スパイウェアが仕込まれており、ユーザーの許諾なしに、課金が発生してます。これは詐欺犯罪です。現在、ブラジル、マレーシア、ナイジェリア、メキシコなどで十数万人の被害者が出ており、総計150万ドルを騙し取ったと報じられています。その後、無断課金行為は止めましたが、個人情報収集行為は依然として行っています。

 TCL社といえば、中国ではテレビ生産で有名な民間企業ですが、僕が子供の頃に親がTCLのテレビを観ている途中で爆発した事故が起こしました。

 実際、TCLのテレビが爆発した事件が頻発、よく報道されました。
http://business.sohu.com/20101022/n276245088.shtml

 TCL社の製品は日本にも販売されてます。株式会社 TCL JAPAN ELECTRONICS 低価格帯の4Kテレビ、廉価スマホ「アルカテル」、また2016年にブラックベリー(BlackBerry)のスマホを製造、販売する権利を買収したため、実質ブラックベリーのスマホはTCLの製品です。

 TCL、今後もBlackBerryブランドのスマートフォンを販売へ
http://juggly.cn/archives/212414.html

 では、今回の無断課金はどうやって実現するかですが、今回摘発された天気予報アプリはアップル社のiOS版に対応せいず、Google社のアンドロイド版のみです。実際、Google社の審査はアップル社より手抜きの部分が多くて、オープンソース化のため、中国製アプリがスパイウェアを仕込み放題です。さらに、無断課金を実現したのはソフトウェアだけでなく、ハードウェア、TCL製の端末とセットで犯罪行為を実施しました、被害者は全員アルカテルとブラックベリーのスマホを使用していました。日本中にもアルカテルとブラックベリーの0円、廉価スマホを販売されてますが、それらの製品を使用中の日本人は十分注意してください。

 この犯罪事実に対して、中国深セン本部のTCL社は依然ノーコメントの姿勢です。

(まとめに)

 ファーウェイ、ZTE、シャオミーなど、日本中にも中国製の廉価スマホ、無料アプリが溢れ、まさに安物買いの銭失いということわざの通りです。また日本の通信会社は自社のロゴを貼って、中身は中国にEMS(委託生産)の端末が販売されて、それもスパイウェアが仕込まれてる危険性があり、眉に唾をつけて端末を厳選してください。

17

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。