«
»

チベット・ウイグルの人権を無視する人権団体

■人権を無視する人権団体

 日本の人権団体は「人権を護れ」と口にする。ならばチベット人・ウイグル人の人権はどうだろうか? チベット人・ウイグル人は中国共産党から宗教の自由を奪われ言葉も奪われている。これはチベット人・ウイグル人としての自己認識を奪う行為で、これに服さなければ強制収容所に送られて再教育される。だが日本の人権団体は中国共産党による人権弾圧を批判しない。

 人権団体は日頃人権を護れと叫びながら、チベット・ウイグルで行われている人権弾圧を無視している。これが人権団体の姿だ。

■中国共産党はスポンサー

 人権が大事ならば中国共産党を批判すべきだ。中国共産党にチベット人・ウイグル人の人権弾圧を止めるように言うべきだ。中国共産党がスポンサーならば人権団体は批判できない。中国共産党がスポンサーでないならば批判できるはずだ。

 日本の人権団体で中国共産党は人権弾圧をしていないと言うならば、次のようにしなければならない。

1:宗教を捨てる。
2:日本語を捨てる。
3:日本国籍を捨てて中国国籍を持つ。
4:日本文化を捨てて中国文化で生活する。

 チベット人・ウイグル人は自己認識を奪われ民族性を消される。これと同じことを率先して行った人権団体はいるのか? 中国共産党の人権弾圧は正義で他の国による人権弾圧は許さない。これが人権団体の方向性だ。

■チベット・ウイグルの家族を破壊する中国共産党

 人権とは生存権である。人権は生まれても得られない。生まれた赤ん坊に生存権を与えるのは家族の愛。赤ん坊は家族の愛により成長し己の足で生きることを可能にする。家族を支えるのは一族。一族を支えるのは土地の共同体。これらが伝統となりチベット・ウイグルを支えていた。

 先祖から受け継ぐ伝統が子供を護り、子供は子孫に連なる一員になった。子供は大人になり家族を持つ。家族が伝統を受け継ぎ共同体を護った。これにより自分が先祖から連なる一員としての自己認識を持つ。これが伝統社会なのだ。

 だが、中国共産党はチベット・ウイグルの伝統社会を破壊している。社会主義により子供の教育と成長を行うことは伝統破壊。社会主義により親の愛から子供を引き離す。そして中国共産党が直接雇用する社会にしている。

■中国共産党が求める中華思想の民

 社会主義は機会の均等。共産主義は結果の均等。これらは個人の能力を否定することで共通している。中国共産党は各個人の能力を否定し、都合の良い思想の民を求めていると思われる。

 子供を親から引き離し、家族から親を引き離す。そして中華思想の民として再教育する。中華思想の民とは何か? それは人間の能力を否定し中国共産党に従うだけの奴隷だ。

 これが同化政策と言えるのか? これは同化政策ではなく民族の抹殺である。チベット人・ウイグル人は存在しても民族が消えた民。これこそ最も酷い人権否定ではないか。

■人権団体ならば無視するな

 人権団体ならば家族を引き離すことを批判すべきだ。チベット・ウイグルの収容所を批判し、家族の元へ返すように中国共産党を批判すべきだ。チベット・ウイグルの家族に涙を流させ苦しめることは人権無視だ。

 チベット・ウイグルの家族に笑顔を。涙と悲しみで家族を思うよりも、笑顔で家族を思う世界が必要だ。

■日本は他人事ではない

 中国共産党は民族性を否定する。日本は先祖から受け継ぐ伝統を持つ国。しかし中国共産党は日本の伝統を尊重していない。日本が中国に呑み込まれると、日本もチベット・ウイグルと同じ様に伝統を破壊される。

 中国は海軍を強化した。この目的は領土的野心があるからだ。安全保障の立場から見ても中国共産党の行いは無視してはならない。

31

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。