«
»

2019年は選挙で圧勝した玉城デニー知事が敗北へ辿る道のりである

あけましておめでとうございます。

去年は辺野古移設阻止を選挙公約に掲げた玉城デニー氏が県知事選で大勝した。
であるなら、県知事に就任した玉城デニー知事は辺野古移設阻止の政策を次々と出し、辺野古移設は阻止される方に着々と進むはずである。ところが現実は違う。
辺野古飛行場建設は中止どころか埋め立て工事は進んでいる。

つまり
県知事には辺野古移設を阻止する権限はない。権限はないのに選挙公約をしたのがデニー知事なのだ、
県知事選の時には自信たっぷりに辺野古移設阻止ができるような発言を繰り返していたデニー知事だったが、知事になった途端に辺野古移設反対は民意であると安倍政権に訴えるだけで埋め立てを阻止する政策を打ち出していない。県知事に辺野古移設を中止する権限はないことが明らかになったのが県知事就任であった。
2019年はデニー知事が辺野古移設阻止ができない事実が明らかになっていく年である。
埋め立て工事が進み、辺野古移設工事が着実に進んでいく様子を見ていこう。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。