«
»

中国によるウイグル族抹殺

■中国の悪循環

 自由を奪われ過去を否定される。帰属意識と誇りを捨てさせる再教育。おぞましいことが中国で行われている。新疆ウイグル自治区をはじめとする中国内のウイグル人への弾圧が激しいのは恐怖の裏返しだ。中国にはウイグル人を惹き付ける魅力が無い。だからウイグル人は中国と一体化しないのだ。

 ウイグル人は独自の道を歩むから中国政府は恐れている。ウイグル人が反乱を起こせば、同じく弾圧されている他の少数民族が呼応し、混乱は中国全土に拡大する恐れがある。だから反乱を起こす前に洗脳と恐怖で対応している。

 恐怖でウイグル人を支配すればするほどウイグル人は抵抗する。すると中国政府はさらに報復を恐れて恐怖による支配を強化する。この悪循環に陥っている。

■ウイグル族の抹殺が目的

 中国はウイグル人の学者・知識人を拘束し排除している。学者や知識人は民族の司令部に相当する。中国はウイグル人の指揮命令系統を破壊し、ウイグル人が団結して戦わないことを目的としている。だから中国はウイグル人の学者・知識人を排除する。

 「神話を初発として受け継ぐ歴史を持ち拡大化された自己認識が愛国心」

 これを仮説として用いれば、中国はウイグル人から宗教と歴史を取り上げ、ウイグル人としての自己認識を奪おうとしている。これが目的だ。では拡大化された自己認識に愛国心はあるのか?

 神話・宗教は人間よりも上位の権威。己を超えた正義が手本となる。拡大化された自己認識だけだと個人の欲望になる。個人の欲望を否定し抑えるのが宗教の目的。中国はウイグル人から善の定義となる宗教を否定した。これでウイグル人の欲望を拡大化させて利益追求の民に変える。そうなればウイグル族は消える。

 ウイグル人として継続しても民族意識が消えればウイグル族は消滅したも同然。これが中国が行っている政策だ。これは同化政策ではなく抹殺政策と言える。

■中国の恐ろしさ

 中国の求める社会主義を見てみたい。経済は国家・民族・性別・言語の境界を越えるが、財力には奪権・競争思想がつきまとう。人間関係が金銭による契約関係だから雇用関係になる。

 中国はウイグル人を雇用関係と見なし、社会主義に組み込むことだと思われる。社会主義とは機会の均等。ウイグル人にも均等に職業を与える世界。だが社会主義の機会の均等は個人の能力を否定する。

 社会主義では個人の能力を否定するから、ウイグル人に学者・知識人は不要なのだ。全ての職業は中国共産党が決定する。これで社会主義が維持できるわけではない。個人の能力を否定される者が拒絶するからだ。だから社会主義では恐怖政治が行われる。これは共産主義も同じ。

 多民族国家で民族意識は不要。何故なら多民族国家で民族意識が芽生えれば、必ず民族単位で共同体を求める。その典型例はユーゴスラビア。中国も民族意識が国家を分裂させると理解しているのだろう。だからウイグル人から民族意識を奪っている。

■中国のすべきこと

 中国はウイグル人を抹殺するのではなく中国の魅力を伝えるべきだ。古代ローマは領土拡大を行ったが、ローマは突然併合することはしなかった。始めにローマ文明を現地民に見せ、ローマ文明を用いれば生活が楽になることを教えた。

 生活が楽になるなら抵抗するよりも一体化する方が良い。ローマは武力よりも文明で魅了した。むろん全ての部族が一体化してはいない。ローマに抵抗した現地民もいた。中国はウイグル人を弾圧する前に、中国の魅力で生活を楽にすれば良い。

 中国はウイグル人の教育と生活向上を行い、中国政府の組織に組み込むべきだ。古代の戦争では戦勝国は敗戦国の軍隊を自軍に組み込んだ。敗軍の将でも戦勝国に将として迎えられ、手柄を立てれば出世できた。これは中国の歴史に存在するはず。

 ウイグル人の教育や文化を否定すれば反発を買う。それよりも中国政府の組織に組み込み、ウイグル人の知識人や技術者を優遇すべきである。

■敗戦国の未来

 中国と戦争して負ければチベットとウイグルと同じ立場になる。今の中国は海に進出しており、アメリカと日本と対立し始めた。だから日本も無関係の未来ではない。仮に日本が戦争で負ければウイグル人と同じ立場になる。

 たとえば日本人の医者であっても中国が選んだ職業を強制される可能性もある。これは否定できない。何故ならウイグル人が強制されているからだ。今のウイグル人の境遇は敗戦国の未来だ。だから日本の脅威でもある。

■中国文明には魅力が無い

 中国がチベット人、ウイグル人を抹殺するのは中国文明に魅力がないからだ。魅力があるならチベット、ウイグルで中国文明の良さを宣伝する。そして中国文明で生活が楽になることを教える。本来であれば中国はこの様にする。

 中国文明で現地が豊かにならないのは、チベット人、ウイグル人を抹殺し搾取するからではないのか。生活が豊かになれば外国に脱出して悲劇を伝えない。中国が実行していることは人権弾圧。だから外国に脱出する。

■日本は他人事ではない

 中国の覇権は南シナ海とインド洋に進出した。これは中国が海上交通路を遮断できることを意味している。仮に中国が海上交通路を遮断すれば、日本経済は打撃を受ける。仮に迂回路を用いても経済的な打撃を受ける。

 第二次世界大戦で日本はアメリカ軍から海を奪われた。これで日本の輸出入は遮断され日本国民は飢餓に陥った。今の中国は日本国民を飢餓に追い込むことが可能だ。そうなればウイグル人の人権問題は他人事ではない。だから日本は中国によるウイグル人の人権弾圧を黙認してはならない。

22

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。