■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    三菱重工業様、日本国民が味方です。がんばってください。

     韓国の最高裁判所が三菱重工業に戦前の徴用工に対しての賠償命令を出しました。

     まず素朴な疑問!

     韓国の法律には時効というのもはないのでしょうか?もし時効があるのなら、この賠償命令はどんな法律を根拠として出されたものなのでしょうか?

     賃金が支払われ、住居等の生活環境の整えて受け入れた朝鮮人労働者をどうして今頃補償しなければならないのでしょうか。本当に不思議な国ですね。韓国は一応民主主義陣営の一つだと思っていましたし、日米韓でCHINAや北朝鮮の脅威と対峙しているつもりが、いつのまにか日米だけになっているようです。

     韓国はどんどん北へすり寄っていっていますが、もうすぐ日米からきついお灸が据えられることだと思います。

     在韓米軍の動きを見てみると面白い動きをしています。部隊を徐々にソウルの南に動かしているのです。それは南北が開戦した時に、米軍はもう矢面に立たないという意味だと思っていましたが、最近は南北から挟み撃ちにされないための布陣かと思うようになっています。

     潘基文元国連事務総長が、「韓国に過敏な反応、日本らしくない」と語ったようですが、そうです。今の安倍政権はいままでの体たらくな自民党政権と違うのです。

     謝ればなんとかなるだろうで戦後やってきた土下座外交はもう取りません。

     言いたいことははっきりといいます。ただまだ物足りない面はありますが、あの河野太郎外相が韓国の外相が来日して会談したいとの申し入れに断固とした態度で突っぱねた行為は称賛に値します。

     今までなら、日本に何をやっても日本は何もしないし、何も言わないし、へらへら笑って受け入れたのでしょうが、現政権は違います。

     それを左巻きマスコミなどは、客人に失礼な態度をとるのはどうかとか、日本人のおもてなしのこころをとかいうノー天気な人?または売国奴がいますが、韓国やCHINAに対してはいやなものはいやとはっきりと言わなければならない時期が来ています。

     これ以上、中韓に舐めれっぱなしの日本であってはならないと思います。いやなものはいや!不快なものは不快だ!としっかりと伝え、お互いにきちんと外交ルールや約束を守ったうえで大人の付き合いをするべきです。

     島根県の竹島はすぐに明け渡すべきです。尖閣諸島付近の漁場から速やかに去るべきです。北朝鮮は拉致した日本人を一人残さず返すべきです。ロシアも不法占拠している島々を返すべきです。

     これらのことを相手国にさせるために「対話」ではもうできないということが証明されています。いまこそ交渉のテーブルに無理やりでも着かせることをしなければなりません。

     そのための憲法改正です。

     古来より日本は軍事大国でした。663年の白村江の戦いで唐と新羅の連合軍に敗れはしましたが、それ以上の侵攻はさせませんでした。また元と高麗による元寇は、鎌倉武士団の決死の働きにより防いでいます。これは元帝国が侵略を意図して初めて頓挫した例です。

     今も昔もCHINA大陸には日本軍をはるかに凌駕するだけの数の兵隊がいます。しかし、彼の国は過去も現在もその兵全てを対日戦線に動員できないのです。だからこちらに向けられる数は日本と同等なのです。こちらに全軍を向けたとたん、周りで一斉に蜂起します。東トルキスタンの人は大喜びでしょうね。

     現在では日本の高性能の潜水艦が東シナ海でCHINA海軍を待ち構えています。わが潜水艦隊はすぐにCHINAの虎の子空母を撃沈することでしょう。それを一番知っているのはCHINA海軍軍人です。

     韓国軍は全く頼りにならないというのが在韓米軍の本音です。また韓国軍のほとんどの兵器は米軍がコードを変えれば使い物になりません。これは残念ながら自衛隊も同じです。

     北と香しい香りのする高麗連邦を形成しても、韓国は何も得るものはありません。しいて言えば取るに足らないプライドくらいのものでしょうか。それよりもその後に来る経済の危機の方が韓国国民の生活を直撃するのに、なぜ韓国民は日本の方ばかりを向いてアッカンべーをしているのでしょう。

     全く理解できませんね。論語にとてもいい智慧が書いてあります。それは;「君子危うきに近寄らず」と。

     今の韓国には近づかない方が無難です。助ければ助けただけ後で訴訟されるし、面と向かって敵対すれば、差別だと喚き散らすし。

     だから、そっとしておきましょう。あたかも存在がないもののようにしましょう。

     もちろん姉妹都市?解消しましょう。姉妹クラブ?すぐにやめましょう。姉妹校?何のメリットが?修学旅行?子供が心配でないのか?

     そうやって彼の国とはお付き合いを徐々に減らしていきましょう。もちろん、観光客もお断りです。ビザ免をすぐにやめましょう。

     改正入管法が成立すれば、犯罪者の強制送還の受け入れを拒否している国からの労働者は入れないようにするそうです。つまり韓国からの労働者は受け入れなくなります。だから野党がぎゃんぎゃん騒いでいるのです。

     面と向かって「断交だ!」と言えば、いろんな反撃があります。

     だから、こそっといつのまにか表舞台から退場したらいいのです。韓国からの企業が平和裏に撤退することは将来のカントリーリスクの軽減になります。高麗連邦が成立しても、南北が戦争状態に入ってもどちらも致命的なカントリーリスクになるでしょう。

     今のうちに損切りしておけば、将来の莫大な損害を免れることができるでしょう。

     もう朝鮮半島はそういう局面に入っていると思います。文政権がこのまま続けばきっとそうなります。

     韓国民の方、自分の憂さをちょっと晴らすことに躍起になっているといつの間にか大事になりますよ。それでいいのでしょうか。そうなっても今度は日本のせいだと言わないでくださいね。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。