■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    世界の果てまでいってQのお祭やらせが問題なのか?

     「世界の果てまで行ってQ」の人気企画のお祭り参加がやらせだったと朝日新聞をはじめ、騒いでいるが、本当にこれが問題なのでしょうか。

     この番組はバラエティ番組であり、画面を見たら本物のお祭なのか、それとも企画ものなのか一目でわかりそうなもの。

     視聴者もそれがわかっていて普通に楽しくテレビを見ているのです。

     「世界の果てまで行ってQ」って報道番組だったのでしょうか?

     違います、ただの娯楽番組であり、真実かどうかではなく楽しくお茶の間で笑いがとれるかどうかがポイントの番組です。

     報道番組でキャスターや制作側の思惑のたっぷり入った偏向報道番組は全く問題にならず、受け狙いのバラエティ番組がやり玉にあがるのはとても納得がいきません。

     日本テレビの社長も出てきて謝罪などせずに、「あれはバラエティ番組ですから、もっとおおらかな目で見てくださいね」とでもいえばよかったのです。

     ここで怖いのは、真実を伝えるべき報道番組とただの娯楽を追及したバラエティ番組が同列に扱われていることであり、これは別の問題をごまかすための手口にしか見えません。

     今マスコミが必死で鎮静化させようとしている問題、いろいろ上げられますが、まずはBTSというガキ集団から始まった韓国のタレントたちの反日行動の洗い出し。

     BTSを紹介するときに気になるのは「全世界的に有名な韓国の人気アイドル集団BTS」と紹介するのですが、そんなに全米でも有名ならば嫌いな日本に固執せずにもっと稼げるアメリカで活動すればいいものをと思いません?

     「世界的にも有名な云々」をわざわざ巻頭につけて紹介する必要があるのかと不思議に思うのは私だけではないでしょう。

     「原爆」「津波」「地震」など日本に降りかかった悲惨な出来事をこそっと衣装などに紛れ込ませるのは、このグループをプロデュースしている取り巻きが酷いと思っています。

     聞く日本人の多くはびっくりするでしょうが、韓国人は日本人に侮日感情を持っているのです。自分たちの方が上に位置すると思っているのです。いつぞや、サッカーの試合でサルの物まねをした韓国の選手がいましたが、あれなど私も言われるまで日本人をバカにしたしぐさだと気付きませんでした。

     サルに近いのはあっちだと思うからです。

     私の子供のころは差別意識を持ってはいけないと学校で教えられ、特に朝鮮半島出身者にはそういうことを言うと、怖いという意識が植え付けられていました。自分自身が国際派を目指していたため、そういう感情は絶対いけないものだと思ってきました。

     しかし、それにも限度があります。そしてお互いが仲良くするには一定のルールがあります。それはお互いを尊敬しあい、信頼し合うということですが、一方的に破っているのはみんな向こう側の人ばかりです。

     自分たちがバカにされていると気づかずにへらへらしてペコペコ頭を下げる姿はさぞかし滑稽に見えるでしょうね。

     アウシュビッツの囚人服やナチスの将校を連想させる服を着ての写真などが出回っているので、アメリカにはいけないでしょうね。命の危険がありますし、プロモーターも誰も手掛けようとしないでしょう。

     日本で人気が出た俳優や歌手が韓国で必ず「竹島問題」を聞かれ、苦し紛れに答える姿をかわいそうに見ているのは日本人の方です。

     ごまかし方を失敗するとネットでこれでもかと叩かれ、果てには自殺までするような社会が韓国社会です。日本もそれになりつつありますが、あまりも見苦しいと思いませんか。

     BTSの他にも思いっきり日本をバカにしたようなプロモーションビデオを作って流している整形アイドルがいますが、すべて公共放送から締め出すべきだという風潮が出てきたので、それを打ち消すために「世界の果てまでいってQ」をやり玉に挙げているとしか思えないのは私だけでしょうか。

     マスコミは在日の息のかかった人たちが大勢いてその人たちに逆らえばテレビのオファーが無くなるというのは周知の事実です。

     だから保守系でテレビに出ることができるのは、ケント・ギルバート氏など少数の人気者だけで保守系の有名人がしばらく出て人気が出ると何かのスキャンダルで一気に奈落の底へ突き落して葬り去るのが常套手段です。

     同じ娯楽の分野と言いながら、祖国をバカにされてまで韓国のグループを日本の公共放送に出演させていいものでしょうか。

     バラエティ番組で全く冗談が言えなくなったらどれほどつまらないものになるかわかるでしょう。

     日本国民はその区別もつかないようなバカではありません。

     日本テレビさん、これからもどんどんあのお祭り企画を作って放送してください。出川氏や宮川氏などのタレントさんが体を張って挑戦するしぐさはとても好感を持ってみています。だから視聴率が高いのです。

     少数のいちゃもんに屈することなく、楽しい番組を一所懸命に作っている姿が支持されて視聴率が取れているのです。誰もそこに真実かどうかは求めていませんし、そうである必要は全くありません。

     それよりも安田順平氏の疑惑をきちんと追及してください。関西生コンの事件と政治家の関与をきちんと解明してください。これらの事件ではたくさんの人の命が失われています。その真実は追及しないでたかがバラエティ番組をやり玉に挙げて国民の意識をそちらに向けようなど姑息な手段を取らずに、ジャーナリズム精神にのっとった報道番組を制作することを切実に望みます。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。