ワシントン・タイムズ・ジャパン

桜餅のお話

新しくて甘くて、ちょっぴり塩辛くて、とてもおいしくて、世界中誰からも愛される、それこそ桜餅のような、息の長い、美味しい新しい文化を世界に発信してしていくことが、いまの私たち日本人に課せられた使命なのかもしれません。

桜餅(さくらもち)には、上方風と江戸風の二種類があります。

200

こちらが上方風

200-1

こちらが江戸風です。

もともとは江戸が発祥で、京に伝わったときに、京都の和菓子職人さんたちの手によって、形状が変わって上方風ができあがったものだと言われています。

江戸での生まれは、向島です。
そこにある長命寺というお寺の門前で、山本新六という人が享保2(1717)年に、隅田堤の土手の桜の葉を樽で塩漬けにし、これを餅に巻いて「桜餅」の名で売ったのが、そもそものはじまりです。
堤(つつみ=堤防のこと)は、その頃から桜の名所で、花見時には多くの人々が集ったので、桜餅が大いに喜ばれ、お江戸の名物菓子になりました。

この「桜餅」の考案者の山本新六が、いまの「山本や」さんの創業者です。

桜餅に使われる「もち米」は、もち米をそのまま使うのではなくて、一度蒸して乾燥させ、これを粗く砕いたものを用います。
こうした「もち米」の利用方法は、実は、戦国時代に考案されました。
このようにすることで、砕いたもち米をお湯や水に浸せば、すぐに食べられるようになったのです。
これが戦国武士の携行食として大流行しています。

この粉を量産していたのが、大阪にある道明寺です。
ですからこの細かく砕いた「もち米」のことを別名で「道明寺粉」といいます。
そこから上方風の桜餅のことを「道明寺」と呼んだりもします。

さて、その桜餅です。
実は、その由来には、異説があるのです。

江戸時代は鎖国をしていて、外国人の出入りは長崎の出島でのみ赦されていたというのは有名な話ですが、ある日のこと、オランダから来た異人さん2人が、たいそう女を欲しがったのだそうです。
そこで、しかたなく長崎奉行が、丸山遊郭に事情を話して、二人の美しい遊女を呼び寄せました。

奉行は事情を話して、二人の女性に頭を下げて頼んだのですが、女性のうちのひとりはイヤがって、カミソリの刃で喉をかききって果ててしまいます。

もうひとりの遊女は、逆らわずに、異人のひとりの囲いものになりました。
そして異人が帰国した後、中島天満宮の近くに小さな茶店を出して、そこで桜の葉を塩漬けにしたもので餅を包んだ菓子を売ったのだそうです。

異人の囲い者になっていた頃、その屋敷に大きな桜の木があり、花が散って葉だけになり、その葉も散って行くのを見て、
「いずれわが身も散っていく・・・・」
と、そんな思いを、お菓子にしたというのです。
この菓子が、とても評判がよく、桜餅となって江戸に伝わったのだというわけです。

真偽のほどはわかりません。
けれど、身の上にたいへんなことが起こった時、そこで死を選ぶか、それともそこから何かを生み出すかは、それぞれの人生の選択です。

わたしたちは、いま、たいへんな時代を迎えています。
日本がなくなりそうな事態になっている。

でも、やはり私たちは日本をあきらめず、いまの苦境から何かを生み出して、新しくて甘くて、ちょっぴり塩辛くて、とてもおいしくて、世界中誰からも愛される、それこそ桜餅のような、息の長い、美味しい新しい文化を世界に発信してしていくことが、いまの私たち日本人に課せられた使命なのかもしれません。

※ この記事は『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』でご紹介した記事を再加工してお届けしたものです。


「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
http://nezu621.blog7.fc2.com/

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。