■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    新潮45の休刊は炎上目的? メディアが食いつく餌とされた『杉田水脈』論文

     先月末、月刊誌「新潮45」の休刊が発表されました。休刊の発端となったのは、8月号に掲載された杉田水脈衆院議員の論文。「LGBT(性的少数者)は生産性がないと」と断じたことが問題視され、批判が寄せられるようになりました。

     それを受け、10月号では「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という特集を掲載。中でも、文芸評論家の小川榮太郎氏による「LGBTの権利を認めるなら、痴漢の触る権利も社会で保障すべき」などと主張する論文がかえって問題を大きく再燃させることに。10月号発売直後に社内から批判の声が起き、21日に佐藤隆信社長の反省的な見解が表明され、25日に新潮社名で休刊を公表するに至りました。休刊の決断を下した新潮45に対して、新聞やネット上などでは様々な見解が示されています。

    言論の場を閉ざした新潮へ無責任だと批判するメディア

     新聞各社の報道は、熱心に報道したものと、控えめに報道したものと、大きく2つに分かれています。朝日、毎日、東京は熱心に報道していましたが、日経、産経は簡略的に、読売はやや詳しいながらも控えめでした。熱心か控えめかは、報道の量と論調に表れており、さらに社説の内容からも読み取ることができます。なお、社説にこの件が書かれてあったのは朝日、毎日、産経の3社でした。朝日は「あまりに無責任な対応」、毎日は「安易な『偏向商法』のつけ」と、新潮社を厳しく批判していました。一方、産経の社説は、「『言論の場』を閉ざすのか」と、開かれた議論を求めるものでした。

     また、同じ新潮社が発刊する文芸誌「新潮」は11月号で「人間にとって変えられない属性に対する蔑視に満ち、認識不足としか言いようのない差別的表現」と、矢野優編集長による編集後記として「新潮45」を批判する内容が掲載されました。矢野優編集長はさらに、小川榮太郎氏の論文について、「言論の自由や意見の多様性」を踏まえたとしても「差別的表現だと小誌は考えます」と表明。その上で「差別的表現に傷つかれた方々に、お詫びを申し上げます」と謝罪しました。

     21日に公式サイトで発表された「『新潮45』2018年10月号特別企画について」と題した佐藤社長の声明文では、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」、「弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です」とはっきりしない表現で、「謝罪はしていないし、何が言いたいのか伝わってこない」などという声がネット上に飛び交って炎上。それを受けて、25日には新潮社のサイトで休刊のお知らせとして、「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません」、「このような事態を招いたことについてお詫び致します」と謝罪と反省の意を込めて休刊を決断したことを発表しました。

     これに対してネット上では作家やライター達それぞれの見解が示されています。休刊は早急すぎたのではと、きちんと自己検証をする号を出してからでも遅くなかったという意見や、新潮45にネガティブなイメージがつきすぎたため、本体である新潮を守るために切り捨てたのではという見方もあります。また、雑誌は発信のプラットフォームだから無くすべきではないという意見がある一方、新潮45をなくしても新潮社が別の媒体で継承すればいいという議論も出ているとか。

    休刊は「逃げ」か、それとも杉田議員の「擁護」なのか

     一番納得できた見解は、「部数が伸び悩んでいた新潮45がもともと休刊まっしぐらだったため、炎上狙いで延命しようとした」という見方です。杉田水脈論文で、差別的表現だとメディアを煽らせ、その上でさらに「LGBTは見ていて不快だから、LGBTの権利を認めるなら痴漢の権利も認めろ」というとんでもない応援原稿を掲載したというのは、普通の神経では考えられません。それに、急すぎる休刊はもともと覚悟の上だったとするなら納得できます。休刊といっても復刊するのは難しいと思われるので実質廃刊なのかもしれません。メディアや読者に追い詰められたというよりも、自ら休刊の道を選んだとしか考えられない掲載内容です。

     杉田水脈論文を応援する特集を組み、それがまた批判を浴びたとしても、新潮45としての見解をきちんと示す号を出せばまだ休刊する必要はなかったのではとも思います。ただ、社内からの批判も大きく、寄稿している作家の中から寄稿を断る人たちもいたみたいなので本当に続刊が難しくなったのかもしれませんが、それなら杉田水脈論文を応援する特集の論文をもっと精査すればよかった話です。

     杉田水脈論文が批判されている「生産性がない」、「支援の度が過ぎる」というのは、メディアがLGBTを擁護する報道ばかりしているため、メディアからの支援の度が過ぎるということで、常識や普通ではないことが社会的に認められるべきだという考えが広がることへの懸念を示すために生産性がないことを例に挙げて主張していると読み取れます。国民の思考を一方向に集約しようとするメディアに対する批判をしていることよりも、LGBTは普通ではない、支援する必要はないという差別的な部分ばかり取り上げられてしまいました。

     生まれつきの障害とされているのでデリケートな論点ではありますが、この論文を雑誌で掲載したということは、杉田議員のような考えをしている人がいるため、その人たちからは賛同を得られると思ってのことでしょう。LGBTを擁護する考えがある一方で、批判する考えもあるというのは事実なのに、メディアが差別的だと批判して休刊にまで陥ったということは、杉田議員の言うようにメディアによって国民の思考が操作されていることの表れではないでしょうか。

     ただ、この内容を掲載した新潮45が、売り上げのためにわざと炎上させるような文言を削除せずに載せたのだとしたら、そのやり方には賛同しかねます。杉田水脈論文を応援する論文でさらに余計な炎上騒動が起きると誰でも分かる文章を掲載したことは残念でなりません。新潮45の思惑が何であれ、休刊にすることで、杉田議員の主張が正しいと擁護することになったようにも思えるので、炎上商法だったと一蹴することはできません。

     「今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です」という新潮社は、読者の信頼を取り戻すため、どのような内容を掲載していくのでしょうか。杉田議員の言うように、「『常識』や『普通であること』を見失っていく先にある『秩序』のない社会」にならないような雑誌であってほしいと願います。

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。