■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    よい日本人を修身教科書に学ぶと

    はじめにひとつの短文を紹介します。
    まずお読みになってみてください。
    ある本の抜粋です。

    *****
    よい日本人となるには、
    いつも天皇陛下、皇后陛下の御徳(おんとく)を仰ぎ、
    皇大神宮(こうだいじんぐう)をうやまいたっとんで、
    忠君愛国の心をさかんにしなければなりません。
    また紀元節・天長節・明治節などの祝日のいわれをわきまえ、
    国旗を大切にすることも、
    日本人として大事な心得です。

    父母には孝行をつくし、
    先生をうやまい、
    学校を愛し、
    友達は仲良くして助け合い、
    近所の人には親切にすることが大切です。

    心をいつも正直にもって、
    うちにいても外に出ても行儀を良くし、
    堪忍ということを忘れず、
    人と協同して助け合い、
    また平生(へいぜい)は倹約をまもり、
    慈善の心も深く、
    人の難儀をすくい、
    生き物をあわれむやさしい心がけがなくてはなりません。

    そうして人から受けた恩を忘れないばかりでなく、
    規則をよく守って、
    人の迷惑になるようなことをせず、
    進んで世の人々のために
    公益をはかるようにしなければなりません。

    いつも自分の健康に注意して父母を安心させ、
    健康な体で学問に励み、
    仕事に精出し、
    また物をよく整頓し、
    心を落ち着けて物事に慌てず、
    いざという時にはなんでもできるような
    勇気を普段から養っておくことも大切です。

    このように自分の行いを慎(つつし)んで、
    よく人に交わり、
    世のため人のためをはかって、
    天皇陛下の御ためにつくすように心がけるのは、
    よい日本人となるのに大切なことです。
    そうしてこれらの心得を行いに表すには、
    すべて真心からしなければなりません。

    *******

    仮名遣いや漢字は、いまの人が読みやすいようにすこし直していますが、これは尋常小学校三年生の修身教科書の最終章である第27に書かれている文章です。
    繰り返しますが、これが小学校三年生です。

    尋常小学校の修身は、1年生から3年生までの教科書がありますが、いまの教科書と違って、「一年生用」とか「二年生用」とはなっていません。
    「巻一」「巻二」「巻三」といったように、単純に巻数の順番が表記されているだけです。
    なぜそうなるかというと、昔は「飛び級」があったからです。

    優秀な子は、どんどん先に進むことができました。
    これには理由があって、昔の寺子屋時代もそうですし、特に田舎などではその傾向が顕著なのですが、学校とは言っても、ひとつのクラスしかなく、そのクラスに一年生から六年生までが一緒に学んだ、といったケースが多かったのです。

    そうなると、必然的に上級生は下級生の面倒を見なければなりません。
    自分ひとりだけができれば良いのではなくて、下級生たちができるようにしてあげることも、上級生の勤めなのです。
    薩摩の郷中教育や、合図の什教育などは、まさにこれを実現したシステムとなっていましたが、それは全国どこの藩でも行われていたことです。

    そもそも社会人になれば、年齢ごとに仕事が違うなんてことはないのです。
    年長者から若年者まで、ひとつ職場で人間関係を形成します。
    教育が、立派な社会人となるように育成するためのものであるとするならば・・・誰だって自然と大人になっていくのですから、それは当然のことと思いますが・・・むしろそうした教育環境の方が、上級生となった者に自然と「責任感を育成する」という意味で、現代教育のスタイルよりもはるかに好ましいものということができようかと思います。
    なぜなら社会システムは、いかなる場合においても、責任を伴うシステムだからです。

    またテストの点数が、成績上位者から低位者まで、正規分布となることはよく知られた事実ですが、中央値あたりの生徒たちを対象に授業を行えば、とびきりのトップ集団に属する子供たちには者足らず、低位集団に属する子供たちにとっては授業が難しすぎてついて行けないという問題が起こります。

    481

    正規分布

    そこで、成績上位者には、どんどん高学年の教育を与えていく。
    成績低位の者にも、無理がないように、しっかりと低位の教科書から順番にマスターしてもらう。
    このことは、特に数理系の科目に貴重な働きをします。
    算数も数学も積み上げ科目です。
    足し算引き算がわからなければ、掛け算割り算は理解できないし、代数になったらもっとわけがわからなくなります。

    飛び級も、学年横断的な複合教育も、実は日本以外の諸国では、あたりまえに行われていることです。
    生徒の人数の関係で、どうしても学年ごとに教室分けする場合でも、必ず学年横断的な授業が教育システムの中に取り入れられています。

    日本は教育の歴史の古い国だけに、教育システムは戦前戦中までは世界の最先端を走っていたと思いますが、戦後はGHQによってこれが破壊され、おそらくいまの日本の教育システムは、アフリカの新興国にさえ及ばない、低次元のものになってる・・と言った人がいました。
    なにせ、どうみても生徒に舐められて指導力など発揮できそうにないオカマのオネエが、一人前の教育者顔をしてメディアに出ているくらいです。

    オカマでもオネエでも、それは本人の自由だし勝手ですが、それでもどこかに人間的な魅力や、強さがなければ、子供たちはついて来ません。昔のピーターさんや美輪明宏、近年の楽しんごさんのような人なら、まだ生徒たちは付いてくるかもしれませんが・・・。

    さて、上にある文章です。
    ご一読いただいて、いかがでしょう。

    実は、今回ご紹介したものは小学三年生向けの修身教科書の末尾の「よい日本人」というタイトルの小文ですが、同じ内容は、小学一年生から六年生まで、すべての修身教科書の末尾に(もちろん内容の濃薄や文章の長短はありますが)掲載されているものです。
    内容は、どれも同じです。

    もっとも簡にして要を得ているのが小三かなあと思ったので、三年生のものをご紹介しました。

    「修身教育は価値観の押しつけであって、
     子供たちに施すべきではない」
    という意見があります。
    そのように公言してはばからない政治家(主に野党)もいます。

    いかがでしょう。
    ここに書かれていることは、日本人として、あるいはもっというなら「人として」大切なことばかりなのではないでしょうか。

    一方、日本の大切なものを破壊したり、外国に売り渡すことに一役買って利益を得ているような人たち、あるいはそこにぶら下がっているような人たちにとっては、まさに修身教育は邪魔な存在でしかありません。

    そもそも修身教育が目指しているものは、価値観の押し付けではなく、「価値観の元になるもの」を育成するものです。
    人には、それぞれに違いがあり、個性があります。
    その個性に応じて、その人の持っている良いところを、より一層伸ばしていく。
    そのためには、個性のもとになる価値観の源泉となるものを育成していかなければならないのは当然すぎるほど当然のことです。

    ある中学校で、集団縄跳びがありました。
    ひたすら飛ぶことに一生懸命になる子、
    ひときわ大きな声で、みんなに掛け声をかける子、
    持久力のない子に、一緒になってマラソンをしようと持ちかける子、
    ひとりひとりの子供によって、その行動はみんな違います。

    その中に、ひとり、どうしても上手に飛べない子がいました。
    みんなで飛ぶのですが、何度もその子の足が縄にひっかかってしまう。
    集団縄跳びは、みんなひとつ方向を向いて飛びます。
    けれどその子の前にいた子が、後ろ向きになって、うまく飛べない子の手を握り、一緒になって掛け声をかけながら、飛んであげていました。
    それでも足がひっかかってしまう、その飛べない子が、ついに座り込んで泣き出してしまうと、その後ろ向きになった子は、泣いている飛べなかったを抱きしめて励ましていました。

    ひとりひとり、個性があるのです。
    その個性の発揮が、より良い方向に向かうことを、成長といいます。
    悪い方向に向かうなら、それは不良です。
    不良に走る者は、社会人として失格です。

    そんな不良からみれば、修身教育は「価値観の押しつけだ」と思えるかもしれない。
    しかしそのような不良を放置すれば、社会道徳は失われ、社会の秩序が崩壊してしまうのです。
    現にいまの日本がそうなっています。

    そうであれば、その「良い方向」とは、一体どのようなものなのかを、子供たちに示していかなければなりません。
    それがつまり「価値観の元になるもの」であり、修身教育です。

    その修身教科書の末尾には、上に示した「よい日本人」があります。
    この文が「よくない」というのであるならば、具体的にどこがどのように良くないのか、説明していただきたいものです。

    冒頭に「天皇皇后両陛下を敬え」と書かれています。
    それが良くないのでしょうか。
    日本は、海外から見たら、誰がどう見ても、れっきとした君主国です。
    しかもその君主国は、2千年以上の歴史を持つ世界最古の君主国です。

    そしてその頂点にある天皇は政治権力を持たず、民衆を「おほみたから」とする国です。
    これによって政治権力者が民衆を支配するのではなく、権力者が民衆を天皇から預かるという社会システムができあがります。
    そうなることによって、我々日本人は、世界中のどの国も実現できなかった、「民衆の権力からの自由」を得てきたのです。
    そのどこがいけないのでしょうか。

    また「紀元節・天長節・明治節などの祝日のいわれをわきまえよ」とあります。
    紀元節は2月11日の神武天皇即位の日
    天長節は12月23日の今上陛下の御誕生日
    明治節は11月3日の明治天皇の御誕生日です。
    君主の誕生日を祝わない国など、あるのでしょうか。
    あるのなら教えていただきたい。
    現代日本以外に、そのような国は世界に皆無です。

    しかも我が国の天皇は、我が国国民全員の共通のご先祖のなかの本家です。
    つまり天皇は日本全国の各世帯の、本家の中の総本家です。
    本家のお爺ちゃんのお誕生日を祝って、何が悪いのでしょうか。

    「国旗を大切にせよ」とあります。
    日本の国旗は、世界最古の日輪の国旗です。
    軍国主義の象徴?
    冗談じゃないです。
    日本は世界で最も古くから平和と繁栄を実現してきた歴史を持つ国です。

    不快感を持つ人もいる?
    これまた冗談じゃないです。
    そういう人もいるから、世界には国境というものがあるのです。
    私など、日本の周辺にあるいくつかの国が大嫌いで、その国の国旗を見るだけで反吐がでます。
    ですから絶対にそんな国には行きたくないし、そばに寄ってほしくもないし、日本に来てもらいたくない。
    でも、その国の人にとっては、その国旗は栄えある国家の象徴です。
    世界にはいろいろな価値観を持つ国がある。それで良いのだと思います。

    「父母には孝行をつくし、先生をうやまい、学校を愛し、友達は仲良くして助け合い、近所の人には親切にすることが大切」以下の文は、社会道徳そのものです。
    そのどこがどのようにいけないのか、説明していただきたいものです。
    逆が良いのですか?
    父母を嫌い、先生を嫌い、学校を嫌い、友達との交流を避け、近所の人とは付き合わないことが、社会を良くするのでしょうか。
    そのような実例で成功した事例が、人類史上どこにあるのか、教えてもらいたいものです。

    思うに、冒頭にある文面は、外国人が日本国籍を取得しようとする際には、必ず暗唱させ、これを守ると必ず誓約させるべきものと思います。
    すでに日本人になっている者でも同じです。
    もし違背すれば、即時日本国籍を剥奪し、国外に追放すべきものです。
    それくらい、日本人として、人としてあたりまえのことが書かれている。

    あたりまえのこと実践して生きるということは、実はたいへんに難しいことです。
    しかし、すくなくとも、その心がけは、日本に住む日本人が常識として共有すべきものです。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。