■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    石平
    石平
    評論家
    新宿会計士
    新宿会計士
    政治経済評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    池上彰さんのネタ取りは他局にもある業界常識?

    劇団ひだりまわりなどに所属する子役の、政治的問題につながる発言のヤラセ問題が・・・

    【池上彰氏番組、子役タレント20人以上出演! 

     「なぜ小中学生とだけ紹介したのか」と疑問の声】

    https://www.j-cast.com/2018/09/11338376.html?p=all

    ・・・池上彰さんのネタ取り問題に飛び火しして未だ鎮火せず。。

    【【炎上】池上彰のパクリを八幡和郎が告発。

     有本香「私も同じ経験ある!」宮下研一「私も!」】

    http://netgeek.biz/archives/126507

    600

    私としてはネタ流用問題より、知識も責任もない子役を使い政権批判させ、視聴者を錯覚させて世論誘導を狙ったことのほうが頭に来てましたので、今回有本香先生や八幡和郎先生の怒りのツイートを見て、

    「だってテレビじゃんしょうがないよ(笑)」

    なんて思ってたのですよ。

    だって、テレビでしょ?

    フジテレビでしょ?(笑)

    そりゃ善人が泥棒したならびっくりしますが、泥棒がまたやっちまったのと同じで、そういうものじゃないですか。

    ・・・が、よくよく考えると、そりゃスルーしていい話じゃなかった(^_^;)

    先生方のお怒りはごもっともです。

    で、思い出したんです。

    私のところにはフジテレビじゃなくて、

    テレ朝から来ましたよ。

    もうずいぶん前の話で5年くらい前だったかな?

    ずいぶんと都合のいいことやってんなあ、という感想を抱いたことは思い出しました。

    でもそれだけ。あとは記憶がない。

    いろいろなところからお電話もいただきますので(^_^;)

    ただ、これほど「都合の良い事やってやがんな」と思えたご依頼はめったになかったのでわずかに覚えていたのです。

    どう対応したかの記憶が曖昧だったのでメールを確認、案の定協力を断っていました。

    記憶が薄いはずです(笑)

    ・・・あ、依頼メールありましたよ(笑)

    坂東学校では、個人のプライバシー部分のみを伏せた全文と、その他マスコミ内部の様子などを後ほどお伝えしますが、こちらでは一部だけ公開しますね。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ■番 組 名  テレビ朝日『池上彰のそうだったのか!学べるニュース』

    (中略)

    お願いする作業としましては

    1.収録前に担当ディレクターが作成した台本をメールなどで送りますので、間違いがないかなどをチェックしていただく。不明な点があればメールと電話でやりとりさせていただく。

    2.4日(木)~6日(土)に収録した内容を見ていただき、チェックしていただく。

    この作業はテレビ朝日に来ていただくか、無理な場合はDVDをお送りして見ていただきます。

    お忙しい中急なお願いで申し訳ございません。

    詳細・ご不明な点は電話でお話しいたしますので、下記携帯にご連絡いただくか、当方からご連絡可能な電話番号と時間帯を返信にてお教え願えますか?

    なお、番組ご協力に対し薄謝はご用意しておりますが、番組の性格上、先生のお名前は番組内でお出しすることができませんことをご理解願います。

    勝手なことを書き連ねまして申し訳ございませんが、ご連絡お願い申し上げます。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    非常に丁寧なメールながら、発信元が言うとおり「勝手なことを書き連ね」てますし、それでいて具体的ギャラの提示もなし(笑)、全く私のプラスになるものではない。

    断るの当たり前でしょ?

    しかしこれが業界の常識のようです。

    594

    で、私はと言えば、メールを貰った翌日、とても大人な文章で、やんわり・さわやか・まろやかに拒否回答してました。

    発信者は局内の部署のような所属名があり、本人の名前も記載がありますが、番組制作会社の方なのか本社の方なのかは不明。

    検索してみると結構いろんな番組の制作に携わっている方です。

    近いうちにまた虎ノ門ニュースに出るかも知れないので、百田先生なら詳しいかも。今度聞いてみます。

    600

    しかし池上彰氏ネタ取りの件、善意無名の協力者はもっとたくさんいるはず。

    協力して報酬を受け取っているためカミングアウトできないのでしょう。

    でもその気持は、わかりますよ。

    私だって、名前が出なかろうが金が出なかろうが、信頼できる相手には事実の暴露を期待してネタは渡しますし、協力した人も「カネも名誉もいらないから情報を拡散してもらって世の役に立ちたい!」という想いで協力したのでしょう。

    私は断ったため報酬額は不明ですが、口止め料込みなのか?

    テレ朝・フジと局をまたいで同様の手口なのは、池上氏の一貫した方針のリクエストか、業界の体質でしょう。

    ちなみに、池上さんを偽善者という人がいますが、私は会ったこともないのでよく分かりません。

    600

    これは池上さんだけが悪いのではないと思います。

    「なんでも知ってる池上彰」を売りにするためにネタを集めるスタッフ、

    物知りイメージに沿わないと仕事にならない池上氏、

    テレビを足がかりに有名になりたい出演者、

    それを利用して視聴率を上げて広告費増をねらう局、

    それを知らずに更に信仰心を増す視聴者・・・。

    視聴者ではなく、スポンサーに支えられた、業界全体の構造的問題でしょう。

    ただ、他人の情報を元に局側が作った台本を毎週のように短時間で理解し、自分の経験や知識であるかのように発信し、現実に視聴者が彼を尊敬するほどですから、すごい演技力と説得力を持った俳優のような方なのでしょう。

    そんな旧権力組織たるメディアの演技を伴う扇動を見破れるかどうかが、今、国民に問われています。


    坂東忠信の日中憂考(無料ブログ)より転載
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/

    5

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。