ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

玉城デニー氏の選挙母体が事務所開き、公務員が参加 沖縄県知事選

 沖縄県政を揺るがした二件の「詐欺事件」は、よもやと思われた「謝花副知事による撤回実施」により一応の解決は付いた。

 だが、筆者は副知事による「撤回実施」が報道された8月31日の午後5時になるまで、寸前になって「先送り」にする、つまり「撤回詐欺の延長」を信じていた。しかし現実は、筆者のはかない予測を打ち砕き、「撤回」は実施された。

 玉城デニー氏の選挙母体が事務所開き 沖縄県知事選
 9/1(土) 9:00配信

【沖縄タイムス】
ガンバロー三唱で気勢を上げる玉城デニー氏(前列中央)=31日午後、那覇市古島・教育福祉会館


 9月30日の沖縄県知事選に出馬する玉城デニー氏(58)の選挙母体「平和・誇りある豊かさを! ひやみかち・うまんちゅの会」の事務所開きが31日、那覇市の教育福祉会館で開かれた。冒頭、8日に膵臓(すいぞう)がんで亡くなった翁長雄志前知事に黙とうをささげた。
 玉城氏は翁長前知事の「これ以上沖縄の未来に禍根を残さない、子や孫たちに負の遺産を残さない、これ以上沖縄に平和や自然を壊す米軍基地はいらない」という遺志を引き継ぐ決意を述べ、31日に県が行った承認撤回を支持する考えを示した。
 玉城氏は沖縄を「自然環境を大事にし、誇りある豊かな平和な島にしよう」と強調した。「あらゆる人を受け入れる、子どもたちがどんどん世界へ飛び立っていく拠点にしていこう」と呼び掛けた上で「新時代沖縄をつくりたい」と力を込めた。
 選挙母体の会長には金秀グループの呉屋守將氏、選対本部長には仲里利信前衆院議員、顧問に照正組会長の照屋義実氏が就任した。
                  ☆

 上記記事には報じられていないが、テレビ報道によると参加者の中に謝花、富川両副知事の顔を確認できた。謝花副知事は8月31日の「撤回実施」の際、「行政手続き」であり「政治判断ではない」と強調した。

 「行政手続き」を強調するがあまり30分間の会見で10回も繰り返した。「撤回実施」が単なる「行政手続き」の一環なら、粛々と実施表明すればすむ。
 30分間で10回も繰り返したことは、副知事自身が「政治判断」と意識していた。公務員の立場の謝花副知事は選挙の洗礼を受けていないので「政治判断」は副知事としての越権行為と認識していたからだ。

 では公務員の副知事が政治活動をして問題は無いのか。 

 大いに問題ありだ。

 翁長知事の場合、行政府の最高責任者であると同時に選挙で選ばれた「政治家」の側面もあり「政治判断」も可能である。 当然自分の「後継者」である玉城デニー氏の選挙事務所開きに参加しても公務員関連法に抵触しない。

 だが、謝花、富川両副知事の場合は別問題だ。 両副知事が選挙事務所開きに参加することは行政手続きの一環ではない。 政治判断で出席したはずだが、これは公務員関連法に抵触するのではないか。

 そもそも「政治判断」の出来ない公務員のトップが何を根拠に出席を判断したのか。

 政治判断で決めたことは否定できないだろう。

8

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。