■連載一覧
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 平壌共同宣言の波紋
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 2018/10/15
  • 2018/10/04
  • 2018/9/26
  • 2018/9/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    実は終わっていない明治維新

    ほんの冗談ですが、先日、もし新しい元号の候補をあげるとしたら、どんな元号が良いと思うかと聞かれて、パッと思いつきでお答えしたのが、
    「建知(けんち)」です。

    大和言葉で「建」は「たける」と読みます。
    「たける」は、「竹る」で、竹のようにまっすぐに整えることです。
    「知」は、古事記では「しらす」と読みます。
    つまり日本の国体の根幹となる言葉です。

    さて、明治日本はそれ以前の江戸日本を全否定してできあがりました。
    江戸時代にあったすべてのものが悪とされ、洋風化することこそが正義とされました。
    欧米列強による植民地支配圧力の前で、やむを得ない選択であったろうと思います。

    その明治日本は、昭和の大戦によって、GHQによって全否定され、戦後日本となりました。
    ですから戦後日本は、それ以前の、明治のはじめから、終戦に至るまでの日本を、やはり全否定です。
    つまり、明治以降の日本は、明治日本が江戸日本を否定し、戦後日本も明治日本を否定という、実は二重の否定がなされて現在に至っています。

    少し考えたら誰にでもわかることですが、時代時代でそれは仕方のない選択であったとしても、否定だけでは、決して世の中は良くはなりません。
    常々思うことですが、明治維新は、まだ終わっていないのではないかと思います。

    明治維新の始期は、嘉永6年の黒船来航からと、これはおおむね議論の余地なく多くの識者の方々の一致した意見です。
    ただ明治維新の終期はいつなのかというと、この議論は千差万別で、様々な意見があってまとまりません。
    ある先生は、明治の終わりに条約の改正が行われて、晴れて日本が不平等条約から脱することができたことをもって明治維新の終期とされると説きます。
    明治維新が不平等条約の是正を求めて大きな政権交代を伴ったものである以上、その目的を達成したときが終期になるという説です。

    またある先生は、大日本帝国憲法発布をもって明治維新の終期と説きます。
    近代国家の成立を求めて明治維新が行われたのだから、というのがその論拠です。
    あるいは同じ理由から、帝国議会の成立をもって終期とするという説もあります。
    あるいは、日清日露の戦争の勝利をもってという説、大英帝国との同盟関係の成立をもってという説などもあります。

    思うに、たとえば隣国に隋という軍事超大国ができて、これに抗して我が国の独立を護ろうとして立ち上がった聖徳太子にはじまる時代、遣隋使を送り(600年)、新羅征討の軍を出し(600年)、十七条憲法を定め(604年)、さらに、645年の乙巳の変で蘇我入鹿を倒して天皇中心の社会体制を堅持し、公地公民制を敷き(646年)、白村江の敗戦によって半島の権益を放棄し(663年)、記紀を編纂し(712,720年)、道鏡事件が起こり(769年)、平安京遷都(794年)が行われて我が国が安定するまで、およそ200年の歳月を擁しています。

    手塚治虫は、
    「過去はすでに起きた未来、
     未来はこれから起こる過去」
    という名言を残しましたが、要するに歴史は繰り返すものなのです。

    なるほど現代では、物質的には黒電話がスマホになったり、エアコンができたり、武器も剣や弓矢の時代から、鉄砲の時代、大砲の時代、ミサイルの時代、ハイパーネットの時代と、様々に進化していきます。
    とりわけこの50年の進歩はすさまじいものがあったと思います。
    お金の形もワラジを模した小判の時代から、紙のお札の時代になり、いまは電子マネー化が進んでいます。
    これもそのうちポイント制になるかもしれない。

    いわゆるハードの面というのは、なるほど短期間に爆発的に進化を遂げることがあります。
    けれども、それらを作り出している人間は、そうそう変わるものではありません。
    そしてその人間が織りなす国際社会の仕組みも、そうそう簡単に変わるものではありません。

    明治維新がなぜ起きたのか。
    事の発端が嘉永6年の黒船来航だとするならば、その答えは簡単です。
    ひとことでいうなら「外圧」です。
    日本はその外圧に屈して不平等な条約を締結させられ、国内で蓄積した黄金を大量に国外に流出させました。
    幕末の志士たちにとって、手の届かない坂の上の雲は、まさに欧米列強の支配の圧力にいかに抗して、我が国を彼らと対等かつ平等な国家にしていくのかにありました。

    そして不平等条約は、いったんは1911年(明治44年)の米国との新・日米通商航海条約の締結によって、ようやく欧米諸国と対等な関係が構築されたかに見えました。
    しかしそれは、わずか10年後の1921年(大正10年)のワシントン会議で、もろくも崩れ去っています。

    ワシントン会議で日本は主力艦の保有量を対米英6割という不平等を押し付けられ、その後は次々と対等な関係を制限され、やむなく日本が大東亜の戦いを起こして敗戦すると、今度は憲法まで押し付けられて、いまだにODAという名の巨額の戦費賠償を継続しているのが、いまの日本です。

    つまり嘉永6年(1853年)の黒船来航に始まる不平等関係は、あれから165年経ったいまでも、実は解消していないのです。
    ということは、明治維新は、実はいまなお係属中である、ということになります。

    そうであるとするならば、いたずらに江戸社会を否定し、明治を否定し、昭和を否定するというのは愚(おろ)かなことです。
    むしろ黒船来航以降の一連の流れを、我が国が国際的に諸外国と対等な国を築こうとしてきた歴史の積み重ねとしてとらえ、そのなかで我が国が何を目指していかなければならないかを再考すべきだと思うのです。

    そのために必要なことは、日本とは何か、どういう国柄なのか、どういう国を目指すことが、人々にとっての愛と喜びと幸せと美しさを実現する、よろこびあふれる楽しい国つくりになるのかを、一度突き詰めてみるべきではないかと思うのです。

    サンデーモー○ングばりに、暗い顔をしてごちゃごちゃと批判ばかりを繰り返していても、日本が良くなることは決してありません。
    このことは、普通の企業に置き換えて考えてみれば明らかです。
    会社の管理職が会議室にこもって、暗い顔をして経営陣の悪口ばかりをグズグズと述べていても、会社が良くなることは決してありません。
    会社では、そういう会議室にこもって愚痴や文句ばかり言っているような人は、たとえそれがお金持ちの倅や現職の部長さんであったとしても、はっきり言って「いらない人」です。

    みんなが豊かに安全に安心して暮らせるようにしていく。
    よろこびあふれる楽しい、みんなの国を築いていく。
    特定少数の人が、一生遊んでも遣いきれないような大金の年収を得て、他の多くの人が明日をもしれないバイト暮らしをしなければならない国ではなく、誰もが愛と喜びと幸せを手に入れることができる明るくて安全で安心な社会の構築が、我が国の建国以来の実は国是です。

    私達は、どこまで行っても、日本人です。
    自分だけが良い思いをする。
    自分だけがお金持ちになって、わがまま放題に人を支配する力を手に入れる。
    そういうことではなくて、相手がどんなに大金持ちであろうが、権力者であろうが、一寸の虫にも五分の魂、裸一貫で大あぐらをかいて、太刀の小尻をドンと突き、誰が相手だろうが、人としての対等をみんなとともに堂々と図っていく。
    それが日本人です。

    日本人が日本人であることを肯定し、日本を学ぶことに、何の遠慮があるでしょう。
    そして、調べれば調べるほど、日本の歴史も、先人たちの行動も、どれも素晴らしいものばかりです。
    これほど誇れる歴史を持っている国は、世界広しといえども、日本だけなのではないかとさえ思います。

    明治維新は、まだ終わっていません。
    ということは、いま日本を目覚めさせようとしている人のひとりひとりが、実は、幕末以来続く、我が国の大切なたからであり、志士たちです。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。