«
»

はやぶさ2ミッションで得られる本当の宝

 小惑星リュウグウに到着した探査機はやぶさ2が返してくるデータを解析するために、私は宇宙科学研究所(宇宙研)に3週間の予定で出張してきた。リュウグウを最初に見た時に、その完璧なまでにコマの形をしているのに驚いたが、より詳細な画像や分光データが出てくる度に、一層の驚きと疑問と発見がある。

800

宇宙研のカフェテリアで昼食を一緒に取る若き日本の研究者と海外から来たトップクラスの惑星科学者たち

 予想していた4~5%程度より一層暗い1.5~2%程度の明るさであるし、期待していた含水鉱物の吸収帯がまだ明確に見えてきていない。まるで「宇宙戦艦ヤマト2」の「白色彗星帝国」のように、内部はまだ隠されたままのように見える。もちろん、この1年半に及ぶランデブーの最後のあたりには、SCIという衝突機によって掘り起こして観測・試料採取をするので、その時点では明らかになるだろうが、科学成果を論文発表するのは一刻も早くすべきだ。

 何事も世界初ないし世界一になるには高い視野と地道な努力が必要である。13年前の2005年に初号機が小惑星イトカワにランデヴ―した時も、その奇妙な形と石ころ(ボルダー)だらけの表面、そしてなだらかに広がるミューゼスC領域に人々は魅了された。

 今回のリュウグウも、競合相手である米航空宇宙局(NASA)のOSIRIS-RExが向かっている小惑星Bennuのような高速回転している小惑星ではコマ型が見られるとは分かっていたが、7時間程度の低速自転をしているリュウグウが如何にそのような形を持つようになったのか。ほぼ全面暗いのに、赤道付近や南極の岩やぽつぽつみられる明るい領域は何が違うのか。赤道付近の巨大クレーターの底の暗い部分は何なのか。どこに降りたら安全かつ有用な試料が取れるのか。などなど疑問は多い。

 このようなランデヴーでの観測で既に人類史上初の多くの発見がなされた。そして今後、極域に行ったり、降下して近接撮像したり、ローバーを下ろしたり、上述の人工クレーターを観測・試料採取することでさらに多くの知見が得られるだろう。そして2020年の末に地球に回収されるはずの試料は、人類が初めて手にするC型小惑星物質となり、現在のイトカワ試料と同様に、世界中の科学者が我も我もと試料分配を受けて解析したいと宇宙研に集うであろう。

 それら試料は、1969年から72年にかけて回収されたアポロ計画による月試料と同様に、人類の宝として永久保存され、将来より高性能の機械や優れた科学者によって新たな知見を与えてくれるのを期待されるであろう。しかしながら、日本にとっての本当の宝は今まさに別に作られつつあるのではないかと思う。

 写真にあるように、はやぶさ2ミッションのおかげで世界トップレベルの惑星科学者たちが宇宙研に集い、ミッションに参加している日本の学生や若き研究者たちと肩を並べてデータ解析をし、その意味するところを共に考え議論しながら、このランデヴー中の運用に生かし、論文発表の内容を煮詰めつつある。平日は運用に忙しいから、週末まで使って議論を続けることもある。

 このように日本に居ながらにして若き日にそのような体験をできるのは大変貴重である。私は29歳になってから初めて渡米し、過去28年間、相当な苦労をして世界レベルを目指してきた。はやぶさ・はやぶさ2ミッションが世界初の偉業をなし、この時代にこの固体惑星物質科学分野にいられたおかげで、彼ら若者たちは急速に成長していくであろう。彼らこそが日本にとってかけがえのない宝ではないであろうか。

(2018年7月24日記)

20

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。