«
»

武器を持たない戦争というサッカーにおけるリスク管理 保守とリベラル? 日本ベスト16おめでとうございます

他試合の結果任せで、負けているのにラスト10分の攻撃しないでの球回し。色々議論されています。

予選敗退でもいいから最後まで攻めて欲しかった。今までのひたむきな2試合が無駄になった。日本は世界に恥を晒した。子供の教育に悪影響を与えた。素晴らしい正論です。

そして貴重なベスト16を最終的に得ることができ、スタジアムのブーイングの中球を回すという精神的経験を得て、6人入れ替えたことで体力的にもいい準備ができており(それはベルギーもですが)、ベルギーという優勝候補とトーナメントというガチンコで対決する機会を与えてくれた。これもサッカー後進国日本としては絶対得られないいい経験と結果になるでしょう。

あの暑いピッチでスタメン6人を変えていた状況(この時点で最悪負けてもいいと見積もり?)。1点を取って引き分ける可能性と、失点、イエローカードをもらって予選リーグ敗退という可能性の比較。セネガルとコロンビアの最終結果の見積もり。自己満足の達成と最終目標達成の比較。過程と結果。理想と現実。まさに武器を持たない国同士の戦争というサッカーにおいて、ここまで分析しリスクを管理し、この思考過程を行ってくれた日本代表西野監督に感謝します。長谷部、長友、本田はじめ、選手たちもしっかり割り切って試合を行い話をしていることに世界とやれる可能性を感じました。(ちなみにポーランド戦の点を取られた後の戦いにまたいつものダメな日本代表を感じましたが)

この結果が南米、欧州以外の唯一のベスト16。サッカー日本代表おめでとうございます。そして本当日本全体にいい議論の機会を与えてくれたことに感謝します。保守とリベラルの議論もこれぐらい冷静にやればいいのに。

ドーハの悲劇で出れなかったアメリカW杯予選、マイアミの奇跡を起こしながら予選が突破できなかったオリンピック、自分たちのサッカーを模索し予選で敗退したブラジルW杯、そのような失敗を繰り返しながら決勝トーナメントへの進出を果たしてくれた日本代表に感謝します。それでもベルギーには勝てないかもしれませんが、サッカーは偶然の要素がどうしてもありますから。(そこがバスケやラグビーとの違い)

それでも感情は止められません。私の友人の言葉を一部改変したツイートです。

中村 幸嗣@yukitsugu1963
コロンビア戦は奇跡的でまだ残り2戦あるためそこまで喜べず、セネガル戦は勝てた試合のように感じなんとなく喜べず、もちろんポーランド戦は負けたので全然喜べなかった
ベルギーに勝って本当の美酒で祝杯をあげたい#ロシアW杯
あるサッカーファンの #魂の叫び

でも #日本代表 に拍手したい

17:49 – 2018年6月29日 · Utsunomiya-shi, Tochigi
中村 幸嗣さんの他のツイートを見る
Twitter広告の情報とプライバシー

でも #日本代表 に拍手したいは私の追加ですが、ベルギーとのガチンコ対決、その試合で自分の誕生日祝いwをもらうために応援したいと思います。


「中村ゆきつぐのブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。