■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    すぐそこにある危険、違法民泊!

     皆さんは、民泊ってご存知ですか?

     住居を一定のルールに従ったら旅行者に貸し出していいという法律「住宅宿泊事業法」が平成30年の6月15日から施行されました。

     福岡市はホテル数が足りずに、週末に何か大きなコンサートや学会が重なると一気に普通の人が泊ることができるホテルの部屋が無くなります。そのため、福岡市の高島市長は住宅宿泊いわゆる民泊を推進しようとしています。

     この考え方は海外からのお客様をできるだけたくさん受け入れて観光収入の増加を目指すことは市の経済にとってプラスになることですし、たくさんのお客様が福岡市やその他の街に来てもらえることは良いことだと思います。

     しかし、この民泊は功罪併せ持つものになっているのです。

     プラスの面はそのままで、マイナスの面を早急に改善しない限り、必ず住民とトラブルとなり、不満が一気に爆発します。

     なぜこういうことを言うかというと、私の住んでいる福岡市早良区次郎丸はとても閑静な住宅地であり、基本的には一戸建ての住宅、そして小規模のアパートが点在するような場所です。すぐそばに室見川が流れ、西の方にはイザナミノミコトを祀ってある飯盛神社がある飯盛山が他の脊振山系の山々から突出して美しいシルエットが望める場所です。

     天気のいい日には付近の住民が河原を散歩するのが散見され、私も孫たちを連れて自転車の練習や鬼ごっこなどを楽しんでいるとても住みやすい環境にあります。

     ところが去年の12月くらいから、新築の家で民泊が始まりました。

     以前はここを紹介するサイトが立ち上がっていたのですが、金銭の授受がわかると違法となるために、日本語でのサイトは閉鎖されています。

     自治会長さんたちを中心にその対策を協議してきました。

     オーナーは東区に住むCHINA人、そしてその人がリースを扱うCHINA系の会社に貸し出して運営を任せています。

     この半年で、警察を呼ぶこと数回、なぜなら交通の便が悪くレンタカーで来ていることが多いのですが、狭い6メートル幅の道路が入り組んでいるところにあるので、右ハンドルになれていない外国人は隣の家の塀をこすったり、駐車場の壁でこすったりしたのです。

     またある時は数人の若いCHINA人が駐車場でタバコを吸いながら談笑しており、その吸い殻は当然のごとくポイ捨てだったために、隣の住民が苦情を申し立てたりもしています。

     古い街ですが、最近は地下鉄の駅まで数百メートルですから、一戸建てを購入する3,40代の家族の方もおられます。ローンを組んでやっと購入した家のすぐ前にそんな民泊施設があったらと想像してみてください。いやですよね。

     またごみの問題もあります。日本の住宅地は世界でも類を見ないほどごみの分別が進んでおり、細かいルールのもとに円滑に運営されており、それによって地域の美観を保っています。しかし、彼らにはそういう意識がありません。当然付近の住民から苦情になりますよね。

     もともとこの地域は低層住宅地域なので、ホテルや旅館は営業できません。でも、民泊は抜け道となっています。

     なんども警察を付近の住民からの通報で呼んでいますが、警察は民事不介入ということで何もしません。

     土曜日(6月16日)のことです。

     自治会長さんから電話があり、この民泊施設に誰かが来ている、警察に通報したから私にも来るようにとのこと。

     前回警察官が来ても言葉が通じなかったので細かい事情が聴けなかったため、英語をしゃべる私にお呼びがかかったのです。まあ、この民泊問題は地域の大問題としていつでも出ていくことを自治会長さんにも伝えていたので、当然のことだと思います。前回は遠方にいたので力になれませんでした。

     外国人が嫌いなわけではありません。外人は大好きだから英語を一所懸命に勉強したし、特に金髪の若い女性は大好きです。

     でも、自分が住んでいる地域に得体のしれない外国人が入れ代わり立ち代わり来るようになると、街の治安の問題が出てきます。

     ホテルや旅館等でパスポートを確認されているところならば、身元が明らかになっているのでまだ安心ですが、この民泊の場合は誰がどんな目的で泊っているのかが全く分からず、またこの民泊の物件には管理者がおらず、火の心配もあるのです。

     6月15日から法律が効力を発揮しました。

     もし、この物件を県の生活衛生課に届けてあるなら、その証拠のステッカーを玄関に表示しなければなりません。しかし、16日土曜日にはそのステッカーの表示はありませんでした。

     民泊は法律上年間180日しか営業できないことや、罰金が上限100万円になるなどあまり魅力のあるものではなくなっているために予想された届出が一割ほどになっているそうです。

     この物件も今のところ届出はありません。

     ということは違法民泊となります。だから警察を呼んだのですが、土曜日の夜ということで民泊問題を扱っている係がすでに帰宅していたようで、交番から来た二人のおまわりさんでは全く対応ができません。

     法律論を展開し、いかに自分たちが何もできないかをとうとうと述べていました。

     しびれを切らしたので、「できない理由は十分にわかったので、何ができるかを言ってくれ」と言ってものらりくらり。

     結局現場について30分お巡りさんを待ち、それから30分このようなやり取りが続きました。

     お巡りさんは、「いったいどうしてほしいのか」と聞くので、私たちは「この違法な状態の民泊にどのような人が泊っているのかを知りたい」というと、それも個人のプライバシーの問題がどうのこうのというではありませんか。

     「もし、今日の夜中にこの付近で強盗や放火があってもここにいる人がどんな人かわからなければ、どうやって犯人を捕まえるのですか?住民が不安に思って通報したのだから何らかの対処をしてほしいし、プライバシーがあるのなら、私たちには知らせないでいいからお巡りさんが把握してもらえばいい」とまで言いましたが、やはりのらりくらり。

     普段は気の長い、温厚な私ですが、だんだん腹が立ってきました。「私がピンポンを鳴らすから後ろで見ていてください。」というと黙認したので、その家のインターホンを鳴らしました。

     前職が生命保険の営業所長などを歴任していたので家庭訪問はお手の物です。

     アジア系の男性が出てきました。日本語で話しかけると案の定「わからない」と返ってきたので、英語は大丈夫かというと英語ならいいということで英語で会話しました。

     私は「私はここの地域の役員をしている井上です。一切あなたを責めるつもりも非難するつもりもありませんが、あなたが宿泊しているこの家は違法な状態の宿泊物件なのです。そのことは知っていましたか?」とマレーシア人のビジネスマンで家族とともに来たという彼は「知らなかった」ととても誠実そうに言います。

     教育を受けた人が話す英語であり、風貌も好感の持てる3,40代の普通のマレーシアのCHINA系の男性でした。

     笑顔を交えながら、再度「私はあなたを責めるつもりは全くありません。でも、ここが違法な状態だということをお知らせしたかったのです。いくら支払ったのですか?」と聞くと、大阪の友達がここを紹介してくれて、お金は払っていないと言います。さらに詳しく聞いていくと、その大阪の友達が福岡のshoujisanという人から借りて私にここをただで使わせてくれたという旨を話すのです。

     ここでこの物件に裏には巧妙な仕組みがあることがわかります。

     ここのオーナーはこの新築物件をレンタル業者に貸していることはわかっています。そして以前載っていたネット情報には一泊7254円と明記されています。その情報は自治会長さんがコピーしてくれています。

     にもかかわらず、借り手は友達がただで使っていいよと言ってくれた。その友達は福岡のSHOUJIさんから借りているとのこと。

     きちんとシステムが出来上がっており、末端の利用者は聞かれてもお金を払っていないというようになっているようです。

     こういう方の抜け道を考えてシステム化しているところにとてもきな臭いにおいがするのです。

     これ以上、この人と話しても仕方ないので、「ぜひ、あなたの大阪の友達にこの物件は違法なので二度と紹介しないように言ってくれ」というと、「次はちゃんとしたホテルに泊まるよ」と言ってくれたので、笑顔で握手をしてその場を立ち去りました。

     外国人だからと言って差別するつもりは全くありません。外国人はホテルに宿泊する際にパスポートの提示を求められ、自分の身分を明確しなければなりません。それは日本に在住してる外国人も例外ではありません。

     以前 ロバートエルドリッヂ博士とオスプレイの問題で柳川、唐津、佐賀で三日間講演をした時に、チェックインする際にどのホテルでも同じようにパスポートの提示を求められ、コピーを取られていたのを見ているのです。

     ちゃんと誰が泊っているのかがわかれば住民もそんなに不安はないでしょう。またホテルや旅館のように管理者がそこにいればいいんです。ところが多くの民泊物件には誰もおらず「キーボックス」の番号をスマホで教えられて入っていくのです。それも法律で禁止されました。

     しかし、いろんな方法で対策をしていくのです。

     今後は有田校区で対策協議会を立上げ、自民党の市議を顧問にしてこの問題に取り組もうと思っています。

     こういう誰が止るかわからない施設でたとえば「麻薬の取引」や「北朝鮮の工作員」または「犯罪者」などが出入りをされてはせっかく自治会の活動を活発化させて守ってきた治安が揺るぎます。

     とてもめんどくさいです。とても煩わしいです。でも誰かがやらなければならないのなら、言葉の通じやすい私が適任だと思っています。

     うちの町内、うちの校区から違法な宿泊施設を追い出すまでやり続けようと思っています。

     福岡市内だけでも2000件のそういう物件があるそうです。

     受託宿泊事業法が施行されて罰則規定もはっきりしてきましたが、その地域に適したルールを作らねばなりません。だから次は条例の制定です。地方自治体で条例を制定して細かい内容を決めていくのがこの法律の趣旨です。だからその取り組み、ルール作りも考えなければなりません。その際に、弱者ビジネスにならないように、しっかりと自民党の市議にお願いしています。

     旅人を日本人は温かく迎えてきました。私もそうしたいのです。だからきちんと身元の分かる仕組みを作り、その地域のルールに基づいて運営していかねば、外国人を迎え入れるための法律が外国人と地域住民との不要な軋轢を生む原因となっては、本末転倒になると思います。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    5

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。