«
»

なぜ北朝鮮は核を持ってはいけないのか?

 それは北朝鮮が犯罪国家だからです。

 コメント欄に「あじさい」さんからの書き込みがありました。

>>>引用開始

 この手の話でいつも思うのは「なら北朝鮮が核武装することの倫理的正当性を認めるべきなのではないか」ということです。

 自国を守るという主題について、「俺が自分の国を守ることは正しい権利だが、お前はダメだ」というのは普遍化可能性原則に反する主張であり対称性を欠く差別的で自己中心的な考え方と言わざるを得ないでしょう。

 「自分や愛するものを守るため。自分から他人は攻撃しないが、もし自分が攻撃されたら全力でそれを撃退する」

 なるほどそれは一つの思想ですが、それを自分には許されるが他者には許さないというのは自分を特権的な立場に置いたエゴイスティックで二枚舌的な発想です。

 結局はそういった特権的な発想が他者を蔑ろにし無用な対立を生む場合があるということも弁えなければならないと思います。

>>>引用終わり

 一見とってもなるほどと思わせるご意見です。私も昔はそう思っていた時期がありましたので、このあじさんさんのご意見を無碍にすることはできません。

 では、なぜ私はこの意見とは違ってきたかをお話したと思います。

 それはまず、核保有国の責任の所在です。

 核保有国は人類を滅ぼすかもしれないという強大な力を手に入れています。仮想敵国が持っているからです。

 かつて日本は核武装をしていないために、広島と長崎に原子爆弾を落とされ、人体実験をされてしまいました。戦後、米国の高官に加瀬英明先生がインタビューした時、「日本が核兵器を持っていても攻撃したのか?」という問いに「それは絶対にない!」というような趣旨を話しています。

 核兵器は、お互いが持つことにより「抑止力」になりますが、一方的な勢力が持つと絶対優位になります。

 核兵器を保有することは開発も維持もとてもお金がかかります。ですから、経済的にある程度余裕のない国しか持つことができません。

 CHINAは朝鮮戦争や台湾との国境紛争でアメリカに核攻撃をちらつかされて脅されたため、通常兵器の更新を我慢して、すべての能力や資材を核兵器開発に注力したのはよく知られています。

 そして核兵器開発に成功した後に、台湾を常任理事国から蹴落とし、自分が国連の安全保障委員会の常任理事国の席に座ったのもよく知られている事実です。

 その後、CHINAは陸軍兵力を増強し、そして近年は海軍兵力の増強しつつあり、ここにきて現実的な日本の脅威になりつつあります。

 では、北朝鮮はというと、今回の米朝首脳会談でのシンガポールの宿泊費やリムジンの費用がないと他国にねだっています。いったいこのような駄々をこねることがどこの国にあったでしょうか。

 核兵器を持っていると言いながら、国民の大半は飢えに苦しみ、健康状態も満足な状況ではありません。

 国家は国民の生命財産を保証するために存在し、国民はそれを支えるために税金を払っているのです。でも、国家が国民に満足に食べ物も供給できないまでに、国家のメンツが丸つぶれでもよその国に物乞いをする国家などすでに破たんしていると言っていいでしょう。

 そういう北朝鮮が核兵器の保有の重責を担えるとは到底思えません。

 国民の生活を保障できていない国が、自暴自棄になり、恐ろしい核兵器を使用することをちらつかせてゆすりたかりに走る可能性が高いからです。

 もう一つ、「犯罪者にピストルを持つ権利があるのか」です。

 北朝鮮は多くの日本国民や他国の国民を拉致するという国家的犯罪を犯しています。もし日本が変な憲法で縛られていない普通の国なら武力を使ってでも被害者たちを取り返しているでしょう。

 小泉訪朝の時に、金正日氏が拉致を国家的犯罪と認めた時に、在日米軍のディフェンスコンディションはマックスにあげられましたが、日本は全く何もせずに終わってしまいました。

 普通なら武力をもってしても全員の解放を迫ると米軍は思ったのですが、日本は何もしませんでした。

 拉致問題などなかったと過去に発言した候補者が新潟県知事に立候補しています。ハッピー米山の後継候補で、野党の党首が続々と応援に駆けつけています。

 新潟県は拉致問題の象徴的存在である横田めぐみさんが拉致された場所です。ゆめゆめ新潟県民はそのことを忘れていないでしょうね。

 こんな候補者が当選したら、新潟県が拉致問題を何も言えなくなることでしょう。新潟県民の見識を信じます。

 今回の米朝会談で拉致問題の進展がありそうな気がしています。

 強硬なトランプ氏の態度により、人道問題である拉致問題が解決できれば強面だけど優しいおじさんのイメージが強くなります。世論を武力攻撃をしかねないと危険な存在からイメージをいい方に緩和できる働きがあるのです。

 そして安倍総理との密着。安倍総理と仲良くすることは米国の国益にも寄与し、国際社会へのアピールもできるとトランプ大統領は思っていることでしょう。

 その時に国内の「モリカケ問題」での一部の少数派からの「辞めろコール」

 日本の国益も、国際社会での立場もまったく考えない無責任な連中です。

 一時は日本の政界を牛耳ったこともある小沢一郎氏もほとほと地に落ちてしまいました。あの山本太郎とくっついた時点で終わっているのですが、「安倍総理を許している日本国民がおかしい」とまで言うようになりました。

 さすがに国民民主党はモリカケばかりをしていると国民がどんどん離れているということにやっと気づいたようですが、もうすでに遅いと思います。

 北朝鮮に核兵器を持つ権利があるという意見は、これらの野党に政権を持たせようとするのと一緒ですよ。

 どれだけ危ないことかこのたとえでよくわかるでしょう。

 核兵器を持つには持つための資格がいります。一応ロシアもCHINAもその恐ろしさはわかっています。

 でも北朝鮮には失うものが何もないためにいつ自暴自棄になってもおかしくありません。「そんなことないでしょう」と反論が聞こえてきそうですが、あるはずのない米朝首脳会談の費用を他国にたかろうとする国です。そんな常識が通用すると思いますか。

 警察官は銃を所持しています。それは警察官としての任務を遂行するために必要なものだからです。

 犯罪者が銃を持ったらどうなるでしょう。誰が一番困りますか。それを考えてみてください。

 べき論や理想論で国際社会が語れるほど甘いものではないと思います。

 まだこの世界は力のあるものが正義なのです。力のない正義は無力であり、正義のない力は暴力なのです。

 最後に5歳の連れ子を死に追いやったあの鬼畜は死刑に処すべきです。

 ちょうど同じ年頃の孫がいますので、ちゃんと愛してあげればどれだけかわいいかがわかります。それをあのような文章をノートに書くなんて、どんな気持ちだったのかを想像するだけで涙がこぼれます。

 フェイスブックのタイムラインで見た時にその内容を怖くて見れませんでした。きっと大勢の子や孫を持つ人たちが私と同じ感情を持ったことでしょう。

 子を持つ資格を試験しなければならない近未来が来そうなのでしょうか?


「井上政典のブログ」より転載
https://ameblo.jp/rekishinavi/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。