■連載一覧
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    ある海軍大将と街のサンドイッチマンの物語

    泣いたら燕が 笑うだろ
     泣いちゃいけない 男だよ
     笑ってゆこうよ 影法師
     夢をなくすりゃ それまでよ

    司馬遼太郎の、なんというタイトルの本かは忘れてしまったのですが、昔のChinaの文献に、当時の世界中から集まった人々の絵が書いてあるものがあるそうです。
    その中に、素っ裸で褌(ふんどし)一丁で、大あぐらをかいて、太刀のこじりをドンと突いている姿の人が描かれていて、それが日本人だとしてある。
    司馬遼太郎は、その絵の模様をひいて「古来、日本男児の戦慄的姿といえば、裸一貫、褌一丁なのである」と結んでいました。

    なんという本だったのか、すみません。覚えていません。
    これを書く前に、あれこれページをめくったりしてみたのですが、漠然とした記憶で、どの本だったか、さっぱりわかりません。

    さて、まさに戦後にそのふんどし一本で頑張り抜いた人がいます。
    その人は、実は歌のタイトルにもなりました。
    今日は、その人物の紹介をしてみたいと思います。

    名前を、高橋三吉といいます。海軍大将だった方です。
    岡山県出身で、明治15年(1882)の生まれです。

    明治34年(1901)年に、海軍兵学校を卒業しています。
    第29期です。同期に米内光政大将がいます。
    卒業時の成績は、125名中、5位といいますから、たいへん優秀な方です。

    卒業してすぐの明治37年(1904)には、日露戦争がはじまっています。
    このとき高橋三吉は、当初、駆逐艦「叢雲(むらくも)」の乗組員として参加し、その後、翌年5月の日本海海戦を前に、戦艦「敷島」の分隊長に転任し、バルチック艦隊との決戦にも参加しています。

    こうして高橋三吉は、海軍に入隊してから27年間、砲術の専門家として、その地歩を固めます。
    海軍で砲術専門の高級参謀といえば、艦隊をいかに指揮して敵艦隊をせん滅するかを徹底して研究し、味方を勝利に導くことの専門家です。

    ところがそんな高橋三吉に、転機が訪れたのが昭和3年(1928)4月です。
    連合艦隊が初めて空母を組み込むことになり、「赤城」を中心とした第一航空戦隊が設けられたのです。
    彼はその初代司令官に任命されました。

    内示のとき、高橋大将は、「私は砲術一筋の男ですから」と、専門外の空母運用の司令官を固辞したそうです。
    けれど、これは新たな戦術としての航空隊導入の試用期間であるからと無理やり説得された。

    当時の赤城の艦長が山本五十六大佐です。
    そしてその下にいる航空隊のメンバーは、まさに飛行機に命を賭けた男たちです。

    当時の航空隊は、まだだま飛行機の性能が追いついていず、よく墜落しました。
    これらは訓練中のトラブルによる事故で、このため多くのパイロットが命を落としています。
    子が軍人になるというと、多くの親は喜び、誇りを持った時代でしたが、どこの親も、飛行機乗りになることだけは反対でした。
    それほど飛行機はまだ危ない時代だったのです。

    それだけに、航空隊のメンバーは、そうした危険をものともせずに護国のために、むつかしい操縦に命を燃やす闘士たちでした。
    そして実際に模擬訓練をしてみると、飛行隊の前に強力な装備を施した海上要塞である戦艦でさえも、ただの巨大な的(まと)にすぎなくなることがわかりました。

    高橋大将は、「これからは必ず飛行機の時代になる」と確信します。
    のちに連合艦隊司令長官に着任した高橋が、その頃建造がはじまった「大和」「武蔵」に対して、これからの時代に戦艦建造の必要性があるのだろうかと、建造に再考を促すコメントを残したというのは、有名な話です。

    ところが当時はまだ飛行機の運用を知る人が少なかった時代です。
    「連合艦隊司令長官の要職にありながら、
     軍令部の意向に反して自分の経験だけで
     計画に横槍を入れるとは、けしからん!」
    といわれ、高橋大将は海軍大学校長に更迭させられています。

    ちなみに、戦艦か飛行機かということについて、戦後よく言われることは、米国は早くから航空戦にシフトし、日本海軍はいつまでも大艦巨砲主義にこだわったために、敗戦を招いたという解釈(歴史認識?)が行われることが多いのですが、それは全然違います。

    大東亜戦争のはじまったころには、すでに航空機の数は日本が米国を圧倒していたのです。
    そして航空隊をもって移動中の艦隊(英国海軍)を世界ではじめて打ち破ったのも日本です。
    真珠湾攻撃も航空隊によって実施されています。
    早くから飛行隊に目を付け、これを活用したのはむしろ日本だったのです。

    終戦時、ポツタム宣言受諾に際して、米軍は戦艦ミズーリの艦上でこの式典を執り行いましたが、ミズーリというのは、米海軍の誇る巨大戦艦です。
    けれど、こんなものを作っておいて、ミズーリが活躍したのは、あとにも先にも、この式典だけです。

    要するに、第二次世界大戦までの世界の軍事は、どこの国もまだ伝統的な巨艦主義に傾倒していたわけです。
    だから日本も同じだろうと、戦後のGHQが「真相はかうだ」という番組を作って宣伝しただけのことです。
    実際は違います。

    さて、戦争が始まる2年前の昭和14(1939)年、高橋三吉大将は、軍を退官し、予備役に編入されました。
    もともと高橋大将は多芸多才で、軍事参議官時代からは、油絵や書が趣味でした。
    高橋大将は、こうした趣味に没頭するとともに、東京港水上消防署設立協賛会会長などに就任し、悠々自適な暮らしをしていたそうです。
    高級将校だったのです。
    退官後も、それなりの生活はちゃんと保証されていたし、社会的な地位も高かったのです。

    ちなみに、「無法松の一生」という村田秀雄の歌にもなった映画があります。
    この映画の中に、吉岡陸軍大尉の未亡人の良子を松五郎が思慕するというシーンがあるのですが、戦前戦中には、このシーンは、軍の検閲でカットされました。
    車夫風情が帝国軍人の未亡人に懸想(けそう)するとはけしからんという理由だったそうです。
    要するに、それくらい高級軍人の社会的地位は高かったのです。

    ところが昭和20年、大東亜戦争終結し、GHQがやってくると、日本軍が解体されただけでなく、すでに退役した元軍人さんの恩給までもカットされました。
    それどころか団体役員等も、ことごとく解任させられてしまいました。

    こうなると収入の道がありません。
    残された家族を養うことさえもできなくなります。
    さらに高橋大将自身は、満州事変時の海軍首脳であったとしてGHQに逮捕されてしまうのです。

    そんな高橋大将のもとにやってきたのが、若き日の笹川良一で、笹川は高橋大将を励ましました。
    一方、高橋大将の方はというと、獄中で裸一貫で大声で軍歌を歌い、舞を舞って裁判を闘い、結果、ついに不起訴釈放となっています。

    そんな東京裁判が行われていた時代のことです。
    昭和24年(1949)に、銀座の街中に、品の良い、ひとりのサンドイッチマンが話題になりました。
    サンドイッチマンというのは、体の前後に広告看板を付け、手にはプラカードを持って歩く街頭宣伝員です。

    たいてい貧しくて日に焼けた男性がサンドイッチマンをしていたのですが、この銀座のサンドイッチマンは、妙に品が良くて、行きかう人々の間で、どことなく気になる存在となっていったのだそうです。
    噂を聞いたとある新聞記者が取材してみると、なんとこれが高橋三吉元海軍大将の次男の健二氏であることがわかりました。

    作家の太宰治はこうした社会情勢を背景に、昭和22年(1947)に、小説『斜陽』を発表しました。
    この小説はベストセラーになり、零落した華族や財閥、高級軍人たちは「斜陽族」と呼ばれるようになりました。
    その中の一人に、高橋三吉海軍大将の息子さんもいたのです。

    そして、昭和28(1953)年、この噂を聞いて世田谷区立世田谷小学校の教師だった31歳の宮川哲夫が作詞したのが鶴田浩二が歌って大ヒットした「街のサンドイッチマン」です。
    この歌のヒットで、宮川哲夫は翌年ビクターレコードと専属契約をして、次々とヒット曲を作詞しています。
    代表作には「好きだった」、「夜霧に消えたチャコ」、「東京ドドンパ娘」、「雨の中の二人」などがあります。

    さて、その「街のサンドイッチマン」の歌詞です。

    1 ロイド眼鏡に 燕尾服
      泣いたら燕が 笑うだろ
      涙出た時ゃ 空を見る
      サンドイッチマン
      サンドイッチマン
      俺らは街の お道化者
      とぼけ笑顔で 今日も行く

    2 嘆きは誰でも 知っている
      この世は悲哀の 海だもの
      泣いちゃいけない 男だよ
      サンドイッチマン
      サンドイッチマン
      おいらは街の お道化者
      今日もプラカード 抱いてゆく

    3 明るい舗道に 肩を振り
      笑ってゆこうよ 影法師
      夢をなくすりゃ それまでよ
      サンドイッチマン
      サンドイッチマン
      俺らは街の お道化者
      胸にそよ風 抱いてゆく

    正しいことをしていたのに、一生懸命生きてきたのに、あることを境に、なにもかも失ってしまう。
    そういうことは、世の中に、たくさんあるものです。

    けれど日本人は、幾度となく一切合財を失いながら、再起三起して新たな繁栄を築いてきました。
    我々の祖父の世代ですと、関東大震災で身内を失い財産を失いながら、そこから立ち上がって国力を付け、先の大戦の空襲で、そうして築いたものをまた失い、食べるものさえろくにないなかで焼け野原から、再び立ち上がって戦後の高度成長を築いています。

    なぜそれができたのかといえば、物質的な財を失っても、頭の中にあるソフトパワーは失われないからです。
    そしてそのソフトパワーというのは、単なる知識とは異なるものです。
    愛するものを守りたい、すこしでも幸せに近づきたいといった、誰もが持つ愛と喜びと幸せと美しさを希求する心を、人々が互いの幸せのために共有していくことです。

    そしてそのような社会とは、ごく一握りの人だけが贅沢三昧な暮らしをし、残りの圧倒的多数の人々が貧困にあえぐような社会では絶対に築けないものです。

    そのために我が国では上古の昔から、国家の最高権力よりも上位に天皇の存在を仰ぎ、その天皇によってすべての民が「おほみたから」とされるという国柄を築き、それを守り続けてきたのです。
    何のためか。
    それは神話に出てくるイザナキとイザナミが、そもそも私たちのクニを、よろこびあふれる楽しいクニにしたいと願い、ご皇室を含む日本人の誰もが、そのイザナキ、イザナミの直系の子孫だからです。
    だから日本は世界で唯一、「和を以て貴しとなす」ことを国是として実現することができたのです。

    近年、IT会社の若い30代くらいの社長さんが、年収何百億円の大金持ちで、なんとかの絵を何百億円で落札したとかいう話が、よく報道の電波に乗ります。
    ところが、彼らが遣ったお金のことは話題になっても、彼らの行う事業の内容が(それは一部上場企業よりも大きな利益をあげているとされているにもかかわらず)公開されることはほとんどありません。

    実に簡単な理屈で、もちろん全部とはいいませんが、その限られた一部は、反日活動を幇助することで日本政府かにカネを出させ、そのカネの一部を受け取っているトンネル会社であることが多いといわれています。
    働いて汗を流して、努力してお金を稼いで生活するのではなくて、政治的にカネを得る人たちなのだそうです。
    そのためには、どんな悪辣非道なこともいとわない。

    そういう文化が、大陸や半島には昔から存在します。
    しかしそういう文化のもとでは、いちど廃墟になったものは、二度と戻らない。
    再起三起は、不可能です。
    やり直すには、また奪うしかない。

    日本男児は、褌一本。
    太刀のこ尻をドンとついた裸一貫。
    大切なのは心。

     泣いたら燕が 笑うだろ
     泣いちゃいけない 男だよ
     笑ってゆこうよ 影法師
     夢をなくすりゃ それまでよ

    苦しいからこそ笑顔で生きる。
    泣きたいときはひとりで泣く。
    人前では、涙より笑顔でいる。
    それが日本人です。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。