■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    建国宣言とその内容を教えないという哀れな国とは

    600

    いま、戦後教育を受けてきた日本人で、日本建国の詔(みことのり)を学校で教わったご記憶を持つ方は、いるのでしょうか。

    世界中、どこの国においても、自分たちの住む国の建国の歴史や建国宣言の内容を教えていない国は、皆無です。
    ChinaやSouth Koreaのように、たとえそれがあまりにも荒唐無稽な絵空事であっても、彼らは彼らなりに、自国の建国の歴史と、最低限、建国宣言の言葉とその意義は、義務教育課程で必ず教えることです。
    米国でも独立宣言を、なるほど諳(そら)んじるまでできる人は少ないかもしれませんが、独立宣言があったこと、およびその精神は、必ず誰もが学校で習うことです。

    世界の中で、日本だけがそれをしていません。

    日本には、教育は憲法で義務化され、国家機関としての文部科学省もあります。
    あたりまえのことながら、日本という国があるから、憲法があり、文部科学省もあります。
    ところが、憲法で義務敎育化した小中学校で、我が国の建国の経緯も建国宣言の内容もまったく教られていないし、文科省もそれを教育指導要項に加えていません。
    いったい、文科省というのは、どこの国の教育監督官庁なのでしょうか。

    文科省が日本国の教育を所轄する行政機関だというなら、日本の建国宣言(建国の詔)や建国の経緯を義務教育で教えるのは、あまりにもあたりまえなことです。
    建国宣言があること、建国の経緯さえ義務教育化されず、まったく教えられさえもいないということは、国際標準に照らしても、あきらかに「おかしい」といえることです。
    不思議なことに、国際化を提唱する人たちでさえ、誰もそのことに触れようとしません。

    ちなみに、敎育関係者や文科省の職員の中には、日本は戦後に、大日本帝国から日本国という別な国になったのだと勘違いしている人もいるという話を聞くことがあります。
    馬鹿な話です。
    それならなぜ日本には建国記念日があるのでしょうか。

    建国記念日は2月11日です。
    日本が先の大戦を自主的に終わらせたのが昭和20年8月15日。
    降伏文書に調印したのが同年9月2日。
    日本国憲法が公布されたのが昭和21年11月3日。
    施行されたのが昭和22年5月3日。
    日本がサンフランシスコ講和条約に署名したのが昭和26年9月8日。
    発効となったのが昭和27年4月28日です。
    そのいずれも、建国記念日(2月11日)とは異なる日です。

    では、どうして建国記念日が2月11日なのかといえば、神武天皇の即位日が新暦で2月11日だからです。
    ということは、日本人の常識として、あるいは公知の事実として、日本は神武創業以来ずっと続いている国であるという自覚が、戦後の日本国にも、間違いなく「ある」ということです。

    江戸時代の日本は、徳川幕藩体制にありました。
    それが明治という国家になりました。
    では、日本はその時点で、違う国になったのでしょうか。
    そんなことはありません。
    現実には、天皇を頂点とする日本の国の政権が、徳川家から明治新政府に移行しただけです。
    これは要するに政権交代だったというだけのことで、国自体が別の国になったわけではありません。

    憲法についてはどうでしょうか。
    明治に入ってから大日本帝国憲法ができましたが、それは別な国になったということなのでしょうか。
    そうではありますまい。
    天皇のもとにあったいわば徳川政府が、同じく天皇のもとでの薩長政府へと政権交代が行われ、そこで生まれた憲法は、天皇の御名御璽で公布せられたものです。
    要するに、江戸時代の日本も日本なら、明治新政府の日本も日本だということです。

    戦後に日本国憲法が公布されましたが、これもまた天皇によって公布された憲法です。
    つまり、日本は日本のままであって、日本の主権がどこか別の国に移ったわけではないのです。

    それなら、どうして建国記念日があって、建国の詔を教えないのでしょうか。
    これこそ敎育の「不備」といえるものなのではないでしょうか。

    実は、神武天皇の建国の詔を読みますと、その建国の詔に内容と、そこに至るまでの神武天皇の事績は、すべてイザナキ、イザナミ来所の神々の御意向を、そのまま実践されてこられたものとわかります。
    有名な言葉に「八紘一宇」がありますが、これもまた「豈国(あにくに)」を築こうとされたイザナキ大神、イザナミ大神の御意思を受け継いでなされたものであるということがわかります。

    そして日本は長い歴史の中で、度々政権交代はありましたが、常に混乱のあとには、「神武創業に還れ」が合言葉になっていました。
    その神武天皇は、さらにまた淤能碁呂島創業、つまりイザナキ大神、イザナミ大神の精神に還ることを、我が国建国の原点とされているわけです。

    つまり日本は、はるか神々の時代から、ずっと続く国の原点を持つ国なのです。

    建国宣言を教えるということは、その国の原点を教えること、もっというなら日本人の原点となるアイデンティティを教えることを意味します。
    それを、どうして義務教育で教えようとしないのか。

    逆にいえば、我が国が国民の幼年敎育の過程において、建国宣言を明瞭明確に教えることができるようになったときこそ、日本が日本を取り戻したとき、つまり本当の意味での独立国となったときといえるのではないでしょうか。

    しかし同時にこのことは、いわゆる保守層の側にも問題があったといえるのではないかと思うところがあります。
    我が国の建国の経緯や、建国宣言について、それがあたかも神話であるかのような切り口でしか、これまで語ってこなかったからです。

    日本の文化というのは、あらゆる日本文化がそうですが、子供にも親しみやすくできています。
    たとえば茶道でお茶を飲むことは、離乳が始まったばかりの赤ちゃんにだってできることです。
    しかし茶道を極めようとすれば、一生かかっても追いつきません。
    むつかしいとされるお能にしても、能面の美しさは、小学生の子供にもわかることです。
    しかし能を極めようとすれば、一生かかってさえ、極めることができるのは、限られたごく一部の人だけです。

    神話も同じです。
    たとえば大国主神話なら、大国主神話がウサギと話したというお話が出てきます。
    子供向けにはそれで良いのです。
    けれど古事記の原文は、そのどこにもウサギは出てきません。
    書いてあるのは「菟(と)」であって、これは行商や物流・流通を担う人、いまでいうなら陸運業者や通販業者のことです。

    まして初代天皇である神武天皇は、古事記で言えば中つ巻、つまり神話ではなく、具体的な伝承が残る時代の巻に掲載されています。
    つまり神武天皇による建国宣言や、建国の経緯などは、神話ではなく現実だとして分類し、描いているわけです。
    にも関わらず、三本足のカラスが飛んだだとか、和歌山県人会には昔、尻尾があっただとか、そのような子供向けの読み方を、よい歳をした大人がしている。
    あるいは、神武天皇は137歳まで生きたとは、ご長寿はありがたいことですが、常識的にありえないことです。

    古事記には大人の読み方があるのです。
    八咫烏(やたがらす)の「咫」は、いまの「尺」という字です。
    1尺はおよそ30cmです。
    「八」は、多いという意味ですから、要するにかなり大柄な人であり、あだ名が「カラス」ですから、色黒の人という意味です。
    生尾人は、尾が生えたように見える人という意味で、要するに大切な食料を奪われ、ガリガリに痩せ細った人のことを言います。
    神武天皇は、天皇御年137歳であったというのは、寿命のことではなくて、天皇としての御在位が137歳であったという意味です。
    そしてこの時代の「歳」は、いまでいう「月」のことをいいますから、神武天皇はおよそ11年、御在位されて崩御されたのだということを古事記は書いているわけです。
    そのように、現実に即して読まなければ、いつまでも子供のような読み方しかしていないのでは、これを説く側が子供扱いされてしまうのは当然のことです。

    まして、ウサギなら上つ巻の神様ごととして書かれていますから、まだゆるせるとしても、神武天皇の物語は我が国建国の経緯であり、建国宣言なのですから、もうすこし現実に即して物語を紹介しなければ、子供達向けにはそれで良いとしても、大人向けには、あまりよろしくないのではないかと思います。

    確(かた)く神州(しんしゅう)の不滅を信じること。
    任(にん)重くして道(みち)遠きを念(おも)って、
    総力を将来の建設に傾けること。
    世界の進運(しんうん)に後(おく)れないこと。

    これらは昭和天皇の終戦の詔で出てくるご遺命です。
    新しい時代を開いて行こうではありませんか。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    5

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。