■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    哀れな姿の小室哲哉、この姿を文春や新潮は見たかったのか?

     小室哲哉氏は稀代なる天才だと思っています。

     才能に恵まれ過ぎたのでしょうか、後半の人生に襲い掛かった数々の試練に押しつぶされようとしています。それに拍車をかけたのが今回の文春砲です。

     私とほぼ同じ年代の小室氏の輝ているところを見てきた世代としては、あんな哀れな焦燥しきった姿は見たくありませんでした。

     多分たくさんの方も同じご意見だと思います。

     不倫はいけないといっても芸能人の不倫と政治家の不倫は次元の違うものだと何度も主張しています。

     むかしは芸人が女遊びをするのは「芸の肥やし」だという風潮があり、酸いも甘いも嚙み分けてからこそわかる人情の機微を芝居や歌や話術という芸で表現しました。

     だから、それに能力がついて芸能というのです。英語ではタレント(能力)ですよね。

     歌うま選手権というような番組があり、いろんな歌が上手い人が出てきてカラオケバトルを繰り広げています。若い子も抜群の声量と歌唱力で全身全霊をこめて歌を披露するために時々引き込まれるように見ることがあります。

     でも、何かが足りないのです。歌唱力はあるし、声量もある。テクニックもあれば魅力もあります。

     でも、やっぱり何かが足りないのです。

     それを突き詰めて考えると「その人が経験した涙の数」ではないかと思うようになりました。

     身を焦がすような恋愛をしたことがない人が、どんなに歌をうまく歌っても「歌がうまいね」と感心はしても、私の心を揺さぶるだけの感動は与えてくれません。

     ある時日本語の上手な外国人が『ふるさと』を歌っていました。その人は母国から離れて日本で暮らしています。だからこの歌を歌う時に自分の故郷を思い出しているのでしょう。

     「ふるさと」という言葉は同じでも、考えている場所は大きく違います。

     でも、彼が歌う『ふるさと』を聞いて、今は亡きばあちゃんの笑顔を思い出し、胸が熱くなりました。小さいときにおんぶをしてくれた背中のぬくもりを思い出しました。

     「ふるさと」というキーワードによって各自各様の思い出を引き出すことができ、心の震えが止まらなくなります。

     これが芸能であり、芸術だと思います。

     小室哲哉氏の作り出す楽曲によって体からほとばしるエネルギーを発散させたという人は多いと思います。素敵なメロディーに心振るわせた人もいると思います。その曲を聞くと昔の彼女や彼氏のことを思い出すという人も多いと思います。

     小室氏が我々の世代が直面している介護という問題で疲れ果て、特に彼の場合は「奥さん」の介護です。自分の親の介護よりももっと大変だと思います。

     その人がいくばくかの安らぎを求めてもいいではないですか。

     他のことは何の心配もなく、あふれ出てくる才能で楽曲を作っていた時とは全く状況の違う中で周囲から求められるものはどんどん高くなっていっている状況に於いて、小室氏の精神的苦悩にさいなまれた記者会見だったと思います。

     芸能人だからあれをしなければいけなかったのでしょうか。

     あそこまで赤裸々に私的なことを語らせたのはいったい誰なのでしょう。

     芸能人は自分の芸で大衆を魅了し、お金を稼ぐ仕事です。その人の私生活が覚せい剤などの報に触れない限り、夫婦間のことなどこんなに大きく扱う必要はあるのでしょうか。

     あの松井某というおばさんもそうです。公共の電波を自分の復讐劇に使っていいのでしょうか。

     芸能人や芸人の私生活は見たくもありません。私が見たいのはその人たちが舞台やスクリーンやステージで披露する超一流のパフォーマンスです。

     エディットピアフは売春宿で生まれ、不幸のどん底から這い上がってきました。愛する人がやっと現れても幸せの絶頂で事故死で引き裂かれたりしたのです。ですから「愛」というものがどれだけ儚く、そして尊いものなのか知りすぎるほど知っていたのでしょう。

     彼女の歌う「愛の賛歌」はフランス語がわからなくても全世界の人々を魅了しました。そこには言語を超えた力があったのです。

     ジョンニュートンは奴隷船の船長でした。たくさんの罪もないアフリカの原住民を無理やり船に詰め込んで奴隷として売って大もうけをしていました。ある時船が沈み海へ放り出されました。彼は神に助けてくれと祈ったのですが、神は何の反応もしません。

     何度も何度も助けてくれと祈ったのですが、無情にも海に漂う日々が続きます。そしてとうとう命の灯が消えかかった時に、彼は気づくのです。自分は神が助けてくれるのにふさわしい人間ではないと気付くのです。

     自分は罪の無い人たちの人生を奪ってぜいたくをしてきた。自分の栄華の陰にはたくさんのアフリカの人たちの涙があると気付いたのです。そして自分は神から助けてもらうのにふさわしくない人間だったが、もし助かったら心を入れ替えることを神に誓うのです。

     するとその誓いが神に届いたのか、彼は救助され一命をとりとめます。

     そこで彼は小さな教会を作り、貧しい人のために神のしもべとして尽くします。

     彼の財産はすぐになくなり、貧しい人の献金では教会の運営費も賄えなくなります。そこでかれは讃美歌を作り、それを売って教会の運営をしていくのです。

     たくさんの楽曲を作りますが、その中で最も有名なのが「アメージンググレース」なのです。

     ぜひ、検索してその歌詞の内容を味わってみてください。自然に胸が熱くなってくるでしょう。

     素晴らしい曲です、心に響きます。でも、歌詞を理解し、これを作ったジョンニュートンの人生を知るともっと違う場面が開けてくるでしょう。

     人は苦労し悩むからこそ大きくなれます。初めからできた人間なんかいないのです。

     赤子の時は一人では一日たりとも生きることはできません。10年以上経って初めて自分で生きることができるようになり始めるのです。それまでたくさんの愛情や友情が周りで助けてくれます。温かく見守ってくれた人がいるから今大人として生きているのです。

     稀代の天才小室哲哉氏の復活を待ち望んでいます。

     人生の試練を乗り越えた天才の創った楽曲をもう一度聞きたいと思っています。

     きっとそれは人々の心に魂に響く名曲になることでしょう。

     小室哲哉さん 私はいつまでも待っていますよ。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    15

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。