■連載一覧
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2017/12/21
  • 2017/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    南京事件について書く。朝日新聞の罪編

     南京事件がユネスコの記憶遺産に登録されましたが、その登録された内容が見れないということはどういうことでしょうか。記憶遺産のはずですが、その記憶がたどれないというのは、人間でいえば痴ほう症でしょう。

     つまりユネスコはその痴ほう症にかかっているのです。そんな機関は正すか、やめるかをしなければならない時期ではないでしょうか。

     ほとんどの方のイメージが「南京市を日本軍が包囲してその中にいた住民を片っ端から強姦し、殺害した事件」と思っておられると思います。特に自虐史観に取りつかれた人たちは。

     それをちょっとでも「違うよ」と言おうものなら、「歴史修正主義者だ」とか「軍国主義礼賛」だとかのレッテルを勝手に張られます。

     間違っている歴史ならなぜ正して悪いのでしょうか。私は「堂々と歴史を修正するのが私の使命だ」と言っています。
     
     軍隊がなぜ悪い?祖父も父も軍隊に行って立派に戦ってきています。尊敬する父は復員後、苦労して一般大学から教員となり、中学校の校長までなりました。福岡県では福岡教育大学の卒業生が校長になることが多かった時代にです。そう言う人が戦争だからと言って鬼畜のような行いをしたとは考えられません。

     気のいい大工さんや八百屋のあんちゃんが、兵隊にいくと人格が変わるのでしょうか。父が戦友会でも数少ない生き残りになりましたが、ほんの10年ほど前は年に一度の戦友会を楽しみに皆さんが集まり、それを喜々としてお世話していた父を時々手助けしていました。

     先日父と話していた時に面白い話を聞きました。もう30年ほど前の話ですが、父の先輩と軍隊の話をした時に、その人の所属が56師団113連隊だということがわかりました。龍兵団といわれ、福岡市に本拠地があった連隊です。

     戦死した母の兄と同じだということで、「尾籠少尉は知っていますか?」と聞いた途端、その人は口をつぐみ、それから一切そのことは話をしなくなりました。私にはその意味がすぐに分かりました。

     56師団113連隊はビルマ戦線のラモウで陸の玉砕をした連隊です。文字通り最後の一兵まで戦ったと戦史には書いてあります。その生き残りはほぼいないと言われていましたが、まさにその人がそうだったのです。

     普通だったらその時の様子を語るはずですが、その人はしませんでした。

     ここからは私と父の憶測です。その人は何らかの理由で逃げたのです。その後ろめたさから自分の知っている名前を出されたために口をつぐんでしまったのだと思います。人生人それぞれです。その人にはその人なりの理由があったのだと思います。でも、その時にすでに終戦から40年も経過しているのです。罪滅ぼしにその状況を話してもよかったのではないかと今となっては思います。

     南京戦に参加された兵士の方の多くが南京で虐殺などなかったと証言されています。たまに虐殺を見たと言われる人がいますが、戦後シベリアに連れていかれて赤化教育を受けた人ばかりで、主計将校だった人が前線の様子を語るのですが、補給や物資の管理をする職種の人が最前線に行くはずがありません。そのことを突っ込まれると口をつぐんでいました。
     
     日本人は嘘が苦手です。ですから用意した内容は良心の呵責に耐えて何とか喋れますが、突っ込まれると何も言えなくなるのです。

     これが隣の国ではそこから等々とうそを言い始めますから、しばらく置いて同じ質問をすると前の答えと明らかに矛盾が出てきます。戦時売春婦たちの証言がまさにこれに当てはまります。ですから聞き取り調査の時は質問を禁じられていました。
     
     日本のジャーナリストたちも当時従軍記者として南京攻略作戦に従事し、その様子を銃後の国民に伝えています。その人たちも誰一人として強姦や虐殺を見ていません。

     この南京事件は、40年ほど前に朝日新聞の本多勝一記者が出した本、「中国の旅」で南京事件のことを日本軍の残虐事件として紹介し、一気に広まっていきます。もちろん東京裁判でも取り上げられましたが、当時を知る人が多かった時代には裁判中の反論をさせずに日本の戦争指導者を弾劾するために使われたプロパガンダだということを知っていましたが、GHQに逆らえずになあなあで終わっています。

     でも、本多勝一の本が出た時、私も大学生でしたがすぐに買って読みました。100%ではないですが、ある程度信じていました。それは戦争という狂気の時代だからありうるという範囲のものでした。
     
     でも、そこで出てくる「三光作戦」という言葉には違和感を抱きました。知らない方が言葉だけを見れば何かいいことをしたのかと思うでしょう。「光」という言葉には希望や神様や仏様が含まれていますから。基本的には「日・月・星の三つの光」を意味します。

     しかしこの三光作戦というのは「殺し尽くし、焼き尽くし、奪い尽くす」という意味であり、日本語の語感とは違うというのが率直な感想でした。そしてこの言葉が私を自虐史観から目覚めさせるのです。

     この言葉が日本軍では使われておらず、CHINA軍の言葉であることが分かったのです。

     それではなぜその言葉が本多勝一の著書に日本軍の作戦名として出てくるのかと考えればすぐにわかりますよね。

     この人はろくに調査もしないで現地の人から説明を受けたことを鵜呑みにしてそのまま本を出版したと自分でも後で語っています。

     あれ、この言葉なんか聞いたことがありませんか?

     済州島での戦時売春婦の強制連行を反省して書かれたという吉田清治の本を鵜呑みにして朝日新聞が記事にしましたと数年前に社長が謝罪したそれと全く同じ構図です。またもや朝日新聞です。

     そしてこの本多勝一の名前はリニューアルされた南京虐殺記念館から消えていると産経新聞に載っていました。

     都合が悪くなるとすぐに証拠を隠滅するCHINAの常套手段です。サンフランシスコのリー市長も、『レイプオブ南京』の著者アイリス・チャンもいつの間にか亡くなりました。やはり一党独裁の国は恐ろしいですね。

     続く


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。