■連載一覧
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    石平
    石平
    評論家
    新宿会計士
    新宿会計士
    政治経済評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    北の船は工作船ではなく海賊船。その先を読め!

    世論は北朝鮮から漂着する難破漁民?軍人漁民?の解釈に、あたふたしております。

    【家電盗む、部隊名プレート付き…漂着船は単なる漁船ではない 海岸は「最前線」と心得よ】

    http://www.sankei.com/column/news/171206/clm1712060002-n2.html

    さて、その北朝鮮から難破船が次々とたどり着いて、無人島に上陸して家電やら金具類まで盗んでいたり、逆に白骨化していたりするので、私のところにも幾つかの局や週刊誌さんから、この真相を尋ねられることがあります。

    木造船1

    今後のこともあり、大事なお話ですので、このネタは坂東学校限定解除、会員学生のみなさんだけでなくブログにてお伝えしましょう。

    実は、2014年3月、北朝鮮では金正恩の指示で、

    「1年のうちの9ヶ月は食料支給するけど、残り3ヶ月は軍部隊の独自調達で食料を確保せよ」

    と言う通達が出ているとのこと。

    最近は特に部隊駐屯地周辺の農村での農作物の盗みがひどいとの情報ですので、農村に食料が豊富にある時期、つまり秋の収穫直後の10、11,12月あたりが、この部隊独自調達の時期になっているのではないかと思われます。

    また軍服も数年に一度支給になっているのですが、部隊がこれを受け取ると幹部が各階級ごとに横流ししたりするので末端まで行き届かず、装備や服装を部隊長が確認する点検日前には、隊内で装備品などの盗み(員数付け)が横行して大変なのだそうな。

    装備もろくに揃わない、食料もままならない、おまけに禁輸制裁で燃料もすっからかんの北朝鮮軍がマンパワーで戦えるはずもなく、ミサイル戦とIT戦に頼ろうとしてこれらに力を入れるのは当然の流れでしょう。

    そんな、人民からも期待されていない、ほぼハリボテのお荷物と化した朝鮮人民軍籍の漁船?まで日本近海にこのところ流れ着いていますが、これら日本に流れ着いた軍籍漁船は、その食料を確保するため、漁師などとともに食糧確保のため沖に出て漁をし、漂流していた可能性が高い。

    木造船2

    世間的には「工作船か?!」と騒いでいますが、もしこれが工作船であれば、少なくとも日本に上陸し目的を達成するに十分な装備と燃料があるはずで、途中でぶっ壊れたりミイラになって漂流するはずがないのです。

    木造船3

    さらに漁をしようなどと海域で真面目に漁をするより、直接日本に来て金目のものはすべて盗んで帰国し、ある程度は個人でポッケに入れた上で、残りを売り払ったカネで北の市場で食料を調達すれば、部隊上官の覚えめでたいですからね。

    つまり、今洋上に停泊中の海保艦船内で取り調べを受けているのは、工作員ではなく軍籍の「海賊」でしょう。

    盗み目的で直行来日しているから、無駄な消耗がなく、テレビでも上空からの映像で確認できるほど笑顔が出るだけの元気があるのですよ。

    木造船4

    工作船の可能性は100%ないとはいい切れませんが、ほぼないと私は思います。

    但し!ですよ。

    軍の上層幹部がこうした部下たちのやり方を知って一枚噛んだら、近いうちに、あるいは既に、彼らは日本側の朝鮮総連や暴力団にけん銃や機関銃などの小火器類や装備品を売却し、これで得たお金を持ち帰って現地で食料を調達するか、日本側と直に物々交換するかもしれません。

    いや、すでにしている可能性があります。

    軍幹部が絡めば、出来ないはずがないからです。

    それに過去には日本人の拉致には朝鮮総連が関係していることはわかっていますからね。

    もう一度文字を大にして書きますよ。

    朝鮮総連は日本人拉致にも関わった、
    過去に実績のある反日工作機関ですよ。

    それがスパイ防止法がないから野放しで、
    だから公安の監視(するだけ)対象なんです。

    違うか、おい?

    ・・・さて、この後の話については、大筋は拙著「寄生難民」に書いてあるとおりになるかと思います。

    https://www.amazon.co.jp/寄生難民-坂東忠信/dp/4792606012/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1504673284&sr=1-1&keywords=寄生難民

    ・・・さて、ここ殻が大切です。

    自衛隊OB諸先輩方の意見を聞いても、この戦いは開戦となったなら短期局地戦で、その攻撃は反撃の判断を下す金正恩一人を仕留める事に集中されるであろうとのこと。

    当然一般の私達が予期しない日に突然始まるでしょうし、私自身もしその日その時を聞いたとしてもここに書く訳にはいきません。

    情報が漏れた場合、日本にミサイルが飛んで来る可能性もあるため、徹底した保秘が求められるのです。

    このため、拙著にも書いたとおり、普通なら政府高官や富豪のさりげない国外脱出・亡命、察しのいい富裕層の事前脱出などがあるところ、これらが一気にドババーっと、命からがら日本を目指して船でやって来る可能性があります。

    まあ多くても、日本にたどり着くのは多くても3~4万人程度かな。

    こっそり脱北し来日した人達が亡命を希望した場合、マスコミにさえ嗅ぎ当てられてスポットライトを浴びることがないよう、警察などが厳重に身柄を保護し、情報協力を得ながら身の安全を保護しますので、報じられることはないでしょう。

    逆に言うと、軍事衝突前に来日して亡命者としてテレビ出演するようなやつが出てきたら要注意です。

    なぜなら、普通、命を狙われている亡命希望者などが、金正恩を賛美する朝鮮総連構成員が野放しにされている日本で、テレビにノコノコ出てくるはずがない。

    変でしょ?そんなの・・・

    こういうのは世論を半島難民受け入れに導くため、テレビ業界にも人脈的つながりがある朝鮮総連公認の世論工作員である可能性が極めて高いと私は思います。

    対日工作では目的を同じくする、同じ朝鮮民族の南側団体である民団も、総連と行き来がありますので、ともに手を組んで世論に同調圧力を作り出し、「難民を保護しろ」から始まるのが目に見えています。

    難民がやってきたら、

    「人道的に保護しろ」

    「子供がかわいそうだ!」

    「子供と家族を一緒にいられるようにしろ」

    「住環境が悪い!」

    「人種差別するな選挙権よこせ」

    (以下御存知のとおり)

    ・・・となって、国民は世論同調圧力により非人道的経済負担を強いられる結果になるでしょう。

    そうならないため、私は今の段階から、「入国制限法」を制定し、これを基準に、難民であっても、善良な難民、親日的実績を持つ国からの難民と、そうでない犯罪的な傾向を持つ国や民族の難民、反日工作などの実績を出している組織と関わる難民を明確に区別しようと訴えているのです⬇

    【新しい国防のための、坂東提言です。】
    https://ameblo.jp/japangard/entry-11831492829.html

    今から頑張っても既に手遅れですが、手遅れなりに最善の手遅れであるよう、頑張るべきでしょう(-_-;)


    「坂東忠信の日中憂考」ブログより転載
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。