ワシントン・タイムズ・ジャパン

明日(今日)は憲法記念日!大日本帝国憲法も学ぼう!

 随分、既存のシリーズを放置しているので、久しぶりに憲法を。
 明日(今日)、11月29日は大日本帝国憲法の施行された日です。

o0678098113808759026

 憲法改正がされるのか、されないのか、という話が盛り上がっています。憲法改正の議論は「するする」と言いつつまともにしないし、消費増税も「するする」と言いつつするんだかしないんだか。それより先にするべきことがあるだろうと思うのですが、注目は浴びますね。

憲法ってなに?

今の日本の憲法は「日本国憲法」です。
o1200092213808758919

 小学校の教科書にも載っていますし、憲法の前文や、9条の条文を学校で暗記させられた人もいるのではないでしょうか?

 東京書籍の小学校6年生の社会の教科書(下)には、

o0466032014079941148

国の基本的な在り方を定めており、すべての法やきまりは、
憲法にもとづいています。

と書かれいます。

教育出版の教科書では、

o1000046114079942516

憲法は、国の政治の基本的なあり方を定めたものです。
と書かれています。

 ん???つまり、どういうこと??僕も小学校のときに、同じように習いましたが、正直言ってピンと来ない。

 「日本国憲法は素晴らしいものなの?」「戦争をしないという誓いをしているから素晴らしいんだ!」「じゃあ、9条以外は良いの?悪いの?9条を破棄したら、悪い憲法になるの?」

 法律もですが、政治の運営も全て憲法に従います。要するに大事なもの。だからこそ、国民も小学校から勉強することになっているわけです。しかし、その正体はよく分からない。と言う事で、私も少しずつ空いた時間を使って勉強しています。

日本国憲法は70歳

 我々の日本国憲法。いったい、何年前に出来たものかご存知ですか?1946年11月3日公布、1947年5月3日施行なので、約70歳です。要するに、戦後すぐの生まれ。僕の祖父母よりも若手です。

 今の日本人はほとんど、生まれた時から日本国憲法でした。そして、一語一句変えられていません。だから、日本国憲法が全てだと思ってしまいますが、実はそうではない。全体の中のほんの一部です。

 日本の歴史は、公称2676年。どんなに少なく見積もっても、1300年以上の歴史があります。世界で断トツの歴史の長さです。だから、2676年を分母にするとたった2.6%、1300年を分母にすると約5.3%です。つまり、日本の歴史のほとんどは、日本国憲法以外の制度の下で運営されてきました。

o0512031814079969174

昔の憲法も勉強しよう!

 この日本国憲法の条文を変えようとしているのが、現在の改憲派の主張です。私としては、何事も柔軟に考えるのが好きなので、もっと良い国になるのであれば、憲法を改正しても構わないと思っています。しかし、改憲派も護憲派も、なぜか日本国憲法の事しか語らないような気がします。

 日本の歴史の中で、ほんのちょっとしか使われてない現行憲法だけに注目するのではなくて、もっと昔の日本ではどのような政治が行われていたかを勉強しても良いと思うのですが。

 という事で、今日は頭を柔らかくして、日本国憲法の一つ前の憲法である「大日本帝国憲法」をご紹介しようと思います。

大日本帝国憲法は悪い憲法!?

o0300015013808759610

 大日本帝国憲法は悪い憲法だ!
と悪者扱いされる事があります。日本国憲法は素晴らしい!昔の憲法はダメだ!と教わるかもしれませんが、これは普通の事です。何か大きな変革がある時、過去のものを否定して、今のものを良く見せようとするのは当然です。どこの国でも、どの時代でもあります。

 戦争が終わって、アメリカの意向が強く反映されたのが日本ですから、そりゃそう宣伝しますよ。「昔の日本はダメだよ、アメリカが色々教えてもっと良い国にしてあげるよ」って色々いじるわけですから、当然過去の憲法も悪者扱いします。

 大日本帝国憲法の時代例えば、大日本帝国憲法を使っていた時代には何があったでしょうか?大日本帝国憲法を使い始める前、日本は江戸時代でした。西洋の国からバカにされて、今にも植民地にされそうになります。イギリスやロシアが怖くて怖くてたまらなくて、たくさん血を流しながら明治維新を果たします。

 しかし、その35年後には、世界最強のイギリスと対等な同盟を組んで、ロシアに戦争で勝ちます。有色人種で初めて、白人に勝つのです。

 この後も、第一次世界大戦の戦勝国に入り、大国の地位を手に入れるきっかけになります。今の憲法では、ずっとアメリカの子分のままで70年ですから、ここだけ比べれば、大日本帝国憲法の時代の方が良かったかもと思えるのではないでしょうか?

作った時の気合いが凄い

 では、どうやって作ったかと言うと、伊藤博文をはじめ、当時の最高の頭脳を結集して作りました。白人にやりたい放題されて、プライドを引き裂かれ、悔しい思いをしていた日本人。このままでは日本が地球上から消え去ってしまう、という危機から文字通り命がけで作りました。

 日本で、「憲法が要らない!」と言う人はいませんでした。しかし、色々な事をいう人がいます。

 早く作れ!早くなくても良いから、しっかりしたものを作れ!俺が考えた条文を入れろ!イギリス式だ!
いやいや、フランス式だ!そういう、様々な意見を全て踏まえて、全員を納得させる内容で作ったのが、大日本帝国憲法です。

今の改憲議論は?

 比べると、今の改憲議論はどうでしょう?

 改憲か、護憲か。はたまた、加憲か。しかも、その焦点は主に9条。改憲する理由は、軍隊を持つかどうか。当時と比べると、あまり。。。
 そして、伊藤博文たちほど、情熱を傾けて憲法改正に取り組んでいる人はいるのか?

 というようなところから、少しでも皆さんに関心を持ってほしいと思い、こうして色々と書いています。こうして、記念日の時くらいは、少し興味の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

 興味の幅と言えば、数学に触れていない人が、数学の面白さに気付ける本が予約発売されてます。

 拙著『ビジネスで差がつく論理アタマのつくり方』(ダイヤモンド社)
 12月14日発売!
 予約ページはここをクリック!


「東大文理両方に合格した男が綴る、受験の戦略」ブログより転載
http://ameblo.jp/pipinee/

10

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。