«
»

北朝鮮 2ヶ月ぶりにロフテッド軌道 相変わらずの瀬戸際外交に対する準備を

 本日午前3時ごろ、北朝鮮が2ヶ月半ぶりにミサイルを撃ちました。(北朝鮮が弾道ミサイルを発射、日本のEEZに落下か 75日ぶり、米本土達する射程1万キロ超のICBMの可能性

 今までで最高の高度4500kmを超え、弾頭があるかどうかは別として、ワシントンまで届く可能性が言われています。事実アメリカを狙うミサイルだと北朝鮮広報は言っているようです。

 トランプ大統領の対応も今までで一番早く、中国、米国との話し合いが完全にはうまくはいっていないということがわかりますが、ティラーソン 国務長官は外交ルートの継続をコメントし、安倍総理は今まで以上の圧力をと声明されています。まあ韓国も今までどおりです。北朝鮮の瀬戸際外交にブレない態度が継続されています。

 その中で今回Jアラートは出ていません。(日本列島手前に落下と判断、Jアラートの鳴動なし)別の報道では自衛隊がしっかり軌道を確認したため出さなかったと言われています。それこそ数日前から発射兆候は報道されていましたね。ちゃんと準備していることは本当安心です。それもこれも米軍と協力できているからですが。

 もともとクリスマス休暇以降攻撃の可能性が指摘されていましたが、時期は近づいています。もりかけもいいですが、国会よろしくです。


「中村ゆきつぐのブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/

13

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。