■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    渥美 堅持
    渥美 堅持
    イスラーム専門家
    遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    服部 則夫
    服部 則夫
    元ベトナム大使
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    石井 貫太郎
    石井 貫太郎
    国際政治
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    中澤 孝之
    中澤 孝之
    ロシア問題
    太田 正利
    太田 正利
    外交評論家
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    佐藤 唯行
    佐藤 唯行
    ユダヤ人問題
    石平
    石平
    評論家
    新宿会計士
    新宿会計士
    政治経済評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル
    渡瀬 裕哉
    渡瀬 裕哉
    早稲田大学招聘研究員
    山田 寛
    山田 寛
    元読売新聞アメリカ総局長

    特定思想高齢者が作る2017年の流行語。

     先日、流行語大賞候補ワードがノミネートされました(^o^)

     昨年、あの「日本死ね」が、匿名主婦?の詳細事実未確認ツイートから特定勢力によって国会に持ち出されるという極めて不自然な展開の末にランクインし、公器たるマスコミがこれを持てはやして、現職国会議員が受賞すると言う、世界的にも組織的キチガイ連携活動を絵に描いたような情景が出現し大炎上。

    キチガイという言葉に文字反応する世界市民は世界市民らしく、世界から同様の前例を持って来い(笑)

    20171121_2024017

    さらにその国会議員が実は週4日の不倫で忙しく保育園増設を必要としていたらしいことが判明、まさに4WDの勢いでこれを認めることなく突き進み再当選。

    電波が到達していないかのような亜空間エリア「愛知7区」の知名度を「全国区」レベルに押し上げました。

    流行語とはすごい影響力です。

    で、今年の流行語のノミネートを見ると・・・・

    【流行語大賞2017ノミネートされた30語がインパクトなく残念な理由】
    http://www.jprime.jp/articles/-/11075

    ・・・昨年の世論炎上から「忖度」したんでしょうね。
    どうした?
    デンパの飛びが足りなくて面白くないぞ(笑)

    まあ審査員が高齢化していますから仕方ないですよ。
    このメンツですよ(^_^;)

    1.姜尚中(東京大学名誉教授) 68歳
    2.俵万智(歌人) 54歳
    3.室井滋(女優・エッセイスト) 59歳
    4.やくみつる(漫画家) 58歳
    5.箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター) 53歳
    6.清水均(現代用語の基礎知識の編集長)年齢不明

    思想的偏り以前に、流行に敏感な40代以下が一人もいなくて、流行語なんかわかるのか?

    真面目に選定する気ないだろユーキャン。
    流行語を「作る」ことができればいいのかな(笑)

    20171121_2024016

    元警察官として一言いっておくけど、
    冷静に考えて、こんなところで勉強したやつが警察官に採用されると思うか?(^_^;)

    この審査員が別に公的に選出されたわけでもない上に、非民主的密室会議上で謎の選定基準により流行語が選定され、民意とかけ離れた政治的世論誘導を目指していることがあまりにもアカラ様だから炎上するのですよ。

    だから昨年も一昨年も書いたのですが・・・

    昨年【死ね死ね団が示す「流行語大賞」と、数字が示す「ウラ大賞」】
    https://ameblo.jp/japangard/entry-12224891874.html

    一昨年【流行語での世論誘導と、その反対側にある真実を見抜け!】
    https://ameblo.jp/japangard/entry-12101968680.html

    で、なぜ私が流行語にこんなにツッコミを入れるかと言うと、かつて言葉を扱う通訳捜査官の仕事をしていたからです。

    また本部から署轄に異動すると、今度は自分で語学を使って外国人を取調べたりもします。

    そうした経験で分かったのは、
    「言葉がないことは思いつかない」
    ということ。

    例えば、中国にはコタツがありません。
    だから当然「コタツ」の中国語もありません。

    基本的に家に昔から床板がなくコタツを置けませんし、中国で「床」というとベッドを意味しますから、まさに下地から認識が違うのでこたつの発明自体があり得ず、どんなに寒くて死にそうになっても、コタツに想いを寄せることはありません。

    私の場合、雪山で遭難したら、たぶん家族と過ごした暖かいコタツの思い出が蘇りそうですが、ネロだって、死ぬほど寒くてもコタツを思い出したり、コタツに入りたがったりしなかったでしょ? 
    「コタツ」という言葉がないからです。

    20171121_2024023

    逆に強く心に残っている言葉で、その精神が構築されます。

    ユーキャンと日本の公器たるマスコミが持ち上げた「日本死ね」はまさにそれでした。

    20171121_2024018

    つまり、言葉を忘れてしまうと、その事象自体が思い出されることがなくなり、逆に言葉があれば、実在しなかったことさえ話題になって社会認識となり、個人の認識を作り上げてしまう。

    「従軍慰安婦」とか「南京虐殺」とか、実在が証明できないにも関わらず世の中を騒がせて人の人生まで狂わせている不思議な言葉がいろいろあるじゃないですか(笑)

    その若い世代が作るはずの流行語を、思想が偏向している特定思想の高齢者どもに決められたくないんですよ。

     しかもこの流行語認定をうけてこれを持ち上げ一般化を図っておきながら、社会に奉仕すべきブルジョア(資本家階級)ごときが、価値観の多様化を地で突き進む国会議員フリンセスガソリーヌ様ご受賞の「死ね」につき、国会議員の使用を禁じるだけでなく、我らプロレタリア(労働者階級)に知らしめぬよう封印しようとは、言論弾圧も甚だしい。

    僭越である。下がるがよい。

    【朝日新聞、維新・足立康史氏の「死ね」ツイートに反論記事 
     東京新聞も議員資質問う報道】
    http://www.sankei.com/politics/news/171115/plt1711150031-n1.html

    保守派の中にも、「朝日死ね」だなんて同じレベルに落ちるのはやめてほしいという人もいますが、今は情報戦の真っ只中。

    解放軍が機銃掃射しながら尖閣上陸した時に、
    「同じレベルに落ちるから自衛隊は撃っちゃダメ」
    って言ってたら、世界市民と変わりないでしょ?

    相手が文字もろくに書けないキチガイ集団くらいなら私も相手にしませんが、世論の公器を自称する全国規模の報道組織や、公務員まで送り込む教育組織が世論戦を仕掛けるとなれば、本気で潰しにかからなくては日本が潰れ、日本人が精神を病んでしまいます。

    ちなみに検索件数でノミネートされたいくつかを見ると・・・

    20171121_2024022

    20171121_2024020

    ・・・で、これ↓(^◇^;)
    20171121_2024019

    ・・・なぜノミネートされないの?(笑)
    これ↓なんか、入っていない方がおかしいだろ。
    20171121_2024021

    そういうことです。
    マスコミ情報は笑いながら間違い探しをする楽しいアプリみたいなもの。
    正しく使用しましょう\(^o^)/


    「坂東忠信の日中憂考」ブログより転載
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/

    10

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。