«
»

日本人よ怒れ!国連人権理事会は日本人の人権を保障せよ!

 15日に開催した「政治夜話」では地域経済の活性化に絡め、ペリー来航のあまり知られていない目的をお話しさせて頂きました。ペリー来航といえば「日本を開国させた英雄」のような扱いをされているのですが、はっきり言えば日本を植民地にするためにやってきたのです。

 当時アメリカでは鯨油を灯火用に使用しており、今でいう石油などのエネルギー資源として捕鯨をしていました。乱獲によってアメリカ沿岸ではクジラが取れなくなり、船を大型化させ太平洋全域に漁場を求めるようになりました。日本周辺は極めて資源豊富な漁場だったため、捕鯨の中継基地として当然アメリカも目を付けます。
 具体的には「難破船員の保護」と「石炭・食料・水の補給」をするために日本が必要だったということです。あと、対ロシア対策もありました。

 江戸時代の日本の捕鯨は鯨組という捕鯨専門集団が、捕獲・解体・鯨油抽出・鯨肉塩漬け・農業資源・工芸品へと加工し、余すことなく「命を頂き」、捕鯨を生業とした地域にはクジラを祀る神社も多くあります。鯨組の規模は数千人にもなり藩からの支援も受け商品は全国に流通しています。多数の労働者を抱える日本の古式捕鯨は、共同体を大切にする日本文化が育てたものと言えます。

 一方、欧米の捕鯨は大型化した捕鯨船の中クジラを解体し皮などを釜で煮て油を採取したる詰めし、薪と水を出先で補給し最長4年くらいの航海を続けるという方式です。クジラの肉・骨・その他は全て海洋投棄です。完全な商業ベースの捕鯨と共同体の利益をベースとした日本とでは、文化が全く違うのです。

 その違いも理解しようとせず、多くのクジラを絶滅させてきた欧米が自らの反省もせず、日本の捕鯨やイルカ漁について小さな自治体を標的に攻撃するという、まさに日本人の人権を踏みにじる行為を続けています。それに対し日本政府はもっと激しく抗議すべきなのです。反論しないことは、YESとされてしまうのが世界だということに、もういい加減に気が付いてほしいです。

 今回の国連人権理事会勧告も、日本人の人権をずたずた引き裂く内容であると、しっかり抗議しなくてはなりません。

 国連人権理事会 暫定報告書を採択
(産経ニュース2017.11.17 08:39 記事全部引用)

http://www.sankei.com/world/news/171117/wor1711170013-n1.html

 国連人権理事会の対日作業部会は16日、慰安婦問題で日本に謝罪と犠牲者への補償を求める中国の勧告などを盛り込んだ暫定報告書を採択した。
 報告書は14日に行われた日本の人権状況についての審査で、106カ国が示した勧告を列記したもの。勧告は218項目。「報道の自由」を確保するため、政府の放送局に対する電波停止権限を規定する放送法4条の再検証や撤廃を求めた米国の勧告も盛り込まれた。採択後、日本代表団首席の岡村善文・人権担当大使は、「誠実に勧告を受け止め、対応を決めたい」と述べた。
 日本は今後、どの勧告を受け入れるかを表明する。その内容を踏まえ、来年3月の国連人権理事会の会合で最終報告書が採択される。勧告に法的拘束力はない。
 ・・・(転載ここまで)・・・

 慰安婦問題?何度謝罪し、保証金を支払ったことか!敗戦国としての極めて多額な賠償をしましたよね?慰安婦自体は当時合法でしたし、日本軍が強制連行したという事実は全くありません。強制的に騙されて連れてこられたとしたら、それは朝鮮の女衒がやったことです。アメリカの国立公文書館にその資料があるにもかかわらず、国連人権理事会も、毎度毎度、飽きることなく「謝罪するニダ!」って何なんですか!

 日本政府もね、国連に対して多額の負担金を支払ってもこの有り様なら、いっそ出し惜しみなさい!世銀に対しても出し惜しみなさい!
 その分金の亡者となっている理事会の輩に、これでもかとロビー活動しなさい!

 国会でも日本の国益のための論戦を行いましょうよ。経済も重要ですけれど、世界の中の日本としてやっていくときに、
日本の中だけで通用する議論は止めてほしいのです。謝ってばかりでは、信用は勝ち取れません。日本の置かれた状況を如何に好転させるか、そこに知恵を絞ってほしいです。特に与党、腹をくくって取り組んでください。

 河野外務大臣、お父上のなさったことをしっかりと片付けてくださいませ。外務省もいい加減に日本の誇りを大切に思う省へとシフトチェンジしてくださいな。
 そして私たちも、国連人権理事会の勧告にNO!を、「モリカケ」onlyの野党にNO!を突き付けましょう。


『「君を守る 私が護る」高橋とみよの政治ブログ』より転載
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/

20

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。