«
»

「いじめをやめないのは、脳なのか」

 「人はいじめをやめられない」と、脳科学者、中野信子さんは、脳科学の観点から言う。集団をつくることによって生き延びてきた人間は、集団の秩序を維持し、外敵から守るために、異分子を制裁・排除せざるを得ない事情を抱えている。そういう事情の中で、過剰な制裁が行われるとき、それが「いじめ」として現れる。

 脳の仕組みから考えても、それが仕方ないとするなら、せめてできることは、脳の仕組みをうまく利用して、少しでも「制裁・排除行動」を緩和する方法を考えよう。中野さんは、そう考えるのです。

 中野さんによると、いじめに関わる脳内物質に3種類あります。第一は、オキシトシン。これは「愛情ホルモン」とも呼ばれるもので、相手との親近感を感じさせ、人間関係を促進するホルモンです。共同社会を作るのに欠かせない側面がある一方で、仲間意識を高めすぎてしまうと、妬みや排外感情も同時に高めてしまう。

 第二は、セロトニン。これは「安心ホルモン」と呼ばれます。分泌されたセロトニンが余ると、それをリサイクルして使い回すたんぱく質「セロトニン・トランスポーター」と言うものがあります。このたんぱく質が多い人は、セロトニンをたくさん使い回せるので、多少のリスクがあっても、楽観的に通過できる。反対にこれが少ないと、不安傾向が強くなり、リスクを想定して、事前にそのリスクを取り除こうとします。

 第三は、ドーパミン。これは有名は「快楽ホルモン」です。所属集団を維持するために、異分子に罰を与える。これを集団のための「正義の行使」だと考えると、それに快感と感じるのです。

 脳にこのような生得的な機能や傾向があるとすれば、「いじめゼロ」というようなスローガンは、それこそ達成確率が限りなくゼロに近いということになります。

 そこで、中野さんの問題提起は、本気でいじめを防止しようと考えるのであれば、「いじめが止まないのは、いじめが『やめられないほど楽しい』ものだからなのではないか」という、考えたくもないような可能性を、あえて吟味してみる必要があるのではないか。という、ちょっと危うい観点に至るのです。

 いじめの原因やその対処法については、様々な角度から分析されるべきものでしょう。近年発達著しい脳科学が与えてくれる観点は、大きな助けになります。

 ところで、私には基本的なことで一つ気になる点がある。「私は脳なのか? それとも脳以外に私がいるのか?」ということです。例えば、同書の一節にこのようにある。

 「脳科学的には、人の脳にはいじめをするための機能が組み込まれている可能性は非常に高いのです。それは、人間の歴史として、人間がこれまで進化し、生き残ってくるために必要不可欠だったからです」

 何気ない一文に見えますが、「機能が組み込まれている」というふうに受身形で言うなら、組み込んだ主体は一体誰なのか。人間の歴史でしょうか。生き残らねばならない進化上の事情でしょうか。そのような事情があったとしても、その事情を克服して「生き残ろう」と志向した何らかの主体がいなければならないでしょう。

 こういう言い回しは、独り中野さんに限ったことではない。例えば、これはかなり古いが、今から20年余り前に出版されて300万部のミリオンセラーになった『脳内革命』(春山茂雄著)にも、同様のトリックがある。

 「欲求を満足させて脳を喜ばせることは体にも心にもよいことなのです」

 ここでも、「脳が喜ぶ」と言わず、「脳を喜ばせる」と言っています。これは、春山さんもはっきりとは言わないが、脳の外に脳を喜ばせようとする誰かがいるということを暗に想定している。はっきり言わないのは、はっきり言いたくないからなのか、あるいははっきり分からないからか。それは分かりませんが、これを読んだ300万の人たちも、どこかすっきりしなかったことでしょう。

 私ももう少しはっきりと言いたいところですが、今回はこの辺りの問題提起で終えておきます。

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。